エルマス:ピアノ協奏曲集~ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.82(ハワード・シェリー)

¥2,230
規格番号 CDA68319
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり

発売:2020年12月



入荷時に通知する

ロマンティック・ピアノ・コンチェルト第82巻!
19世紀アルメニア! ステファン・エルマスのピアノ協奏曲!

Hyperionの人気シリーズ「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト」の第82巻!
19世紀後半アルメニアのコンポーザー=ピアニスト、ステファン・エルマスのピアノ協奏曲!

ロマン派の知られざるピアノ協奏曲の発掘・蘇演を行うハイペリオンの人気シリーズ、「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ(RPCS)」。第82巻は、19世紀後半から20世紀前半に活動したアルメニアのコンポーザー=ピアニスト、ステファン・エルマスのピアノ協奏曲。ステファン・エルマス(1862-1937)はオスマン帝国スミュルナ(現在のイズミル)の裕福な家庭の下に生まれ、13歳でリストのすべての作品を演奏するなど神童として育ちました。17歳で憧れのリストにも出会い、リストの薦めでウィーン国立音楽大学へ留学。1885年にはウィーンでデビューし、その後フランス、イギリス、ドイツ、オーストリア、イタリアなどで演奏旅行を行うコンサート・ピアニストとして活躍。旅行中にアントン・ルビンシテインやジュール・マスネらとも親交を深め、1912年以降はスイスのジュネーヴに永住し、演奏、作曲とともに教師としても活動しました。
1988年にはアルメニアの作曲家の遺産を世界に広めるため、ステファン・エルマス財団が設立され、エルマスの作品も再評価が進められています。このアルバムでは、エルマスが書いた3つのピアノ協奏曲のうち、どちらも1880年代に書かれた第1番(1882)と第2番(1887)の2曲を収録。新しい世紀になってもロマン派のスタイルを保ち、優雅で上質なサロン音楽を生み出してきたエルマスの、勇壮でロマンティックなピアノ協奏曲をどうぞ。
東京エムプラス

品番:CDA68319
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:輸入盤
発売日:2020年12月26日

《曲目》
ステファン・エルマス(1862-1937):
ピアノ協奏曲第1番ト短調
ピアノ協奏曲第2番ニ短調

《演奏》
ハワード・シェリー(ピアノ&指揮)
タスマニア交響楽団

The Romantic Piano Concerto – 82
Howard Shelley, Tasmanian Symphony Orchestra

Barcode: 034571283197