コンテンツにスキップ

ドゥシーク:ピアノ協奏曲集~クラシカル・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.1(ハワード・シェリー)

¥1,580
SKU 034571280271 / CDA68027

発売:2014年07月

クーポン情報:ロマンティック&クラシカル・コンチェルト・シリーズ(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)から3点以上のご注文で10%オフクーポン
concerto1422
※クーポンコードは決済画面で入力ください。他のディスカウントとは併用できません。

入荷時に通知する

ロマンティック・ピアノ・コンチェルトに続く新シリーズ!
“クラシカル・ピアノ・コンチェルト”始動!

古典派の知られざるピアノ協奏曲の発掘、蘇演を行う“クラシカル・ピアノ・コンチェルト(CPC)”シリーズがスタート!
名前からも分かる通り、ハイペリオンの大人気シリーズ「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト(RPC)」の姉妹シリーズであり、第1弾はRPCシリーズでもおなじみのピアニスト、ハワード・シェリーが弾く、ドゥシーク(ドゥセック)のピアノ協奏曲。

ロシアのエカテリーナ2世、フランスのマリー・アントワネットにその才覚を愛されながらも、陰謀、革命によりイギリスへと逃れ、その後はジャン=バティスト・クルムフォルツの妻との駆け落ち、ソフィア・ジュスティーナ・コッリとの再婚、義父と共同設立した楽譜出版社の倒産、ドイツへの逃亡、晩年の凋落など、まるでドラマのような人生を送ったボヘミアの作曲家、ヤン・ラディスラフ・ドゥシーク(1760-1812)。「ソナチネ・アルバム」への収録で知られ、イギリスのピアノ製作者ジョン・ブロードウッドと親交を結び「英国式アクション」の発展に関わり、コンサートではピアノを横向きに置くスタイルを確立など、ドゥシークが音楽史に刻んだ功績も非常に大きい。

1783年以前に作曲されたト長調協奏曲。1795年に作曲されたハ長調協奏曲。1810年に作曲されたホ長調協奏曲。18世紀後期から19世紀初期にかけての変遷も伺えるドゥシークの3曲のピアノ協奏曲。古典派といっても、後のショパンやメンデルスゾーンなどロマン派ピアノ作品への先駆けとなったドゥシークの作品は古典派ピアノ作品ファンにはもちろん、ロマン派ファンやRPCファンにもお勧め。
東京エムプラス

品番:CDA68027
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2014年07月上旬

《曲目》
ドゥシーク:
ピアノ協奏曲ト長調 Op.1-3, C.4
ピアノ協奏曲ハ長調 Op.29, C.125
ピアノ協奏曲変ホ長調 Op.70, C.238

《演奏》
ハワード・シェリー(ピアノ&指揮)
アルスター管弦楽団

《録音》
2013年9月3日-5日、アルスター・ホール(ベルファスト/アイルランド)

The Classical Piano Concerto, Vol. 1 - Dussek Opp 1
3, 29 & 70
Howard Shelley (piano), Ulster Orchestra, Howard Shelley (conductor)