コンテンツにスキップ

スクリャービン:マズルカ集(アンドレイ・ググニン)

¥2,280
規格番号 CDA68355
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 2点在庫あり
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

【クーポン情報】
対象商品:『レコード芸術掲載盤 まとめ買いキャンペーン』対象商品から

2点以上で10%オフクーポンコード
rcg22

ご利用可能期間:2022/5/31 23:59まで
対象商品を2点以上カートに追加し、決済画面で上記クーポンコードをご入力ください。ご注文確定の際、値引きが反映されているかどうか再確認をお願いします。

※複数のクーポンコードの併用はできません

入荷時に通知する

2019年チャイコフスキー国際コンクール特別賞獲得!アンドレイ・ググニン新録音!母国ロシアのスクリャービン作品がいよいよ登場!

1987年ロシア生まれの新鋭ピアニスト、アンドレイ・ググニンのHyperionレコーディング第3弾!

ググニンは2013年ウィーンのベートーヴェン国際コンクール第2位、2014年ジーナ・バッカウアー国際コンクール優勝、2016年シドニー国際コンクール優勝という輝かしい経歴を誇り、ゲルギエフ&マリインスキー劇場などと共演。2019年に行われたチャイコフスキー国際コンクールでは特別賞も受賞し、その年の5月と9月に二度の来日公演を成功させました。

そして今回アンドレイ・ググニン、母国ロシアの作曲家スクリャービンのマズルカ集が登場です。マズルカはポーランドの民族舞踊ですが、それを芸術の域まで発展させたのは言わずと知れたショパンでした。幼少期からショパンの音楽が大好きだったスクリャービンは、その影響もありロシアの作曲家の中でも多数のマズルカを作曲したことでも知られています。他にもバラキレフ、グリンカ、チャイコフスキー、ボロディンといったロシアの作曲家がマズルカを作曲しており、それらのいわゆるロシアのマズルカの影響も受けていると思われます。そのように母国の音楽にも根付いている作品をググニンが、持ち前の硬派なピアニズムで奏でます。

レコード芸術「特選盤」やBBCミュージック・マガジン「レコーディング・オヴ・ザ・マンス」に選ばれたショスタコーヴィチ・アルバム(PCDA68267)でロシア音楽に対する高い評価を得たググニンの腕が冴えわたる、スクリャービンのマズルカ集にご期待ください!
東京エムプラス


品番:CDA68355
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:
発売日:2022年03月04日

《曲目》
スクリャービン:
10のマズルカ Op.3
9つのマズルカ Op.25
2つのマズルカ Op.40
マズルカ ヘ長調 WoO 16
マズルカ ロ短調 WoO15

《演奏》
アンドレイ・ググニン(ピアノ)

《録音》
2020年10月27日-29日
殉教者聖サイラス教会
(ケンティッシュ・タウン、ロンドン)

Scriabin: Mazurkas
Andrey Gugnin

Barcode: 034571283555