ヤーダスゾーン:ピアノ協奏曲第1番&第2番、ドレーゼケ:ピアノ協奏曲~ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.47(マルクス・ベッカー)

¥1,580
規格番号 CDA67636

発売:2009年02月

クーポン情報:ロマンティック&クラシカル・コンチェルト・シリーズ(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)から3点以上のご注文で10%オフクーポン
concerto1422
※クーポンコードは決済画面で入力ください。他のディスカウントとは併用できません。


入荷時に通知する

ドイツの奏者たちによるドイツ・ロマン派の協奏曲!

フランツ・リストから受けた大きな影響やライプツィヒ音楽院で音楽を学んだという共通点を持つ1831年生まれのヤーダスゾーンと1835年生まれのドレーゼケ。ユダヤ系の家庭に生まれたために名門ライプツィヒ音楽院を経てディーリアス、グリーグ、ブゾーニといった大音楽家を数多く育てながらも、反ユダヤ主義の煽りを受け不遇をかこったヤーダスゾーン。逆に本人の意思とは関係なくナチス・ドイツから称賛されたことにより、親ナチスという視線から逃れることができず次第に歴史から名を消すことになってしまったドレーゼケも、ヤーダスゾーンと同じくドイツ動乱の犠牲者であるとも言えるのではないだろうか。当時を代表する対位法の大家でありながらも"美しい旋律を書くことがなによりも重要"という姿勢を貫いたヤーダスゾーンと、リストやワーグナーの新ドイツ楽派に属しヤーダスゾーンと同じく対位法の名手でもあったドレーゼケの"ピアノ協奏曲"。3作品ともドイツ・ロマン派の濃厚な旋律美と華麗で技巧的なパッセージを備えた屈指の傑作であり、この録音の登場によって再評価の気運が高まる可能性は非常に高い。RPCシリーズ第47集でソリストを務めるのは、今回がシリーズ初登場となる"マックス・レーガーの化身"マルクス・ベッカー。レーガーのピアノ作品全集(Thorofon/RTCH 2501)で12枚にも及ぶレーガーのピアノ作品を弾ききったドイツの鬼神が遂にRPCシリーズに本格参戦!巨匠クルト・ザンデルリンクの血筋を受け継ぐミヒャエル・ザンデルリンクとベルリン放送響とのドイツ・トリオが"ヤーダスゾーン"と"ドレーゼケ"のピアノ協奏曲を復活させる。
東京エムプラス

品番:CDA67636
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2009年02月中旬

《曲目》
ザーロモン・ヤーダスゾーン(1831-1902):
 ピアノ協奏曲 第1番 ハ短調 (世界初録音)
 ピアノ協奏曲 第2番 へ短調 Op.90 (世界初録音)

フェリックス・ドレーゼケ(1835-1913):
 ピアノ協奏曲 変ホ長調 Op.36

《演奏》
マルクス・ベッカー(ピアノ)
ミヒャエル・ザンデルリンク(指揮)、ベルリン放送交響楽団

《録音》
2008年1月28-31日 ベルリン・イエス・キリスト教会
エグゼクティヴ・プロデューサー:サイモン・ペリー、マイケル・スプリング
レコーディング・プロデューサー:アンドルー・キーナー
レコーディング・エンジニア:サイモン・イードン

The Romantic Piano Concerto, Vol. 47 - Draeseke & Jadassohn
Markus Becker (piano), Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin, Michael Sanderling (conductor)

Barcode: 034571176369