コンテンツにスキップ

リャトシンスキー:交響曲第3番 Op.50(キリル・カラビッツ)

¥2,450
規格番号 CHSA5233
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

キリル・カラビッツ CHANDOS第2弾!
ウクライナのボリス・リャトシンスキー!

2008年からボーンマス交響楽団の首席指揮者を務め、2016年にはヴァイマル・ドイツ国民劇場(DeutschesNationaltheater and Staatskapelle Weimar)の音楽監督&首席指揮者にも就任し注目を浴びているウクライナの若きマエストロ、キリル・カラビッツ。アゼルバイジャンのカラ・カラーエフの録音(CHSA5203)で話題を呼んだ「東欧からの声(Voices from theEast)」。旧ソ連諸国の知られざる作曲家に捧げる新シリーズ第2弾では、指揮者&作曲家として活躍した父イヴァン・カラビッツ(1945-2002)にオーケストレーションを教えたという20世紀前半ウクライナの作曲家、ボリス・リャトシンスキー(1895-1968)の管弦楽作品。ソ連当局の反対を受け、フィナーレを書き直すまで初演されなかったという交響曲第3番。ポーランドの偉大な詩人アダム・ミツキェヴィチの没後100周年を記念して書かれた交響的バラード「グラジナ」。ロシアの伝統と19世紀後半西ヨーロッパのロマン主義を吸収し、表現主義やウクライナの伝統音楽など20世紀の近代主義運動の影響を受け独自の音楽を築いてきたリャトシンスキーの音楽を、キリル・カラビッツの優れた解釈で贈ります。
東京エムプラス

品番:CHSA5233
レーベル:Chandos
フォーマット:1枚組 SACDハイブリッド
※通常のCDプレーヤー、SACD対応プレーヤーの両方で再生可能です。
仕様:輸入盤
発売日:2019年01月上旬

《曲目》
リャトシンスキー:交響曲第3番 Op.50
交響的バラード 《グラジナ》 Op.58

《演奏》
キリル・カラビッツ(指揮)
ボーンマス交響楽団

《録音》
2018年5月15日ー16日、ザ・ライトハウス(プール、ドーセット、イギリス)

Lyatoshynsky: Symphony No.3
Bournemouth Symphony Orchestra, Kirill Karabits

Barcode: 095115523322