コンテンツにスキップ

エルツ:ピアノ協奏曲第2番、華麗なる大ポロネーズ Op.30~ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.66(ハワード・シェリー)

¥1,580
SKU 034571281001 / CDA68100

発売:2015年07月

クーポン情報:ロマンティック&クラシカル・コンチェルト・シリーズ(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)から3点以上のご注文で10%オフクーポン
concerto1422
※クーポンコードは決済画面で入力ください。他のディスカウントとは併用できません。

入荷時に通知する

ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ!シェリーの「アンリ・エルツ」第3弾!

ロマン派の知られざるピアノ協奏曲の発掘、蘇演を行うハイペリオンの超人気シリーズ、「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ(RPCS)」。第66集では、オーストリアで生まれフランスで活躍したピアニスト、作曲家であり教育者のアンリ・エルツ(1803-1888)が再登場。ピアノと指揮を担当するのは、もちろんハワード・シェリー!
エルツは当時もっとも著名なヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして活躍し、ヨーロッパ諸国やロシア、アメリカなど世界各地を演奏して回り、またピアノ練習用補助器具「ダクティリオン」の考案や、パリ万国博覧会への自作ピアノ出展と第1位の獲得、コンサートホールの建設など様々な功績を残している。技巧的で優雅な作曲書法も広く親しまれ大きな人気を集め、エルツのピアノ練習曲は現在でも重要な教則本となっている。
これまでに発売されたRPCシリーズ全66巻のうち15作に参加し、シリーズの顔ともなっているイギリスの名匠ハワード・シェリー。シェリーは第35巻(CDA 67465)と第40巻(CDA 67537)でもアンリ・エルツのピアノ協奏曲を弾いており、3作目となるエルツのピアノ協奏曲集では、1830年頃に作曲され、1846年のアメリカ・デビューでも演奏されたピアノ協奏曲第2番と3つの幻想曲を収録。19世紀後半の欧米で大きな人気を誇ったコンポーザー=ピアニストの華麗で勇壮な音楽を、現代の名ピアニストが見事に再現してくれる。
東京エムプラス

品番:CDA68100
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2015年07月中旬

《曲目》
ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.74
ドニゼッティの歌劇 《連隊の娘》 による軍隊大幻想曲 Op.163
ロッシーニの歌劇 《オテロ》 の行進曲による幻想曲と変奏曲
華麗なる大ポロネーズ Op.30

《演奏》
ハワード・シェリー(ピアノ&指揮)、タスマニア交響楽団

《録音》
2014年5月28日-31日、フェデレーション・コンサート・ホール(タスマニア)

The Romantic Piano Concerto, Vol. 66 - Herz 2
Howard Shelley (piano), Tasmanian Symphony Orchestra, Howard Shelley (conductor)