コンテンツにスキップ

ロマンティック・コルネット ~ コルネットとピアノ(エラール1846)のための音楽(フランク・アネポール)

¥2,420
SKU 8711525527607 / GLO5276

発売:2020年11月

入荷時に通知する

バロック・トランペットの権威が奏でる19世紀のコルネットのための音楽!

バロック・トランペットの権威が、Boosey&Hawkes Souvereign 920 ミディアムボアコルネットで奏でる19世紀の名曲集!
ピアノは、19世紀を代表する名匠の1人、ジギスモント・タールベルクが演奏したとされる貴重な1846年製のエラールを使用!

現在は主にブラスバンドの花形として用いられることが多いコルネットは、金管楽器のためのバルブの発展により1828年頃に開発され、暖かみのある音色、細やかなパッセージによる表現力の広さで人気を博した。当アルバムでは、19世紀に作曲された様々なスタイルの音楽をバロック・トランペットの権威が華麗に奏でる。
作曲家、歌手、トランペット奏者としてマルチに活躍するフランク・アネポールは、ソリストとして数多くのオーケストラやアンサンブルと共演し世界初演作も多く残している。アムステルダム音楽院ではバロック・トランペットを教えてきたアネポールが当アルバムで用いるのは、イギリスの老舗楽器メーカーとしての地位を誇ったBoosey & Hawkes社製のコルネット。
伴奏を務めるヴォーン・シュレップは、世界中で数多くのリサイタルやマスタークラスを開催し、2001年にリリースされたピーター・ヤン・ルーシンク&オランダ・バッハ・コレギウムによるバッハのカンタータ全集録音にも参加している名手。当アルバムでは、19世紀を代表する名ヴィルトゥオーゾ、ジギスモント・タールベルクが演奏したとされる貴重な1846年製のエラールを奏でているのも注目すべきポイント!
東京エムプラス

品番:GLO5276
レーベル:Globe
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年11月上旬

《曲目》
ヴィリー・ブラント:演奏会用小品第2番 Op.12
オスカー・ベーメ:愛の歌 Op.22-2
ヴィリー・ブラント:演奏会用小品第1番 Op.11
ジョルジュ・ビゼー/ヘルマン・ベルシュテット:カルメン・ファンタジー
レイナルド・アーン:クロリスに
オスカー・ベーメ:ロシア舞曲 Op.32
ウジェーヌ・ダマレ:パンドラ Op.108
ヘルマン・ベルシュテット:ナポリ民謡による変奏曲

《演奏》
フランク・アネポール(コルネット)
ヴォーン・シュレップ(ピアノ/エラール1846)

※使用楽器:Boosey&Hawkes Souvereign 920 ミディアムボアコルネット1970年代製
※使用マウスピース:Guilbaut Couesnon No.2 1880年代パリ製

The Romantic Cornet
Frank Anepool, Vaghan Schlepp