コンテンツにスキップ

R.シュトラウス:交響詩《ドン・キホーテ》、交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》(マルクス・シュテンツ&アルバン・ゲルハルト)

¥980
規格番号 CDA67960
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

入荷時に通知する

詳細はHyperionレーベル公式ページでご確認ください。
詳細はこちら(レーベル公式サイトに飛びます)

‘Both Gerhardt and Power are such fine, sensitive and expressive musicians that they encapsulate the varied moods of their protagonists poignantly and purposefully’ (Gramophone)

 ‘This electrifying duo of tone poems … Markus Stenz gets the proportions exactly right. He plunges us into the delirium of the melancholy hero's addled brain with a clarity pointing to Schoenberg's First Chamber Symphony. The recording is supremely natural … [Compared with Karajan / EMI] Stenz is closer to Strauss' intentions. Stenz has a star soloist … adventurous Alban Gerhardt is vivid as Quixote takes several tumbles, piercing in the central night vigil and poignant on the deathbed, dying with the most eerie of downward slides. The peerless viola player Lawrence Power is luxury casting as an equally human Sancho Panza … one of the best Till Eulenspiegels on record … an irrepressible performance’ (BBC Music Magazine)

シュテンツ&ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団初登場!
ソリストはアルバン・ゲルハルト&ローレンス・パワー!

ハイペリオン(Hyperion)にドイツの名門オーケストラ、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団が初登場!音楽監督マルクス・シュテンツとのリヒャルト・シュトラウス(1864-1949)は、「ドン・キホーテ」と「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」を収録した交響詩集!

セルバンテスの小説を題材とした「ドン・キホーテ」では、ドン・キホーテ役(チェロ)はアルバン・ゲルハルト、サンチョ・パンサ役(ヴィオラ)はローレンス・パワーという弦楽器界の次代の巨匠たちが大活躍。アルバン・ゲルハルトとローレンス・パワーの共演が語るドン・キホーテでは、両者の巧みな表現力、堂々たるソロと存在感に感服。
東京エムプラス

品番:CDA67960
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:
発売日:2013年03月13日

《曲目》
R・シュトラウス:
交響詩《ドン・キホーテ》Op.35
交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》Op.28

《演奏》
アルバン・ゲルハルト(チェロ)、ローレンス・パワー(ヴィオラ)、マルクス・シュテンツ(指揮)、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団

《録音》
2012年2月6日-9日、プローベンザール(ケルン、ドイツ)

R.Strauss: Don Quixote Op.35, Till Eulenspiegels Lustige Streiche Op.28

Barcode: 034571179605