シューベルト:白鳥の歌(ロデリック・ウィリアムズ)

11%オフ
元の価格 ¥2,230
現在の価格 ¥1,980
SKU 095115212622 / CHAN20126

発売:2020年05月


入荷時に通知する

ロデリック・ウィリアムズが歌うシューベルト!
第2巻は「白鳥の歌」とベートーヴェンの組み合わせ!

2016年ロイヤル・フィルハーモニック協会賞を受賞、リーズ・リーダー音楽祭2016の芸術監督も務め、日本ではバッハ・コレギウム・ジャパンとの定期的な共演でも知られるイギリスの名バリトン、ロデリック・ウィリアムズ。
2019年にChandosでスタートした、ロデリック・ウィリアムズと名歌曲伴奏者イアン・バーンサイドによる3つのシューベルト歌曲集録音プロジェクト。第2弾は、シューベルトの遺作歌曲集「白鳥の歌」と、ベートーヴェンの連作歌曲集「遥かなる恋人に寄す」をカップリング。作曲年代としては12年しか離れていないものの、後期古典派の香りを残すベートーヴェンと初期ロマン派の夜明けを探求しているシューベルトの2作品。ベートーヴェンの方では声を少し遠くに設定し、ピアノ・パートが目立つようにするなど、趣向を凝らした録音方法にもご注目ください。

歌曲、オペラ、宗教曲など数多の公演・録音に参加するロデリック・ウィリアムズですが、シューベルトは特に思い入れが深く、2017/2018シーズンにウィグモア・ホールで行われたシューベルトの3つの歌曲集の公演に向けて3年間集中的に研究と演奏を行いました。このシューベルト・サイクル・プロジェクトは録音や世界中での公演だけでなく、公開リハーサル、マスタークラス、ワークショップ、ラジオ放送などを含む大規模なプロジェクトで、その経験をブログに詳細に綴っています。また、ロデリック・ウィリアムズは「ウィグモアでの演奏が究極のゴールではなく、研究や準備そのものが私の焦点」と語っており、ウィグモア・ホールでのコンサートを経て更に深みを増したシューベルトの解釈と堂に入った演奏を、このレコーディングを通じてお届けします。
東京エムプラス

品番:CHAN20126
レーベル:Chandos
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年05月中旬

《曲目》
シューベルト:白鳥の歌

ベートーヴェン:歌曲集 《遥かなる恋人に寄す》 Op.98
シューベルト:歌曲集 《白鳥の歌》 D.957

《演奏》
ロデリック・ウィリアムズ(バリトン)
イアン・バーンサイド(ピアノ)

《録音》
2019年4月30日-5月2日、ポットン・ホール(サフォーク)

Schbert: Schwanengesang
Roderick Williams, Ian Burnside