コンテンツにスキップ

ジェズアルド:テネブレ・レスポンソリア(ジェズアルド・シックス)

¥2,280
規格番号 CDA68348
輸入盤/国内仕様盤を選択してください
3営業日以内に発送可能: translation missing: ja.general.icons.icon_check_circleアイコン 残り1点です!
  • American Express
  • au Kantan Kessai
  • Diners Club
  • DOCOMO Barai
  • JCB
  • Mastercard
  • PayPay
  • Softbank
  • Visa

【クーポン情報】
対象商品:『レコード芸術掲載盤 まとめ買いキャンペーン』対象商品から

2点以上で10%オフクーポンコード
rcg22

ご利用可能期間:2022/5/31 23:59まで
対象商品を2点以上カートに追加し、決済画面で上記クーポンコードをご入力ください。ご注文確定の際、値引きが反映されているかどうか再確認をお願いします。

※複数のクーポンコードの併用はできません

入荷時に通知する

若き男声アンサンブル ジェズアルド・シックス いよいよジェズアルドの大作を録音!ジェズアルドの《聖木曜日のためのテネブレ・レスポンソリア》とタリスの《エレミアの哀歌集》!
2014年に設立されたルネサンス・ポリフォニーを専門とするイギリスの若き男声ア・カペラ・アンサンブル、「ジェズアルド・シックス」。ディレクターを務めるオワイン・パークは、1993年生まれ、若くして作曲家、指揮者、歌手、オルガニストなど多彩に活動を拡げる天才ミュージシャン。ケンブリッジ・トリニティ・カレッジとウェルズ大聖堂のシニア・オルガン・スカラーを務め、その作品は既にテネブレやケンブリッジ・トリニティ・カレッジ合唱団、ウェルズ大聖堂合唱団によって録音されており、歌手としてはテネブレのアソシエイト・アーティストとして活動、ポリフォニーやダニーデン・コンソートの演奏にも参加しています。

今作ではいよいよアンサンブルの名にもなっているカルロ・ジェズアルドの大作《聖木曜日のためのテネブレ・レスポンソリア》を中心に据え、トマス・タリスの傑作「エレミアの哀歌」、そして2人の現代作曲家による21世紀の短いモテットを並行して演奏するという、ジェズアルド・シックスならではの緻密なリサイタルを敢行。Hyperionレーベル2022年3月新譜の「レコード・オヴ・ザ・マンス」にも選定されています。「テネブレ・レスポンソリア」は、ジェズアルドが作曲した宗教音楽の中では最も知られた作品のひとつで、「テネブレ」とは復活祭前週の最後の3日間に行う、キリストの受難を記念した朝課(真夜中または夜明けの祈り)と賛歌を意味します。

前作の「ジョスカンの遺産」(PCDA68379)では、レコード芸術「特選盤」、グラモフォン誌「エディターズ・チョイス」に選ばれるなど大好評を博したジェズアルド・シックス。今作も大注目盤です!
東京エムプラス


品番:CDA68348
レーベル:Hyperion
フォーマット:1枚組 CD
仕様:
発売日:2022年03月04日

《曲目》
トマス・タリス(c.1505-1585):エレミアの哀歌I、エレミアの哀歌II
ジュディス・ビンガム(b.1952):ウォッチ・ウィズ・ミー
カルロ・ジェズアルド(c.1561-1613):聖木曜日のためのテネブレ・レスポンソリア
ジョアンナ・ウォード(b.1998):キリストは我らのために

《演奏》
ジェズアルド・シックス
〔ガイ・ジェームズ(カウンターテナー)
アンドルー・レスリー・クーパー(カウンターテナー)
ジョゼフ・ウィックス(テノール)
ジョシュ・クーター(テノール)
マイケル・クラドック(バリトン)
サミュエル・ミッチェル(バス)〕

オワイン・パーク(指揮、バス)

《録音》
2020年8月11日-13日
セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会
(ロンドン)

Gesualdo: Tenebrae Responsories for Maundy Thursday
The Gesualdo Six, Owain Park

Barcode: 034571283487