コンテンツにスキップ

Vol.26 リトルフ:交響的協奏曲第3番&第5番(ピーター・ドノホー)

¥1,980
規格番号 CDA67210

古典派の鍵盤楽器協奏曲形式の拡張を試みたリトルフの最高傑作。

リトルフはイギリスで生まれフランスで活躍したピアニスト、作曲家、そして楽譜出版社も運営し大きな功績を残している。彼の最高傑作は5つの「交響的協奏曲」で、第1番が紛失しており、現存する第2番~第5番の4曲はこのRPCシリーズで揃えることができる。交響的協奏曲は古典派の鍵盤楽器協奏曲形式を拡張しようとする新たな姿勢を示しており、ピアノを伴った交響曲とも言える。リストはこの交響的協奏曲の構想を高く評価し、自分のピアノ協奏曲第1番をリトルフに献呈している。 1846年にイギリスからオランダに逃亡したリトルフは、オランダの聴衆から人気を博し温かく迎えられた。その感謝を込めて同年作曲された交響的協奏曲第3番には《ナショナル・オランダ》と名づけられている。明るく華やかな曲で、金管とティンパニの響く壮麗なオーケストラの響きに始まり、音域の広さを存分に活かしたピアノの独奏が挿入され、交響的協奏曲の世界を形作っていく。第5番は他の交響的協奏曲に比べピアノが前面に出ており、よりピアノ協奏曲らしい作品となっている。ピアニストには1982年のチャイコフスキー・コンクール優勝者のピーター・ドノホーを抜擢し、交響的協奏曲第2番、第4番(CDA 66889)ともに煌びやかな演奏を聴かせてくれる。

品番:CDA67210
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2001年08月下旬

《曲目》
リトルフ:
交響的協奏曲第3番 変ホ長調 Op.45
交響的協奏曲第5番 ハ短調 Op.123《世界初録音》

《演奏》
ピーター・ドノホー(ピアノ)
アンドルー・リットン(指揮)
BBCスコティッシュ交響楽団

《録音》
2000年10月27-28日、ダンディー・ケアード・ホール
エグゼクティヴ・プロデューサー:サイモン・ペリー、マイケル・スプリング
レコーディング・エンジニア:トニー・フォークナー
レコーディング・プロデューサー:アンドルー・キーナー

The Romantic Piano Concerto, Vol. 26 - Litolff 3 & 5
Peter Donohoe (piano), BBC Scottish Symphony Orchestra, Andrew Litton (conductor)

Barcode: 034571172101