アルカン&ショパン:チェロ・ソナタ(アルバン・ゲルハルト)

¥1,980
規格番号 CDA67624
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり

発売:2008年09月

入荷時に通知する

チェロの貴公子アルバン・ゲルハルトとスコットランドの風雲児スティーヴン・オズボーンの強力タッグによる最新盤は、アルカン&ショパンのチェロ・ソナタ集という期待度満点のプログラム!歴史に輝く名作だけでなく、19世紀の知られざるチェロ作品の発掘に並々ならぬ情熱を注ぎ続けているゲルハルト。その飽くなき探究心の成果は、2つの「ロマンティック・チェロ・コンチェルト・シリーズ」や「レーガー:チェロ作品全集」などで確実に証明されており、ヒューイットやアムランと並び立つハイペリオンの柱としてその双肩に懸かる期待は大きい。

"ショパン"と"アルカン"。この2人には19世紀の同世代の作曲家という部分だけでなく、共にチェロ・ソナタを当時の大チェリストであるオーギュスト・フランショームのために作曲したという共通点を持っている。アルカンのチェロ・ソナタもピアノ作品と同じく非常に高度なテクニックを要求される難曲であるがため演奏機会に恵まれずあまり知られてこなかったが、その完成度と作品の持つ煌びやかで濃厚な魅力は間違いなく19世紀を代表するチェロ作品である。そしてショパンのチェロ・ソナタもアルカンと同様にチェロとピアノの両方に高度なテクニックが求められる作品であり、その大半がピアノ作品だったショパンの作品の中でも一味違った輝きを放っている。またショパンとアルカンのチェロ・ソナタでは、チェロ以上にピアノが重要な役割を担う部分が少なくないだけにオズボーンの存在は頼もしい限り。19世紀の大チェリスト、オーギュスト・フランショームのために書かれた2つのチェロ・ソナタに、現代の天才アルバン・ゲルハルトがどのように挑むのか?楽しみが尽きないゲルハルトのアルカン&ショパンに乞うご期待!
東京エムプラス

品番:CDA67624
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2008年09月25日

《曲目》
アルカン: チェロ・ソナタ ホ長調 Op.47
ショパン: チェロ・ソナタ ト短調 Op.65
《演奏》
アルバン・ゲルハルト(チェロ)
スティーヴン・オズボーン(ピアノ)

Chopin, Cello Sonata, Op. 65. Alkan, Cello Sonata, Op. 47
Alban Gerhardt , Steven Osborne

Barcode: 034571176246