コンテンツにスキップ

デルランジェ&クリフ:ヴァイオリン協奏曲集、他~ロマンティック・ヴァイオリン・コンチェルト・シリーズ Vol.10(フィリップ・グラファン)

¥1,980
規格番号 CDA67838
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!

発売:2011年01月


【クーポン情報】
Ars Produktion, Audax, C'Avi, Channel Classics, Collegium, Coro, Glossa, Hyperion, Kairos, Nostalgia, Onyx, Vivatの12レーベルの在庫あり商品から

2点以上のご注文で10%オフクーポン

gwp10

3点以上のご注文で15%オフクーポン

gwp15

上記12レーベルの在庫あり商品の中から2点以上、または3点以上をカートに追加し、決済画面で上記クーポンコードをご入力ください。

※在庫状況はリアルタイムに変動するため、在庫数の少ない掲載商品の場合、ご注文手続き中にクーポン対象外となることがございます。
※利用可能期間:2021年5月9日(日)23:59まで
※複数のクーポンコードの併用はできません
※複数のレーベルを組み合わせてご利用いただけます。

入荷時に通知する

ソリストは天才フィリップ・グラファン! ロマンティック・ヴァイオリン・コンチェルト第10集!
 ヴュータン(CDA 67798)、ダヴィッド(CDA 67804)と続いてきたロマン派の知られざるヴァイオリン協奏曲を探究する旅路、ハイペリオンのロマンティック・ヴァイオリン・コンチェルト・シリーズ(RVnC シリーズ)。“イギリス”がテーマの第10集は、第1集以来の登場となるフランスのヴィルトゥオーゾ、フィリップ・グラファンをソリストに迎えてのデルランジェ&クリフ!
 1868年にパリでドイツ人の父と、アメリカ人の母との間に生まれたフレデリック・デルランジェは、10歳でイギリスのロンドンへ移住。ロンドンでは銀行マン、ロンドン・フィルの理事として活躍し、バレエ音楽「Les cent baisers(100回のキス)」はドラティ&ロンドン響の演奏で大成功を収めたという異色の経歴の持ち主である。
 アイアランド、ベンジャミンの師匠であり、王立音楽大学、王立音楽アカデミーで教鞭を執ったフレデリック・クリフ。「ヴァイオリン協奏曲」や「交響曲」は非常に高い評価を得たものの、1905年頃に自ら作曲家としての活動にピリオドを打ってしまったために、残念ながらその作品に接することが出来る機会は非常に少ない。それだけにハンガリーの語法を感じさせるフィナーレを持ったこの「ヴァイオリン協奏曲」は貴重な音源となることだろう。16歳という若さでパリ音楽院を首席で卒業してしまったフランスの天才グラファンのヴァイオリンが、デルランジェとクリフの音楽で華麗に舞う!
東京エムプラス

品番:CDA67838
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2011年01月下旬

《曲目》
フレデリック・デルランジェ(1868-1943):ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.17、詩曲 ニ長調
フレデリック・クリフ(1857-1931):ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
《演奏》
フィリップ・グラファン(ヴァイオリン)
デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ(指揮)、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団
《録音》
2010年3月30-31日, 4月1日 BBCホディノット・ホール(カーディフ)

The Romantic Violin Concerto, Vol. 10 - Cliffe & Erlanger
Philippe Graffin (violin), BBC National Orchestra of Wales, David Lloyd-Jones (conductor)

Barcode: 034571178387