ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》(ヘルマン・ベーンによる2台ピアノ版、抜粋)(クリスティアーネ・ベーン)

¥2,420
規格番号 M56986
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!

発売:2020年12月



入荷時に通知する

マーラーも弾いた1912年製のオールド・スタインウェイで聴くトリスタン!マーラーの親友ヘルマン・ベーンによる珠玉のワーグナー・トランスクリプション!

マーラーの親しい友人であったヘルマン・ベーン(1859-1927)は、ブルックナーとラインベルガーに作曲を師事したドイツの音楽家。マーラー自身によって称賛された交響曲第2番《復活》のピアノ2台用編曲(M56915に収録)や、《リヒャルト・ワーグナーの楽劇からの50の交響的楽章》など、優れた編曲作品を残しています。ワーグナー作品の編曲では、和音を拡大し、弾くのが困難なほどに広い左手のフィンガリングを巧みに利用するなど、マーラー作品の編曲とは異なるアプローチをとっており、演奏者のコード・ガーベンは「その要求は家庭用音楽の域をはるかに超えている」と述べています。ベーンの編曲はハープのパートをピアノに組み込んでいるのも特徴で、奏者はペダルを十分に使用することで、ワーグナーのシンフォニックな音楽にふさわしい、豊かなサウンドを生み出すことができます。

ヘルマン・ベーンの子孫であるクリスティアン・ベーンと、古書店で《50の交響的楽章》の楽譜を発見したコード・ガーベンの両名は、この演奏不可能とさえ思えるような難しい楽譜から、ベーンが想定していたであろう見事な音楽を作り上げています。使用楽器もベーンに所縁のあるもので、ヘルマンのいとこ、ラファエル・ベーンが所有していた2台の1921年製スタインウェイ・ピアノを用いています。この楽器はマーラーも演奏したことがあるという、貴重なものです。《トリスタンとイゾルデ》の魅惑的な響きを、オールド・スタインウェイの柔らかく味わい深い音色で存分にお楽しみください。
東京エムプラス

品番:M56986
レーベル:Musicaphon
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年12月25日

《曲目》
ワーグナー:
楽劇《トリスタンとイゾルデ》
(ヘルマン・ベーンによる2台ピアノ版、抜粋)

《演奏》
クリスティアーネ・ベーン、コード・ガーベン
(ピアノ/1912年製スタインウェイ)

《録音》
※録音:2019年4月
ハンブルク(ドイツ)

Wagner: Tristan und Isolde
Christiane Behn, Card Garben

Barcode: 4012476569864