コンテンツにスキップ

ウェーバー:交響曲第1番&第2番、ファゴット協奏曲、舞踏への勧誘(ファンホ・メナ)

¥1,580
SKU 095115174821 / CHAN10748

発売:2012年11月

クーポン情報:
CHANDOSコンダクターズ・キャンペーン対象商品から3点以上のご注文で10%オフクーポン
chan1422
※クーポンコードは決済画面で入力ください。他のディスカウントとは併用できません。

入荷時に通知する

ファンホ・メナのシャンドス第4弾!
ウェーバーの交響曲 第1番 & 第2番!

ジャナンドレア・ノセダ(現桂冠指揮者)の後任としてBBCフィルハーモニックの首席指揮者(チーフ・コンダクター)に就任したスペインの熱きコンダクター、ファンホ・メナ。
バヴゼとの共演によるピエルネ(CHAN10633)、"ムジカ・エスパーニャ・シリーズ"のファリャ(CHAN 10694)、モンサルバーチェ(CHAN 10735)に続くシャンドス(Chandos)からのリリース第4弾では、国、カラーを大胆に変えてドイツ初期ロマン派のカール・マリア・フォン・ウェーバー(1786-1826)を振る!

当時20歳だったウェーバーが1806年12月14日から1807年1月2日という短期間で書き上げた「交響曲第1番」と、続く1月22日から28日に完成させた「交響曲第2番」。現在では同時期に作曲されたベートーヴェンの「英雄」や「交響曲第4番」の陰に隠れてしまっている2作品だが、木管セクションを巧みに活かす手法や、優れたオーケストレーションが随所に発揮されており、時代を先取りしたドイツの初期ロマン派の傑作交響曲と呼べるだけの価値を持つ。イギリスのシンデレラ・ガール、カレン・ジョーヒガンがソリストを務める名作「ファゴット協奏曲」も、ダブルリード楽器の豊潤な音色、ヴィルトゥオージティが存分に発揮された快演に仕上がっている。
東京エムプラス

品番:CHAN10748
レーベル:Chandos
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2012年11月上旬

《曲目》
ウェーバー:
交響曲第1番ハ長調Op.19,J.50
ファゴット協奏曲ヘ長調Op.75,J.127
交響曲第2番ハ長調J.51
舞踏への勧誘Op.65,J.260(ベルリオーズ編)
《演奏》
カレン・ジョーヒガン(ファゴット)
ファンホ・メナ(指揮)
BBCフィルハーモニック
《録音》
2012年1月21日&26日、メディアシティUK(サルフォード)

WEBER : SYMPHONIES NOS.1 & 2
Karen Geoghegan, BBC Philharmonic, Juanjo Mena