JAZZ

 

オランダで活躍する実力派アルト岡部源蔵!来日記念国内仕様盤!

岡部源蔵/ディスオリエンタル   岡部源蔵/ディスオリエンタル 
Genzo Okabe / Disoriental

岡部源蔵(sax)、フランチェスコ・デ・ルベイス(ds)、スティーブン・ウィレム・ズワニンク(b)、ミゲル・ロドリゲス(p)
Genzo Okabe - Saxophone, Francesco de Rubeis - Drums, Steven Willem Zwanink - Double bass, Miguel Rodriguez - Piano

■ペルージャ国立音楽院でクラシック・サックスを、ローマ国立音楽院でジャズを学び、現在はオランダのハーグを拠点にヨーロッパ全域で活躍する若き実力派サックス奏者・作曲家、岡部源蔵がChallenge Recordsから登場!
■2009年に自ら結成したワンホーン・カルテット "オカベ・ファミリー" の待望のサード・アルバムは、サスコードの使用や日本の伝統音楽のペンタフォニックを取り入れるなど、岡部源蔵の緻密で飽くなき音楽探求が結実。深い知識と優れた音楽的センスによる、心地よいリズム、洗練されたハーモニー、そして爽快なアルト・サックスのプレイが堪能できます。

録音:2016年12月20日−21日、ウェッジ・ヴュー・スタジオ(オランダ)

【国内仕様盤】
Challenge Records/OCR 73442/解説:岡部源蔵/
日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

【輸入盤】
Challenge Records/CR 73442/日本語オビ付き
好評発売中

音楽情報&評論サイト JazzTokyoにて、「Disoriental」のクロス・レヴューが掲載されました!
http://jazztokyo.org/tag/disoriental/

岡部源蔵 アーティスト・ページ
オランダYoung Vips全国ツアー初日、アムステルダムのビムハウスにて(2017年3月11日)



 
 
 

キアラ・パンカルディのニュー・アルバム! 深まる情熱とインプロヴィゼーション。

キアラ・パンカルディ/ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ   キアラ・パンカルディ/ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ
Chiara Pancaldi / What Is There To Say

1.エヴリシング・アイ・ラヴ / 2.彼女の黒髪 / 3.ボーン・トゥ・ビー・ブルー / 4.ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ / 5.アイ・ドント・マインド / 6.ア・タイムレス・プレイス / 7.リヴァース・ザ・チャージズ / 8.メドレー:きみ微笑めば 〜 明るい表通りで / 9.ラヴ・ケイム / 10.シンス・アイ・フェル・フォー・ユー

キアラ・パンカルディ(vo)、カーク・ライトシー(p)、ダリル・ホール(b)、ジェレミー・ペルト(tp/tr.4)、ローレン・モーア(harmonica/tr.6)

Chiara Pancaldi(vo), Kirk Lightsey(p), Darryl Hall(b) - Special Guest: Jeremy Pelt(tp / tr.4), Laurent Maur(harmonica / tr.6)

☆ジャズオーディオ・ディスク大賞2015でヴォーカル部門金賞を受賞したイタリアの歌姫!
☆最新アルバムは、カーク・ライトシー&ダリル・ホールとのドラムレス・トリオ!
☆国内仕様盤は、寺島靖国氏の書下ろしライナーノーツ入り!

■イタリアの歌姫、キアラ・パンカルディのサード・アルバムがオランダのChallenge Recordsから登場!
ボローニャに生まれ、クラシック、ジャズからブラジル音楽、インド古典音楽まで、多種の音楽を学んだキアラ・パンカルディ。「ジャズオーディオ・ディスク大賞2015」では、見事"ヴォーカル部門金賞"を受賞し、その美貌と魅惑の歌声を知らしめました。

■最新アルバムの「What Is There To Say」は、カーク・ライトシー(p)、ダリル・ホール(b)と共演したアコースティックなドラムレス・トリオ。今作ではインプロヴィゼーションやインタープレイの要素がぐっと深まり、ライヴ・レコーディングさながらの臨場感で、ジャジーな歌心たっぷりにスタンダードを歌います。
※録音:2017年3月28日、Studio de Meudon(パリ、フランス)

【国内仕様盤】
Challenge Records/OCR 73435/解説:寺島靖国(書きおろし)、キアラ・パンカルディ(日本語訳:生塩昭彦)/日本語解説&日本語オビ付き
好評発売中

【輸入盤】
Challenge Records/CR 73435/日本語オビ付き
好評発売中

 
 
 

「ザ・キングダム」の感動再び! 1997年秘蔵ライヴ音源!

ピエラヌンツィ、ヴィンディング、リール/イエスタデイズ 〜 マッズ・ヴィンディング・トリオ・ライヴ・イン・コペンハーゲン1997   ピエラヌンツィ、ヴィンディング、リール/イエスタデイズ 〜 マッズ・ヴィンディング・トリオ・ライヴ・イン・コペンハーゲン1997
Pieranunzi, Vinding, Riel / Yesterdays - live in Copenhagen 1997

イエスタデイズ (ジェローム・カーン)/ヴィネット (ゲイリー・ピーコック)/ジターバグ・ワルツ (ファッツ・ウォーラー)/ア・ネームレス・デイト (エンリコ・ピエラヌンツィ)/マイ・ファニー・ヴァレンタイン(リチャード・ロジャース)/マイ・フーリッシュ・ハート(ヴィクター・ヤング)/イフ・ゼア・イズ・サムワン・ラヴリアー・ザン・ユー(ハワード・シュワルツ)


エンリコ・ピエラヌンツィ(p)、マッズ・ヴィンディング(b)、アレックス・リール(ds)
Enrico Pieranunzi (p), Mads Vinding (b), Alex Riel (d)

■"イタリアのビル・エヴァンス"の異名を誇る名ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィ。"カフェ・モンマルトル"を支えたデンマークを代表するベーシスト、マッズ・ヴィンディング。同じく"カフェ・モンマルトル"で活躍したデンマークの巨星ドラマー、アレックス・リール。イタリアとデンマークの巨匠たちによる超豪華ピアノ・トリオの1997年コペンハーゲン・ライヴという秘蔵音源が登場!このメンバーによるピアノ・トリオと言えば、1997年に発売されたスタジオ録音の「ザ・キングダム(STUCD 19703)」が、400タイトル超のカタログ数を誇るデンマークのジャズ・レーベル "Stunt Records" の中でも最高の録音の1つとして知られている名盤です。
当時デンマーク・ジャズ・シーンの重要なゲスト・ミュージシャンの一人となっていたエンリコ・ピエラヌンツィ。1997年3月に「ザ・キングダム」をスタジオで録音したエンリコ・ピエラヌンツィらが、11月に再びコペンハーゲンに集結し、デンマークの夜を賑わせたライヴの貴重な記録です。
ミックスとマスタリングは2017年に行った高音質録音もポイント。「マイ・フーリッシュ・ハート」は「ザ・キングダム」にも収録されているため聴き比べも楽しめます。

録音(ライヴ):1997年11月11日、コペンハーゲン・ジャズハウス(デンマーク)


Stunt Records/STUM 27071〔コンピレーション盤付き特別仕様〕/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

フェイ・クラーセンが最愛の娘に捧げるウィットなムードに包み込まれる、愛に溢れた渾身の1枚

フェイ・クラーセン/ラック・チャイルド Fay Claassen / Luck Child   フェイ・クラーセン/ラック・チャイルド 
Fay Claassen / Luck Child

フェイ・クラーセン(vo)、オラフ・プーツシーン(p)、ペーター・ティーハウス(g)、インマー・ヘラー(b)、ポール・ヘラー(cl, b-cl, ts / tr.10)
Fay Claassen - vocals, Olaf Polziehn - piano, Peter Tiehuis - guitar, Ingmar Heller - bass, On Miniature N° 7: Paul Heller - Clarinet, Bass Clarinet & Tenor Saxophone

■マイク・スターン、トゥーツ・シールマンス、ケニー・ワーナー、WDRビッグバンドなど国際的なアーティストたちと共演し、オランダの「ゴールデン・レコード」や「エジソン賞」などの受賞歴を誇るオランダ最高のジャズ・ヴォーカリストの一人、フェイ・クラーセン。Challenge Recordsのメイン・アーティストでもあるクラーセンの最新作は、最愛の娘Ingaへと捧げるアルバム「Luck Child」。 2008年盤の「Red, Hot & Blue」でも共演したオラフ・プーツシーン、インマー・ヘラーらとともに、マッカートニー、モリコーネ、エリントン、シダー・ウォルトン、ビリー・ホリデイらのスタンダードを、気品あるムードと優しさの中にも芯のある歌声で歌います。

録音:録音:2001年&2015年、ドイツ


Challenge Records/CR 73425/日本語オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてご試聴いただけます!



 
 
 

オーストラリアの注目トリオ「トライコトミー」!抜群のエレクトロニクス、煌めく鮮やかなフレージング。

トライコトミー/ノウン=アンノウン   トライコトミー/ノウン=アンノウン
Trichotomy / Known-Unknown

ショーン・フォラン(p)、ジョン・パーカー(ds)、サミュエル・ヴィンセント(b)
Sean Foran - Piano, John Parker - Drums, Samuel Vincent - Double bass

■元「ミスインタープロテート(Misinterprotato)」の名でも知られ、愛・地球博や東京JAZZなどへの来日公演でも好評を博してきたオーストラリア注目のピアノ・トリオ、"トライコトミー"が、Challenge Records初登場!
■"オーストラリアでもっとも革新的"と評されるピアニスト、ショーン・フォランを中心に、クイーンズランド音楽院在学中に結成されたミスインタープロテート。新たな時代に踏み出すため、バンド名をイギリスやヨーロッパで知られていた「トライコトミー」に変え、Challenge Recordsから再スタートを切ります。 抜群のエレクトロニクス、煌めく鮮やかなフレージング。ハイセンスなインプロヴィゼーションと優美に重なり合うサウンドが絶品の、注目ピアノ・トリオです!

Challenge Records/CR 73439/日本語オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてトリオのプロモーション動画をご覧いただけます!

 
 
 

限りなく美を追求したスピリチュアル・ジャズ!マルティン・ルターからのインスピレーション

マルクス・バーガー、ヤン・フォン・クレヴィツ/スピリチュアル・スタンダーズ 〜 ソングス・インスパイアード・バイ・マルティン・ルター   マルクス・バーガー、ヤン・フォン・クレヴィツ/スピリチュアル・スタンダーズ 〜 ソングス・インスパイアード・バイ・マルティン・ルター
Markus Burger, Jan von Klewitz / Spiritual Standards - Songs Inspired by Martin Luther

ヤン・フォン・クレヴィツ(sax)、マルクス・バーガー(p)
Jan von Klewitz - Saxophone, Markus Burger - Piano

■ドイツのミュージシャン、マルクス・バーガーとヤン・フォン・クレヴィツによるデュオ・プロジェクト、"スピリチュアル・スタンダーズ"。 これまでも様々はクラシック音楽やバロック音楽を鮮やかな即興によるジャズに変えて送り出してきた彼らの最新巻は、マルティン・ルターが1517年に行った宗教改革の500周年を記念した、ルター・インスパイアード・アルバム。
■バッハやメンデルスゾーンをも魅了した「神はわがやぐら(M1)」を始めとする、世界で愛されるマルティン・ルターの賛美歌を、ベテラン・デュオのサクソフォンとピアノで見事に表現。

Challenge Records/CR 73417/日本語オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてトリオのプロモーション動画をご覧いただけます!

 
 
 

メロディックでスタイリッシュ&モダン。ベテランの研ぎ澄まされたサウンドに酔いしれる。

イェスパー・サムセン・トリオ/ア・ニュー・エピソード・イン・ライフ Pt.1   イェスパー・サムセン・トリオ/ア・ニュー・エピソード・イン・ライフ Pt.1
Jasper Somsen Trio / A New Episode in Life Pt. I

ジャン=ミシェル・ピルク(p)、イェスパー・サムセン(b)、アンドレ・チェッカ レリ(ds)
Jean-Michel Pilc - Piano, Jasper Somsen - Double Bass, Andre Ceccarelli - Drums

■世界的アーティスト、高品質な録音とパッケージで、ヨーロッパの最先端のジャズ を創造するオランダのジャズ・レーベル、"Challenge Records"の取り扱いを開始い たします!

■エンリコ・ピエラヌンツィやジョーイ・カルデラッツォ、ジェフ・バラードらとの 共演で知られるオランダのベーシスト、イェスパー・サムセンのChallenge Records 第3弾! ニューヨークで活躍し現在はモントリオールを拠点にする名ピアニスト、ジ ャン=ミシェル・ピルクと、エンリコ・ピエラヌンツィ・トリオでも話題を呼んだフ ランスの巨匠ドラマー、アンドレ・チェッカレリをフィーチャーした新たなトリオ。 ベテランたちの研ぎ澄まされたサウンド、スタイリッシュでモダンなイェスパー・サ ムセンのニュー・トリオを堪能できる。
録音:2016年7月11日−12日、ベルギー
※「ア・ニュー・エピソード・イン・ライフ」の第2巻は2017年秋頃発売予定!

Challenge Records/CR 73434/日本語オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてご試聴いただけます!

 
 
 

優美なブレイクビートとエレクトリックな世界。カナダ最先端の現代ジャズ・ピアノ・トリオ!

パルク・X・トリオ/ドリーム   パルク・X・トリオ/ドリーム
Parc X Trio / Dream

ガブリエル・ヴィニュエラ(keys)、アレックス・ルフェーヴル(b)、アラン・ブ ルジョア(ds)
Gabriel Vinuela - Keys, Alex Lefaivre - Bass, Alain Bourgeois - Drums

■クラシックとジャズを学んだピアニスト&作曲家、ガブリエル・ヴィニュエラが率 いるモントリオール気鋭のパルク・X・トリオ(Parc X Trio)が、Challenge Recordsに初登場!
 結成10周年を記念した彼らの7枚目のアルバム「Dream」は、最先端のジャズを歩む パルク・X・トリオの1つの集大成。優美なブレイクビートとエレクトリックなサウン ドが洗練された、現代ジャズを歩むカナダの人気トリオ!
チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」からのアレンジも秀逸。

Challenge Records/CR 73432/日本語オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてトリオのプロモーション動画をご覧いただけます!

 
 
 

重鎮ドラマー、ヨースト・ライバートが想像を超えた新しい世界へと誘う。

ヨースト・ライバート/アンダー・ザ・サーフィス   ヨースト・ライバート/アンダー・ザ・サーフィス
Joost Lijbaart / Under the Surface

サネ・ランバグス(vo)、ブラム・スタッドホウダース(g)、ヨースト・ライバート(ds)
Sanne Rambags - Vocals, Bram Stadhouders - Guitar, Joost Lijbaart - Drums

■ユリ・ホーニングとの来日などでも話題を呼んだオランダの重鎮ドラマー、ヨースト・ライバート。
ニュー・アルバムは、オランダの若きシンガー、サネ・ランバグスと、ギタリスト、ブラム・スタッドホウダースを迎えたトリオで贈るインプロヴィゼーション・アルバム。ヴォーカル、ギター、ドラムという珍しい組み合わせ、異なる世代のアーティストたちが、境界を取り払って作り上げた新たな世界。静寂と瞑想から生まれる新境地をご覧あれ。

Challenge Records/CR 73438/日本語オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてトリオのプロモーション動画をご覧いただけます!

 
 
 

"エジソン賞2016"受賞盤! ユリ・ホーニングのカルテット!

ユリ・ホーニング・アコースティック・カルテット/ディザイア   ユリ・ホーニング・アコースティック・カルテット/ディザイア
Yuri Honing Acoustic Quartet / Desire

ユリ・ホーニング(ts)、ヴォルフェルト・ブレデローデ(p)、グリ・グッドムンドソン(b)、ヨースト・ライバート(ds)
Yuri Honing - tenor saxophone, Wolfert Brederode - piano, Gulli Gudmundsson - bass, Joost Lijbaart - drums

■東京JAZZを含め、定期的な来日公演でも人気を誇るオランダのテナー、ユリ・ホーニングが、ECM録音等で活躍するピアニスト、ヴォルフェルト・ブレデローデを迎えたワンホーン・カルテット。
静かに熱く響くアコースティック・サウンドでジャズ、ポップス、クラシックを混在させ、様々な願望(ディザイア)を表現。2016年に、"オランダのグラミー賞"とも呼ばれる名誉ある音楽賞「エジソン賞」に輝いた名盤です。

Challenge Records/CR 73438/日本語オビ付き
好評発売中

☆ヴォルフェルト・ブレデローデ2017年来日公演予定!
5月16日(火) 武蔵野スイングホール
5月17日(水) 栃木県総合文化センター
5月19日(金) 千葉県・山武市成東文化会館

☆YouTubeにてライヴ映像をご覧いただけます!

 
 
 

超絶オルガン・トリオ!熱狂のコペンハーゲン・ライヴ!

イブラヒム・エレクトリック/ザ・マラソン・コンサート   イブラヒム・エレクトリック/ザ・マラソン・コンサート
Ibrahim Electric / The Marathon Concert

Endangered Beat / Fela / Blue Balls / Yamshala / Splash / Arabian Boogaloo / En Kold Fra Kassen / Absinthe / Kim Nuuk / Red Sonja / Borat / Where's my Bike / Year Of The Golden Pig / African Painkiller / Brothers of Utopia / Der Alte Das Boot / Funny Games / Hr. & Fru Satan / Beatman / Iskender Kebab / Reversoman / Runningman / Big Boss / The Afribians Are Coming / Space Invaders / The Tuxen Shuffle

イブラヒム・エレクトリック〔ステファン・パスボー(ds)、ニクラス・クヌーセン(g)、イェペ・トゥクセン(hammond B3, clavinet)〕
Stefan Pasborg (d), Niclas Knudsen (g), Jeppe Tuxen (Hammond B3)

■ニクラス・クヌーセンのエレクトリック・ギター、イェペ・トゥクセンのハモンド・オルガン、ステファン・パスボーのドラムスによるデンマーク有数のジャズ・トリオ、"イブラヒム・エレクトリック"。2016年7月にコペンハーゲン最大のライヴハウス「VEGA」で行われた6時間に及ぶマラソン・コンサートから20曲を厳選した2枚組ライヴ・アルバムが登場!2002年の結成以来、それぞれのメンバーの根幹であるジャズをベースに、アフロ・ビート、60年代アシッド、ブルース、ファンクなどの幅広いジャンルへのアプローチによるパフォーマンスでアジア、アフリカ、南北アメリカを含む世界的な活躍を続けるイブラヒム・エレクトリックの超絶ライヴをご堪能あれ!
録音(ライヴ):2016年7月8日、VEGA(コペンハーゲン、デンマーク)

【CD】
Stunt Records/STUCD 16092(2CD)/日本語オビ付き
好評発売中

【LP】
Stunt Records/STULP 16091(2LP/180g重量盤)
好評発売中


☆YouTubeにてプロモーション動画がご覧になれます!

 
 
 

ラウエセンの詩を歌う、詩的で幽玄な世界

ニコライ・ムンク=ハンセン/ブラブランド湖のゆらめく光   ニコライ・ムンク=ハンセン/ブラブランド湖のゆらめく光
Nicolai Munch-Hansen / Det Flimrende Lys Over Brabrand So

Symfoni / Brev til Sonny Boy / Ned i skoven op ad bakken / April / Rocking Sunday / Til dig Gunnar Bjorling fra mig / Sne er hvid / Drommens kontinent / Kerouac / Olding / Ingen kan ga alene

ニコライ・ムンク=ハンセン(b, vo, g, p, ker, cello)、ペーター・ラウエセン(voice, text)、スティーン・ヨーアンセン(vo)、キラ・スコーフ(vo)、アンナ・ブレンステッド(vo)、オリヴァー・ホイネス(g, key)、アディ・ズカノヴィチ(key)、セバスチャン・ロッチフォード(ds)
Nicolai Munch-Hansen: Vocal, bass, acustisc guitar, piano, keys, cello / Peter Laugesen: Voice / Steen Jorgensen, Kira Skov, Anna Bronsted: Vocal / Oliver Hoiness: Guitar / Adi Zukanovic: Keys / Sebastian Rochford: Drums, percussions, effects.

■ジャズとロックに精通し、キラ・スコーフのバックとしても活躍するデンマークの次世代ベーシスト、ニコライ・ムンク=ハンセン。コペンハーゲンに生まれ、現在はブラブランドに住むデンマークの詩人、劇作家のペーター・ラウエセン(1942−)が書いた詩に、ニコライ・ムンク=ハンセンが曲をつけたアルバム。キラ・スコーフやスティーン・ヨーアンセンなどのデンマークのシンガーたちが、ムンク=ハンセンとラウエセンが描いた詩的で幽玄な世界を歌う。
録音:2016年5月9日−14日

【CD】
Stunt Records/STUCD 16072
好評発売中

【LP】
Stunt Records/STULP 16071(LP)
好評発売中


☆YouTubeにて2トラック目、「Brev til Sonny Boy」をご視聴いただけます!

 
 
 

ティナ・メイ新録音!アンディ・ルター・トリオとマーク・マーフィーを歌う!

ティナ・メイ/カフェ・パラノイア 〜 ティナ・メイ・ウィズ・ジ・アンディ・ルター・トリオ・シングス・マーク・マーフィー   ティナ・メイ/カフェ・パラノイア 〜 ティナ・メイ・ウィズ・ジ・アンディ・ルター・トリオ・シングス・マーク・マーフィー
Tina May with The Andy Lutter Trio / Cafe Paranoia


1. Is The Circle Closing / 2. Aiming At The Moon / 3. Formerly Known As Moon / 4. Cafe Paranoia / 5. New York Skyline / 6. Sleepy People / 7. Age Only Matters / 8. Less & Less / 9. Bop 'til You Drop / 10. After A Year / 11. Tundraness / 12. Put Today With Yesterday / 13. If Anybody Asks / 14. Don't Fall Apart / 15. Dance Slowly


ティナ・メイ(vo)、アンディ・ルター(p)、トーマス・ハウザー(b)、サンク・ペシュル、他
Tina May(vo), Andy Lutter(p), Thomas Hauser(b), Sunk Poschl(ds), additional musicians: Simone Arntz(background vocals), Emanuel Hauptmann(ds), Uli Wangenheim(cl)

■粒よりな英国ジャズを発信し続けるイギリス33 Recordsから、英国を代表する実力派シンガー、ティナ・メイの新録音が登場!バックを務めるのは、ドイツのピアニスト&作曲家、アンディ・ルター率いるピアノ・トリオ。今回ティナが歌うのは、90年代に活躍した偉大なるジャズ・ヴォーカリスト&詩人のマーク・マーフィーが書いた詩(Haiku Song)とティナ・メイの詩にアンディ・ルターが曲を付けた作品集。イギリスのヴォーカル・ファンにはもちろん、アンディ・ルター・トリオはかつての作品がレア盤としてプレミアがついていたこともあり、ピアノ・トリオ・マニアも要注目の新譜です!

33 Records/33JAZZ 256/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

キラー・シュリンプの中心メンバー デイモン・ブラウンの新トリオ!

デイモン・ブラウン・トリオ/ウォーキング・オン   デイモン・ブラウン・トリオ/ウォーキング・オン
Damon Brown Trio / Walking On

I Wish I Knew / Song for Sarnai / When Sunny Gets Blue / Han River Tales / For All We Know / The Wrong Way Around / Walking On / Stars Fell On Alabama

デイモン・ブラウン(tp, vo)、ウン・カン(g)、ジンキョ・パク(b)
Damon Brown(tp, vo), Woong Kang(g), Jinkyo Park(b)


■エド・ジョーンズとともにキラー・シュリンプのホーン・セクションを担うイギリスのトランペッター、デイモン・ブラウン。日本ではジャズ・ピアニスト椎名豊と共演するなど、ヨーロッパから極東アジアまで国際的に活躍するデイモン・ブラウンが、韓国のミュージシャン、Woong KangとJinkyo Parkと組んだトランペット、ギター、ドラムスのトリオ。3年間で100を超えるギグをこなしレコーディングに及んだ、デイモン・ブラウン・トリオのファースト・アルバムです。


33 Records/33JAZZ 260
好評発売中
 
 
 

ヤコブ・クリストファーセン!リリカルでグルーヴィーなトリオ第3弾!

ヤコブ・クリストファーセン・トリオ/ウィ・ウォント・ユー   ヤコブ・クリストファーセン・トリオ/ウィ・ウォント・ユー
Jacob Christoffersen Trio / WE WANT YOU


Home / We Want You / And Suddenly You Know / Life Goes On / Only Yesterday / My Irish Soul / The Night Wanderer / Long Tall / Farvel (For Hugo)


ヤコブ・クリストファーセン(p, rhodes)、トマス・フォネスベク(b)、ソルタン・チョース(ds)
Jacob Christoffersen (p, Fender Rhodes), Thomas Fonnesbak (b), Zoltan Csorsz (d)

■多くのビッグ・アーティストのサイドマン、名立たるジャズ・シンガーたちの伴奏として活躍するデンマークのジャズ・ピアニスト、ヤコブ・クリストファーセン。大ブレイクした「Facing the Sun(STUCD 05072)」、2013年ベン・ウェブスター賞を受賞する契機となった「JC3(STUCD 11112)」に続く、クリストファーセンのピアノ・トリオ第3弾(リーダー・アルバムとしては4作目)が登場! 現在主に活動しているトマス・フォネスベク、ソルタン・チョースとの新たなトリオによる、スカンジナビアン・サウンドをタッチしたソウルフルでスウィンギーなジャズです。
クリストファーセンの誇るリリカルなサウンドはもちろん、北欧の名プログレ・バンド「フラワー・キング」の元ドラマーとしても活躍したソルタン・チョースが加わったことによるジャズ・ロック・テイストなナンバーもポイント!

録音:2015年11月&2016年3月、ニレント・スタジオ(ヨーテボリ、スウェーデン)


Stunt Records/STUCD 16052/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

流麗なるインプロ&フリー・ジャズ!自由な即興による癒やしのサウンドスケープ。

ヤコブ・アナスコウ/リゾナンス   ヤコブ・アナスコウ/リゾナンス
Jakob Anderskov / RESONANCE


What Reason Could I Give / Resonance / 8th Avenue Tranquility / Capone / Alpha / Impermanence II / Portrait / Open Society

ヤコブ・アナスコウ(p)、カーアン・ヨハネ・ペーダセン(vln)、メテ・ブラント(viola)、イーダ・ヌアホルム(cello)、ペーター・ブルーン(ds, perc)
Jacob Anderskov (p), Karen Johanne Pedersen (vln), Mette Brandt (viola), Ida Norholm (cello), Peter Bruun (ds, perc)

■デンマークのピアニスト、作曲家、バンドリーダーのヤコブ・アナスコウがリーダーを務めるStunt Recordsのアルバム第1弾!
グループにとっては、2013年デンマーク・ミュージック・アウォードの「スペシャル・リリース」部門にノミネートされた『Strings, Percussion & Piano』(ILK)つづくセカンド・アルバム。
弦楽三重奏、ドラムとパーカッション、ピアノという編成で、インプロヴィゼーション、コンテンポラリー・ミュージック、ジャズ、フォーク、クラシックの間をシームレスに移動。リズムセクションの自由な即興、ピアノとパーカッションの対話を織り込んだ音楽が展開されます。
アナスコウがこのアルバムのための曲を作っていたころ訃報を知ったオーネット・コールマンへのトリビュートとして、コールマンのアルバム『Science Fiction』の《What Reason Could I Give》を最初に収録。

録音:2016年4月8日−10日、コペンハーゲン


Stunt Records/STUCD 16062/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

若きレイ・チャールズと彼のビッグバンドによる1961年の伝説的コンサートが登場!

レイ・チャールズ・オーケストラ/チューリッヒ1961   Swiss Radio Days Jazz Series vol.41
レイ・チャールズ・オーケストラ/チューリッヒ1961

Ray Charles Orchestra / Zurich 1961


1. Happy Faces (Sonny Stitt) / 2. Along Came Betty (Benny Golson) / 3. My Baby (Ray Charles) / 4. Sticks And Stones (Titus Turner) / 5. Georgia On My Mind (Hoagy Carmichael / Stuart Gorell) / 6. Blue Stone (Hank Crawford) / 7. Margie (Con Conrad - J. Russel Robinson / Benny Davis) / 8. Hit The Road, Jack (Percy Mayfield) / 9. The Birth Of A Band (Quincy Jones) / 10. I Remember Clifford (Benny Golson) / 11. Come Rain Or Come Shine (Harold Arlen / Johnny Mercer) / 12. Ghana (Ernie Wilkins) / 13. I Believe To My Soul (Ray Charles) / 14. I’ve Got News For You (Roy Alfred) / 15. Misty (Erroll Garner) / 16. I Wonder (Cecil Gant) / 17. Ray Minor Ray (Benny Golson)

レイ・チャールズ(ピアノ/ヴォーカル〔3-5,7,8,11,13,14,16〕)
レイ・チャールズ・オーケストラ〔マーカス・ベルグレイヴ(トランペット)、ウォレス・ダヴェンポート(トランペット)、フィル・ギルボー(トランペット)、ジョン・ハント(トランペット)、ヘンダーソン・チェンバース(トロンボーン)、ディッキー・ウェルズ(トロンボーン)、ケッグ・ジョンソン(トロンボーン)、ルディ・パウエル(アルトサックス)、ハンク・クロフォード(アルトサックス/バンドリーダー)、デヴィッド・ニューマン(テナーサックス/フルート)、ドン・ウィルカーソン(テナーサックス)、リロイ・クーパー(バリトンサックス)、エルバート・ソニー・フォレスト(ギター)、エドガー・ウィリス(ベース)、ブルーノ・カー(ドラムス)、クインシー・ジョーンズ(アレンジャー/1,2,9,10,11,17)〕
ザ・レイレッツ(3,4,8,13,16)〔プリシラ・"パット"・ライルズ(ヴォーカル)、マージー・ヘンドリックス(ヴォーカル)、グウェン・ベリー(ヴォーカル)、ダーリン・マクレア(ヴォーカル)〕

■貴重な放送音源等を発掘し、オリジナルテープから高品質なリマスタリングで復刻する「スイス・ラジオ・デイズ・ジャズ・シリーズ」。第41弾は、若きレイ・チャールズと彼のビッグバンドによる1961年の伝説的コンサート!
マーカス・ベルグレイヴやウォレス・ダヴェンポート、ディッキー・ウェルズ、デヴィッド・ニューマン、ハンク・クロフォードなど、強力ホーン・セクションで贈る迫力のビッグバンド。
ジャズ・メンとして活躍していたレイ・チャールズの栄光の記録が、高音質に蘇ります。

録音(ライヴ):1961年10月8日、コングレスハウス(チューリッヒ)


TCB/TCB 02412/日本語オビ付き
好評発売中


 
 
 

二人のジャズ・レジェンズがモダン・ジャズの真髄を体現した名演!

ソニー・ロリンズ・トリオ&ホレス・シルヴァー・クインテット/チューリッヒ1959   Swiss Radio Days Jazz Series vol.40
ソニー・ロリンズ・トリオ&ホレス・シルヴァー・クインテット/チューリッヒ1959
Ray Charles Orchestra / Zurich 1961


1. I Remember You / 2. I’ve Told Every Little Star / 3. It Could Happen To You / 4. Oleo / 5. Will You Still Be Mine? / 6. Nica’s Dream / 7. Cool Eyes / 8. Shirl / 9. Ecaroh / 10. Senor Blues

ソニー・ロリンズ・トリオ&ホレス・シルヴァー・クインテット

■「スイス・ラジオ・デイズ・ジャズ・シリーズ」の記念すべき第40弾は、ソニー・ロリンズとホレス・シルヴァーが1959年のヨーロッパ・ツアーの最中に録音した未発売のスタジオ音源!
二人のジャズ・レジェンズがモダン・ジャズの真髄を体現した名録音です。

録音:1959年3月5日、チューリッヒ放送スタジオ


TCB/TCB 02402/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

数々のジャズ・コンテストを制してきたシュテファン・プレチェルのファースト・アルバム!

シュテファン・プレチェル・トリオ 〜 フィート・バート・ジョリス/Jungfernballett   シュテファン・プレチェル・トリオ 〜 フィート・バート・ジョリス/ユングフェルンバレエ
Stephan Plecher Trio / Jungfernballett


1. Jungfernballett / 2. Lunah’s Lullaby / 3. BRA 4.27 / 4. K.M.G.H. / 5. Funkallero / 6. 6/11 / 7. Sicilian Sunset / 8. Alouasoh / 9. The Tango Theory


シュテファン・プレチェル・トリオ〔シュテファン・プレチェル(p)、ベンジャミン・ザルド(b)、ペーター・プリムス・フロッシュ(ds)〕、feat.バート・ジョリス
Bert Joris - trumpet(1, 3, 4 and 7), Stephan Plecher - piano, Benjamin Zalud - bass, Peter Primus Frosch - drums

■1990年ドイツ生まれ、現在はスイスで暮らす若き天才ピアニスト、シュテファン・プレチェル。ドイツ、オーストリア、スイスの数々のジャズ・コンテストを制してきたプレチェルのファースト・アルバムは、ベルギーのベテラン・トランペッター、バート・ジョリスをフィーチャー! 若き才能が凝縮されたスムースで華麗なトリオに、バート・ジョリスの味わい深いラッパの音色が絡み合う。また、ビル・エヴァンスの「ファンカレロ」の躍動的なトリオも必聴!

録音:2015年6月11日−12日、ハード・スタジオ(ヴィンタートゥール、スイス)


TCB/TCB 35102/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

スイス・ジャズの重鎮トランペッター、ペーター・シャーリのカルテット・プロジェクトの新録音!

ペーター・シャーリ: ドント・チェンジ・ユア・ヘア・フォー・ミー/レッド・トップ   ペーター・シャーリ: ドント・チェンジ・ユア・ヘア・フォー・ミー/レッド・トップ
Peter Scharli: Don't Change Your Hair For Me / RED TOP


1. Tricotism / 2. Dreamer / 3. In Your Own Sweet Way / 4. Obrigado Meu Amor / 5. The Old Country / 6. Star Dust / 7. Valse Bleue / 8. Red Top / 9. For Women

ペーター・シャーリ(tp)、サンディ・パットン(vo)、アントニア・ジョルダーノ(g, vo)、トーマス・デュルスト(b)
Sandy Patton(vo), Antonia Giordano(g,vo), Peter Scharli(tp,flh), Thomas Durst(b)

■スイス・ジャズの重鎮トランペッター、ペーター・シャーリのカルテット・プロジェクト「Don't Change Your Hair For Me(グループ名はマイ・ファニー・ヴァレンタインの歌詞より)」の新録音。
トランペット、ヴォーカル、ギター、ベースの4声が精妙にラインをなぞる、官能的なジャズをどうぞ。

録音:2016年4月22日−23日、ハード・スタジオ(ヴィンタートゥール、スイス)


TCB/TCB 35302/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

ロレーヌ・デマレ・トリオの名盤が復活!

ロレーヌ・デマレ/クルール・ドゥ・リュヌ   ロレーヌ・デマレ/クルール・ドゥ・リュヌ
Lorraine Desmarais/Couleurs de Lune


1    Couleurs de Lune  クルール・ドゥ・リュヌ 
2    Forever Young   フォーエヴァー・ヤング 
3    Rose ローズ
4    How Can You Miss a Fruit Salad? ハウ・キャン・ユー・ミス・ア・フルーツ・サラダ? 
5    Largo  ラルゴ 
6    Week-end a Toulouse ウィークエンド・ア・トゥールーズ 
7    Alberto  アルベルト 
8    Bolero  ボレロ 
9    Tsai-Tsien!  ザイ・ジエン!  
10   Danny Boy(Londonderry Air) ダニー・ボーイ


ロレーヌ・デマレ(p)、フレデリック・アラリー(b)、カミル・ベライル(ds)

■2002年モントリオール国際ジャズ・フェスティヴァルでオスカー・ピーターソン賞を受賞したカナダのピアニスト、ロレーヌ・デマレ。廃盤となり入手困難となっていたデマレの貴重トリオ盤「クルール・ドゥ・リュヌ」が限定再生産されました!

■クリアなサウンドに空気感あふれた流麗さ。どこまでも美しいサウンドは、メロディックにリズミカルに、時にスローに響く。カミル・ベライル(ds)、フレデリック・アラリー(b)との柔和なプレイも絶妙。研ぎ澄まされた注目ピアノ・トリオの嬉しい復刻です!

録音:2012年3月5日&6日、スタジオ451(モントリオール、ケベック、カナダ)

☆ジャズ・パースペクティヴ VOL.11(2015年12月発売)
特集「カナダ・ジャズ」において、ロレーヌ・デマレのインタビュー掲載!(P.52-53)
 
ANALEKTA/AN 29884/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてプロモーション動画がご覧になれます!

 
 
 

現代ジャズの先進を歩むピアニスト、国島妙子最新作!書き下ろし日本語解説付き特別仕様!

タエコ・クニシマ/にじ色の雲   タエコ・クニシマ/にじ色の雲
Taeko Kunishima / Iridescent Clouds

Blue Clouds 青い雲 / In Search Of Time Lost 時を探し求めて / Iridescent Seashell にじ色の貝 / Secret 秘密 / Lighthouse in Winter 冬の灯台 / Oak Tree Leaf Rustles In My Mind 樫の木の葉のざわめく音が私の気持ちの中から、聞こえてくる。 / Everything Is In The Air すべてが空中に浮いている / Volcanic Rocks 火山石

タエコ・クニシマ(ピアノ)、クライブ・ベル(尺八、ケーン、他)、ポール・モイラン(ダブルベース)、カミロ・タイラド(タブラ、パーカッション)、一川響(津軽三味線)、ジェレミー・ホーキンス(フィールド・レコーディング)

■タエコ・クニシマ(国島妙子)は、ロンドンを拠点に活躍中の日本人ジャズ・ピアニスト。クラシックとジャズの双方をバックグラウンドに、本場の地で磨いた現代的感性と日本の郷愁を調和させた音楽でUKツアーを成功させ、日本帰国ライヴも公演都市を拡大しながら続いています。

■新進気鋭の英国ジャズを発信し続けるレーベル、33Recordsからのアルバム第4弾となるのは、Iridescent Clouds(にじ色の雲)と題された新録音! いろいろな彩色に変化する自然や音楽、感情をタエコ・クニシマが濃密に表現した意欲作。これまで「赤とんぼ(33JAZZ 145)」や「レイト・オータム(33JAZZ 225)」でも共演してきた、ヨーロッパ有数の尺八奏者クライブ・ベルによる尺八やケーン(アジアの管楽器)などの哀愁漂う音色に、イギリスで活躍する津軽三味線奏者、一川響が弾く三味線やカミロ・タイラドによるタブラが参加。現代ジャズの先進を歩むタエコ・クニシマの、より豊かに鮮やかに広がるジャズをお届けします。

録音:2015年12月−2016年3月、イギリス
 
33 Records/33JAZZ 258J/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにて最新のライヴ動画がご覧になれます!


 
 
 

秋の夕暮れに思いを馳せる。

タエコ・クニシマ/レイト・オータム   タエコ・クニシマ/レイト・オータム
Taeko Kunishima / Late Autumn

クライヴ・ベル(尺八、fl)、シーン・コービー(tp、flh)、ポール・モイラン(b)、
マクスウェル・ハレット(ds)、デイヴィッド・ロス(perc)、リオ・ロバーツ(vo)

全作曲:タエコ・クニシマ(To The Hebrides: Theme by Kimie Okada)
録音:2011年5月、33ジャズ・スタジオ

33 Records/33JAZZ 225/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 

和の心とスイングが融合した音楽はエキゾチックでオリジナリティに溢れた傑作!

タエコ・クニシマ/スペース・トゥ・ビー ....   タエコ・クニシマ/スペース・トゥ・ビー ....
TAEKO KUNISHIMA /
SPACE TO BE ....


タエコ・クニシマ(p)、ポール・テイラー(tb)、ジェームス・フェン(g)、オロー・エンジアマ(b)、ミハエル・シモンズ(ds)

録音:2003年5月

33 Records/33JAZZ 094/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 

和と洋の音楽の絶妙な融合による奥深い音楽に心惹かれる。

タエコ・クニシマ/赤とんぼ   タエコ・クニシマ/赤とんぼ
TAEKO KUNISHIMA /
RED DRAGONFLY

タエコ・クニシマ(p)、ラッセル・ヴァン・デン・ベルグ(sax)、ジム・ハート(ds)、リチャード・プリース(b)、Guest:クライヴ・ベル(尺八)

録音:2006年5月

33 Records/33JAZZ 145/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 

トーマス・クラウセン!リリカルなアコーディオンとのデュオ!

トーマス・クラウセン&フランチェスコ・カリ/ザ・ヴォイッジ   トーマス・クラウセン&フランチェスコ・カリ/ザ・ヴォイッジ
Thomas Clausen & Francesco Cali / The Voyage


Prologue: Old Portraits / Morning / Alone / Clouds / People / Ordeal / Street Life no. 1 / The Room / The Family / Morning in the City / Tough Tale / Street Life no. 2 / Horror Story / New Friends / The Morning After / Get a Job! / Factory Life / The Soldier’s Tale / Battlefield / End Of The Day / Reunion / Bliss / Epilogue


トーマス・クラウセン(p)、フランチェスコ・カリ(accordion)
Thomas Clausen (piano), Francesco Cali (accordion)

■その洗練された音楽作りと美麗なタッチから「北欧のビル・エヴァンス」と称されるトーマス・クラウセン。最新録音は、イタリアのアコーディオン奏者、フランチェスコ・カリとの共演による、ピアノとアコーディオンのデュオ!
楽曲は、デンマークのTheater Rio Roseによる映画「The Arrival」のためにトーマス・クラウセンが書いたもので、リリカルなテーマを中心に、コミカルなリズム、情熱的な音楽など、様々な表情を楽しめる。クラウセンの美しいピアノの響き、マキコ・ヒラバヤシとの共演(STUCD 11092)でも聴かせてくれたフランチェスコ・カリの物悲しいアコーディオンの絡み合いは絶品。

録音:2016年2月7日−8日、ニレント・スタジオ(ヨーテボリ、スウェーデン)


☆「The Arrival」に合わせた二人の演奏がご覧いただけます!
https://vimeo.com/143970489

Stunt Records/STUCD 16032/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

オーレ・マティエセンの4thアルバム!ロックウェル&ルンゴー参加!

オーレ・マティエセン/フラッシュバックス&デディケイションズ   オーレ・マティエセン/フラッシュバックス&デディケイションズ
Ole Matthiessen / Flashbacks & Dedications


Love Song ラヴ・ソング / Augustaften i Tivoli チボリの8月の夜 / Drummer’s Mare ドラマーズ・メア / Fur,-? / OCBBCT / Voodoo Dance ブードゥー・ダンス / To Trane トゥ・トレーン / From The Top フロム・ザ・トップ / Light And Darkness ライト・アンド・ダークネス / Flashback フラッシュバック / Miss Lise ミス・リーセ

オーレ・マティエセン(p)、ボブ・ロックウェル(ts)、ヘンリク・ボルベア(tp, flh)、イェスパー・ルンゴー(b, bg)、オーレ・ストレンベア(ds)
Henrik Bolberg (tp, flh), Bob Rockwell (ts), Ole Matthiessen (p), Jesper Lundgaard (b, bg), Ole Streenberg (d)

■デイニッシュ・ジャズのレジェンド、オーレ・マティエセンのリーダー・アルバム第4弾! これまで同様、ホーン・セクションのボブ・ロックウェル&ヘンリク・ボルベア、ベースのイェスパー・ルンゴーなどデンマーク・ジャズ界の重鎮たちが揃った豪華メンバーで贈るオーレ・マティエセンの音楽。心地よいスウィングと華麗なインプロヴィゼーションによる、愉悦のクインテットをどうぞ。

■オーレ・マティエセンは、ピアニスト、作曲家のほか、 教育者、録音プロデューサー、エンジニア、音楽評論家、研究家、ブロードキャスター(ラジオ番組の主催)、更にはデンマーク・ジャズ音楽家協会や様々なジャズ連盟、音楽評議会などの参加と、現場から裏方まであらゆるジャズ・シーンに関わり、とりわけデンマーク放送のジャズ部門、デンマーク放送ビッグバンドのプロデュースによって、まさにデンマークのジャズ界を作ってきた人物。250にも及ぶ彼がプロデュースしたレコードには、2つのグラミー・ノミネート作を含み、デューク・エリントン、ベン・ウェブスター、マイルス・デイヴィスなど、多くの国際的ミュージシャンもプロデュースしている。


録音:2016年3月17日ー18日、STCスタジオ ※PDFファイルにて、各楽曲の楽譜データを収録。

Stunt Records/STUCD 16042/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

ジョー・スティルゴー第5弾!映画音楽集の続編登場!

ジョー・スティルゴー/ソングス・オン・フィルム 〜 ザ・シークウェル   ジョー・スティルゴー/ソングス・オン・フィルム 〜 ザ・シークウェル
Joe Stilgoe / Songs On Film: The Sequel


1. What’s On?
2. Newsreel
3. You Never Can Tell (Pulp Fiction)
4. The Rhythm Of Life (Sweet Charity)
5. Afternoon Delight (Anchorman)
6. If I Didn’t Have You (Monsters Inc)
7. Cool (West Side Story)
8. Rainbow Connection (Muppets Movie)
9. Arthur’s Theme (Arthur)
10. People Are Strange (The Lost Boys)
11. Falling Slowly (Once)
12. You’re Sensational (High Society)
13. Caravan (Whiplash)
14. 1980s Medley
15. Footloose (Footloose)


ジョー・スティルゴー(piano, vocals)、トム・ファーマー(b)、ベン・レイノルズ(ds, perc)、カーティス・スティガーズ(vo, sax)、チャップス・クワイア(track 4)
Joe Stilgoe piano and vocals / Tom Farmer upright bass and backing vocals / Ben ‘Bam Bam’ Reynolds drums, percussion and backing vocals / Curtis Stigers vocals and saxophone (track 6) / Chaps Choir (track 4)

■Linn Recordsからの連続リリースにより急速に人気を高めているイギリスのピアニスト&ソングライター、ジョー・スティルゴー。
第5弾は、ファースト・アルバム「ソングズ・オン・フィルム・ライヴ(AKD 498)」の続編となる映画音楽集、「ザ・シークウェル(続編)」。
『ウェスト・サイド・ストーリー』より「Cool(レナード・バーンスタイン)」や、『上流社会』より「You’re Sensational(コール・ポーター)」などの古典の名作から、『モンスターズ・インク』や『ザ・マペッツ』など近年の作品まで、古今の映画からの名曲を選りすぐり、スティルゴーの上品でゴキゲンなアレンジで聴かせてくれます。
2014年の話題作『セッション』で使用されたエリントンの名ナンバー「キャラバン」の収録も嬉しいポイント。

録音:2016年4月27日−29日&5月17日、クワイエット・マネー・スタジオ(ヘイスティング、イギリス)


Linn/AKD 577/日本語オビ付き
好評発売中


☆YouTubeにてジョー・スティルゴーのパフォーマンスがご覧いただけます!

 
 
 

トーマス・フランク、トーマス・クラウセンらによるホレス・パーラン・トリビュート!

US4/マイ・スカンジナヴィアン・ブルース 〜 ア・トリビュート・トゥ・ホレス・パーラン   US4/マイ・スカンジナヴィアン・ブルース 〜 ア・トリビュート・トゥ・ホレス・パーラン
US4 / My Scandinavian Blues: A Tribute to Horace Parlan


Us Three アス・スリー/Heading South ヘディング・サウス/Norma ノーマ*/In the Spur of the Moment イン・ザ・スパー・オブ・ザ・モーメント/One for Wilton ワン・フォー・ウィルトン/Arrival アライヴァル/Broken Promises ブロークン・プロミス/Little Esther リトル・エスター*/Opus 16A オーパス16A/Wadin' ウェイディン/Party Time パーティ・タイム
DVD: Heading South / Us Three / Arrival / Norma / One for Wilton / Broken Promises

トーマス・フランク(ts)、トーマス・クラウセン(p)、ジミ・ローワ・ペーザセン(b)、アダム・ナスボーム(ds)、シーネ・エイ(vo)*
Tomas Franck (tenor sax), Thomas Clausen (piano), Jimmi Roger Pedersen (bass), Adam Nussbaum (drums) + Sinne Eeg (vocal)*

■トーマス・フランク、トーマス・クラウセン、ジミ・ローワ・ペーザセン(ジミー・ロジャー・ペデルセン)の3人の北欧のミュージシャンにアメリカのアダム・ナスボームが加わったワンホーン・カルテット「US4」により捧げられる、ホレス・パーランへのトリビュート・アルバム!
すべて1960年〜1999年に作曲されたパーランのオリジナル曲で、1970年代にデンマークへ移住し、スカンジナヴィアン・ジャズの発展に大きな影響を与えてきた大御所ピアニストを称えます。
トーマス・クラウセン、トーマス・フランクといったStunt Recordsの今を代表する強力ミュージシャンはもちろん、デンマークでもっとも注目を浴びているシンガー、シーネ・エイの参加もポイント。

■ボーナスDVDには、ドイツの写真家Volker Schowerlingが製作した6曲のミュージック・ビデオを収録。

録音:2014年11月5日−6日、ミルファクトリー(コペンハーゲン)

※ボーナスDVDは、PAL方式のため対応するプレーヤー、TVでのみ再生可能です。予めご了承ください。

☆「Us Three」がご試聴いただけます! https://vimeo.com/121016820

Stunt Records/STUCD 16012 (CD+DVD/PAL)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

Stunt Recordsによる貴重音源発掘第3弾!ペティフォード&ユーハンソン!

オスカー・ペティフォード&ヤン・ユーハンソン/イン・デンマーク1959-1960 〜 フィーチャリング・スタン・ゲッツ   オスカー・ペティフォード&ヤン・ユーハンソン/イン・デンマーク1959-1960 〜 フィーチャリング・スタン・ゲッツ
Oscar Pettiford and Jan Johansson / in Denmark Featuring Stan Getz


1. Sonny Boy
2. Willow Weep for Me
3. There’ll Never Be Another You
4. The Nearness of You
5.  Now See How You Are
6. La Verne Walk
7. I Remember Clifford
8. Stuffy
9. Moanin’
10. Fru Bruel
11. I Succumb To Temptations
12. Dahoud
13. Oleo
14. Now See How You Are
15. Ack Varmeland, du skona
16. Emigrantvisan
17. Farfars Sang

ヤン・ユーハンソン(p)、オスカー・ペティフォード(b, cello)、スタン・ゲッツ(ts)、ジョー・ハリス(ds)、ルイス・ホルマンド(vib)、リー・ゲインズ(vo)、他
Jan Johansson (p), Oscar Pettiford (b, cello) + Stan Getz (ts), Joe Harris (dr), Louis Hjulmand (vib), Lee Gaines (voc)

■「KBホール・ライヴ1946−1960(STUCD 12132)」、「ベント・イェディク・ワズ・ヒア(STUCD 13092)」に続く、北欧の貴重な録音を発掘するシリーズ第3弾。

■アメリカ出身で1958年からはデンマークに移住したダブルベース&チェロ奏者、オスカー・ペティフォードとスウェーデンの天才ピアニスト、ヤン・ユーハンソン(ヨハンソン)。それぞれ30代後半という若さで亡くなった二人の伝説のジャズ・ミュージシャンの記録。スタン・ゲッツとの共演を含む、1959年〜1960年のデンマーク録音(未発売音源含む)。音の魔術師、Jorgen Vadによって美しく復元された音質にも注目。

Stunt Records/STUCD 16022/日本語オビ付き
好評発売中
 
 
 

Finetone新譜情報!

Finetone新譜情報   Finetone新譜情報!

ヘニング・ヴィークラーベ/ボーン・トークス
Henning Wiegrabe, Peter Lehel Quartett / Bone Talks


Losing My Mind / Shades of Light / Bone Talks / Little Lady / Soulitude / Eddie Who? / Seven to Heaven / Le Blues Hongrois / Midnight Desire / Funk-a-lot / Contemplation / Bb-Flat-A-Loogoo / Reflective Mood

ヘニング・ヴィークラーベ(tb)、ペーター・レーヘル(sax)、ウル・メック(p)、ディーター・シューマッヒャー(perc)、ミニ・シュルツ(b)
Henning Wiegrabe(Trombone), Peter Lehel(sax), Ull Mock(p), Dieter Schumacher(perc), Mini Schulz(Bass)

Finetone/FTM 8030/日本語曲目表記オビ付き

サルタチェロ/ジョーキング・バーバー
Saltacello / Joking Barber


Joking Barber / Barber's Comb Tune / Sahara Sunrise / Morning Tale / Firerider / Dynamic Seven / Tambourin / Caravanserai / An Hour Before Daybreak / Asian Habanera / Silk Road Mood / Little Shepherd / Secret Garden / Sounds of Milyang / Marathon Man / Lonesome Runner / Magnum Kayagum / Ancient Lullaby / Barber's Soju Party

サルタチェロ〔ヴォルフガング・シンドラー(cello)、ペーター・レーヘル(sax, cl)、ミニ・シュルツ(b)、マルクス・ファラー(ds, perc)、ペーター・シンドラー(p)〕

Finetone/FTM 8025

カールスルーエ音楽大学ビッグバンド&ジャズ・アンサンブル/カラーズ・オヴ・スプリング
Hochschule fur Musik Karlsruhe Bigband & Jazz Ensemble: Colors of Spring


Shiny Stockings / Der Husarenritt / Across the Heart / My Funny Valentine / Act Your Age / Gloomy Sunday (arr. P. Lehel) / Song for A.E.G. / Juliska / Blues for Bela / Schattenspiel / Cry Me a River / Colors of Spring

ペーター・レーヘル(指揮、sax)、カールスルーエ音楽大学ビッグバンド&ジャズアンサンブル

Finetone/FTM 8024

ヴォルフガング・マイヤー&ペーター・レーヘル/ショーロ&ボサ・ノバ
Wolfgang Meyer, Peter Lehel / Choro e Bossa Nova


Vou-me embora pra roca / Um chorinho pra Voce / Alone in the morning / Bola preta / Chorando baixinho / Soulitude / Benzinho / Nao me toques / Falta-me Voce / E do que ha / Naquele tempo / Samba em Preludio / Armando's Rhumba / Eu quero e sossego / A ginga de Mane / So para moer

ヴォルフガング・マイヤー(cl)、ペーター・レーヘル(sax)、ウル・メック(p)、ミニ・シュルツ(b)、マルクス・ファラー(ds, perc)

Finetone/FTM 8022

ヴォルフガング・マイヤー&ペーター・レーヘル/ボレロズ
Wolfgang Meyer, Peter Lehel / Boleros


Obsesion / Delirio / Memories / Bolero for a bird / Cake waltz / Claudia / Linda Chicana / Song to my son / A night in Englewood / Oblivion

ヴォルフガング・マイヤー(cl)、ペーター・レーヘル(sax, b-cl)、ウル・メック(p)、ミニ・シュルツ(b)、マルクス・ファラー(ds, perc)

Finetone/FTM 8021

好評発売中
 
 
 

Finetone新譜情報!

Finetone新譜情報   Finetone新譜情報!

クラインボブ、シュルツ、ジェンヌ/ヘルツランド
Meinhard Jenne, Mini Schulz, Wieland Kleinbub / Herzrand

Herzrand / Back to the Boy / Orplid / Auf der Rosenwaltz / Schloss Saager / Mozart Loves Pamina / Istana Bull / Dreaming of Abroad / Ihre Bluese / D-Moll-Fang / Musiciclisti / Leaving the World

ヴィーラント・クラインボブ(p)、ミニ・シュルツ(db)、マインハルト・"オビ"・ジェンヌ(ds)
Meinhard Jenne (drums), Mini Schulz (double bass), Wieland Kleinbub (piano)

Finetone/FTM 8026/日本語曲目表記オビ付き

トーマス・イェーレ・カルテット/クローズ・イナフ・フォー・ジャズ
Thomas Jehle Quartet / Close enough for Jazz


Mongolian Experience / Flight to Puerto Rico / Schattenspiel / Fata morgana / Lost at Times Square / Autumn's Romance - for Michele / Last Floor / Colors of Spring / Schattenspie(feat. Peter Lehel)

トーマス・イェーレ・カルテット〔トーマス・イェーレ(p)、ジョルジュ・ゾイカ(tp)、ステファン・ブルクハルト(b)、クリスティアン・ツィマーマン(ds)〕、ペーター・レーヘル(sax)
Thomas Jehle(p), Georges Soyka(tp), Stefan Burkhardt(b), Cristian Zimmermann(ds), Peter Lehel(sax)

Finetone/FTM 8023

クラウス・グラーフ・カルテット/ムーヴィング・オン
Klaus Graf Quartett / Moving On


Bft (Beaufort) / If I Should Lose You / Movin On / Nature Boy / I Feel Fine / If You Could See Me Now / On Green Dolphin Street / Norwegian Mood / Homezone / Far And Near

クラウス・グラーフ(as, ss)、マインハルト・"オビ"・ジェンヌ(ds)、ウリ・グラスマン(b)、オラフ・ポルツィーエン(p)

Finetone/FTM 8020


ペーター・ゲッツマンズ・ジャズホップ・リズム feat.ペーター・レーヘル/イージー・ビーツ
JazzHop Rhythm / Easy Beats


History repeating / Billie's bounce / Eddie who / Thieves in the temple / Caravan / Don't get around much anymore / Lonesome road / Norwegian wood / Compared to what / Movin' wes / Cantaloupe island

ペーター・ゲッツマン(ds)、ロルフ・ヒラート(perc)、ヨー・フェルカー(key)、マリオ・ゲッツ(vo)、マイケル・リューバー(g)、ニクラス・ブラウン(b)、ペーター・レーヘル(sax)

Finetone/FTM 8019

アーティスファクト/トゥルブレンツェン
Artisfact / Turbulenzen


Dedication / Turbulenzen / Fantasy / Metamorphosen

トーマス・ハウグ(vn、指揮)、ペーター・レーヘル(sax、b-cl)、ミニ・シュルツ(b)、マルクス・ファラー(ds)、他

Finetone/FTM 8018

好評発売中
 
 
 

坂田尚子トリオのサード・アルバム。本場北欧ジャズから世界に発信!

ナオコ・サカタ・トリオ/ドリーミング・ツリー   ナオコ・サカタ・トリオ/ドリーミング・ツリー
Naoko Sakata Trio / Dreaming Tree


1. Rain. 雨
2. januari. 一月
3. Blue 青
4. Ljung
5. Dreaming tree 夢見る木
6. Zlin
7. Ingenting 何も無い。
8. Mahon
9. Intersection 交差点

ナオコ・サカタ・トリオ〔坂田尚子(p)、アルフレッド・ロリニウス(b)、ヨワン・ビギニウス(ds)〕

■奈良県生まれ、スウェーデンのイエテボリ在住のピアニスト、作曲家、坂田尚子のピアノ・トリオ。
2009年には北欧ジャズの若手登竜門として権威ある「ヤング・ノルディック・ジャズ・コメッツ」でベスト・ソロイスト賞を受賞した坂田尚子のサード・アルバムが、スウェーデンのFootprintより登場!

■トリオ結成当時からのドラマー、ヨワン・ビギニウス、2013年から新たにメンバーに加わったベーシスト、アルフレッド・ロリニウスとのトリオから紡ぎ出される、臨場感に満ち溢れた演奏。リリカルで印象的なメロディ、心地良い疾走感のナンバーなど、清新なる本場北欧ジャズをお届けします。

Footprint/FRCD 084J/日本語曲目表記オビ&日本語解説付き
好評発売中


 
 
 

妖艶なるヴォーカル。キティ・ラ・ロアーのファースト・アルバム!

キティ・ラ・ロアー/ヴァレンタインズ・イヴ   キティ・ラ・ロアー/ヴァレンタインズ・イヴ
Kitty la Roar / Valentine's Eve


1. Last Year's Valentine
2. I Only Have Eyes for You
3. Love Is All
4. I'm in the Mood for Love
5. In a Sentimental Mood
6. Seventh Heaven
7. The Nearness of You
8. My Funny Valentine
9. Tender Tonight

キティ・ラ・ロアー(vo)、エド・ジョーンズ(ts)、ニック・シャンクランド(p)

■妖艶なる美貌と麗しのヴォーカルを兼ね備えたイギリスの歌姫、キティ・ラ・ロアーが33 Recordsよりデビュー!
編成は、普段からデュオ・パートナーとして共演しているピアニスト&作曲家、ニック・シャンクランドに、インコグニートやUS3で多数来日しているサクソフォン奏者、エド・ジョーンズ(33 Recordsではキラー・シュリンプの中心メンバーとしてもお馴染み)を加えた変則トリオ。甘く艶やかな歌声で、In a Sentimental MoodやThe Nearness of You、My Funny Valentineなどの魅惑のスタンダードに、シャンクランドのオリジナルを加えたラヴ・バラード集を歌います。キティのヴォーカルはもちろん、エド・ジョーンズのセクシーなテナーもポイント。

33Records/33JAZZ 257/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

華麗なるギター&オルガン・ジャズ!ナイジェル・プライス・オルガン・トリオ!

ナイジェル・プライス・オルガン・トリオ/ヒット・ザ・ロード   ナイジェル・プライス・オルガン・トリオ/ヒット・ザ・ロード
Nigel Price Organ Trio / Hit The Road


1. Hit the Road
2. Up Jumped Spring
3. Chelsea Bridge
4. Lover Man
5. Dreamsville
6. Go!
7. Detour Ahead
8. Bizzy Bee
9. Hot Seat (Chas's Chair)

ナイジェル・プライス・オルガン・トリオ〔ナイジェル・プライス(g)、ピート・ウィテカー(org)、マット・ホーム(ds)〕、ヴァシリス・ゼノプロス(ts/track 9)

■ジェームス・テイラー・ファンク・オーケストラのメンバーを務め、2014年のBritish Jazz Awardsでは「ベスト・ギタリスト」賞を受賞した英国のギタリスト、ナイジェル・プライスが率いるオルガン・トリオ。華麗なギター・テクニックにファンキーでブルージーなオルガン・ジャズを楽しめる。

33Records/33JAZZ 241
好評発売中

☆YouTubeにてご視聴いただけます!

 
 
 

スコット・ハミルトン&カーリン・クローグ!日本語解説付きの国内仕様盤発売!

スコット・ハミルトン&カーリン・クローグ/ザ・ベスト・シングス・イン・ライフ   スコット・ハミルトン&カーリン・クローグ/ザ・ベスト・シングス・イン・ライフ
Scott Hamilton, Karin Krog / the best things in life


1. The Best Things In Life Are Free 3'18"
ザ・ベスト・シングス・イン・ライフ・アー・フリー

2.  I Must Have That Man 5'20"
アイ・マスト・ハヴ・ザット・マン

3. Will You Still Be Mine 8'09"
ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン

4. How Am I To Know 3'02"
ハウ・アム・アイ・トゥ・ノウ

5. Don’t Get Scared 4'53"
ドント・ゲット・スケアード

6. Ain’t Nobody’s Business 4'47"
エイント・ノーバディーズ・ビジネス

7. We Will Be Together Again 5'31"
ウィー・ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン

8. Sometimes I’m Happy 5'05"
サムタイムズ・アイム・ハッピー

9. What A Little Moonlight Can Do 4'31"
ホワット・ア・リトル・ムーンライト・キャン・ドゥ

10. Shake It, But Don’t Break It! 6'59"
シェイク・イット・バット・ドント・ブレイク・イット!

スコット・ハミルトン(ts)、カーリン・クローグ(vo)、ヤン・ルンドグリエン(p)、ハンス・バッケンロート(b)、クリスティアン・レス(ds)

国内仕様盤
Stunt Records/OSTUCD 15192/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

輸入盤
Stunt Records/STUCD 15192/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

■アメリカの重鎮、スコット・ハミルトンのStunt Records第4作目は、ノルウェーが世界に誇る歌姫、カーリン・クローグとの共演!
これまで同様、ヤン・ルンドグリエンを始めとする北欧精鋭たちをリズム・セクションに迎え、レイ・ヘンダーソン、ジミー・マクヒュー、マット・デニス、ハリー・M・ウッズ、そしてエロール・ガーナーといった偉大なるアメリカン・ソングブックを歌い、ビリー・ホリデイの生誕100周年を祝うプログラム。ますます深みを増すカーリン・クローグの歌声に、暖かく包み込むようなスコット・ハミルトンのテナーがよく馴染み、ヤン・ルンドグリエンの軽やかなピアノも冴え渡る。ジャズの歴史を創造してきた二人の偉大なるアーティストによる、なんとも嬉しい共演盤の登場です。

録音:2015年7月2日−3日&5日、STCスタジオ(コペンハーゲン)
 
 
 

ドイツのレーベル、Finetoneの取り扱いを開始!ヴォルフガング・マイヤーとビッグバンドの饗宴!

ヴォルフガング・マイヤー/ザ・クラリネット   ヴォルフガング・マイヤー/ザ・クラリネット
Wolfgang Meyer / The Clarinet


1. バーンスタイン:クラリネットとビッグバンドのための 《プレリュード、フーガとリフ》
2. レーヘル:クラリネットとサクソフォンのための二重協奏
3. グッドマン:スフィンク
4. ガーシュウィン:イット・エイント・ネセサリー・ソ
5. エイデン・アーベッツ:ネイチャー・ボーイ
6. ティゾル:キャラヴァン
7. レーヘル:ケーキ・ワルツ
8. パガニーニ:カプリース第24番
9. プリマ:シング・シング・シング
10.エディ・ソーター:クラリネット・ア・ラ・キング
11. オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド:タイガー・ラグ
12. ゴードン・ジェンキンス:グッド・バイ 

ヴォルフガング・マイヤー(cl)、ペーター・レーヘル(sax)、カールスルーエ音楽大学ビッグバンド、ペーター・レーヘル・カルテット
Wolfgang Meyer(cl), Peter Lehel(sax), Bigband der Hochschule fur Musik Karlsruhe, Peter Lehel Quartet

■ドイツのサクソフォン奏者、作編曲家、教育者として活躍するペーター・レーヘルが牽引する高品質レーベル、ファイントーン(Finetone)。
ペーター・レーヘルとの共演も多いドイツ・クラリネット界の重鎮、ヴォルフガング・マイヤーのビッグバンド・アルバムでは、マイヤーが1989年からは教授を、2001年から2007年には学長も務めたドイツのカールスルーエ音楽大学のビッグバンドを率いて、シング・シング・シングやキャラヴァン、タイガー・ラグなどの超名曲を鮮やかに繰り広げる。
ピリオド楽器を使った古楽から現代音楽まで幅広い音楽を吹きこなし、ジャズ・クラリネットでもそのほとばしる才能を発揮するヴォルフガング・マイヤーの勇姿にご注目あれ!

録音:2013年12月


Finetone/FTM 8033/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

スイスSRF放送音源ジャズ・シリーズ。スイスの新星、イヴ・タイラー・トリオ!

イヴ・タイラー・トリオ/ダンス・イン・ア・トライアングル   イヴ・タイラー・トリオ/ダンス・イン・ア・トライアングル
Yves Theiler Trio / Dance In A Triangle

1. For Bass
2. Day By Day
3. Book Of Peace
4. Dance In A Triangle
5. In A Way It’s Nothing
6. Caravan Change
7. Over There Is Another One 

イヴ・タイラー・トリオ〔イヴ・タイラー(p, Wurlitzer)、ルカ・シセラ(b)、ルーカス・マンテル(ds)〕

■スイス国営放送ドイツ語局(DRS)音源によるジャズ・シリーズとしてスタートし、現在はテレビ局のSF(Schweizer Fernsehen)と合併しSRF(Schweizer Radio und Fernsehen)となって続くMusiques Suissesのジャズ放送音源シリーズ。

スイスの現代のジャズ・シーンを世界に伝える上質なジャズとして人気を博すシリーズから、1987年チューリッヒ生まれの新星ピアニスト、イヴ・タイラーのトリオが登場。
若きピアノ・ヴィルトゥオーゾとして、また優れたコンポーザーとして、スイス・ジャズ・シーンで活躍してきたイヴ・タイラー。
華麗なミニマルと優美な旋律、小気味良い変拍子を見事に操る、スイスの清新なるピアノ・トリオです。

録音:2015年9月26日−27日、ハードスタジオ(ヴィンタートゥール/スイス)


Musiques Suisses/MGB Jazz 18
好評発売中


☆YouTubeにて、トリオの最新トレイラーをご視聴いただけます!

 
 
 

クレア・マーティン最新作!日本語解説書付国内仕様盤発売!

クレア・マーティン&レイ・ジェラート/ウィーブ・ガット・ア・ワールド・ザット・スウィングス   クレア・マーティン&レイ・ジェラート/ウィブ・ガット・ア・ワールド・ザット・スイングス
Claire Martin & Ray Gelato / We’ve Got A World That Swings

1. We’ve Got A World That Swings / 2. This Could Be The Start Of Something Big / 3. Now Baby Or Never / 4. More Than You Know / 5. C’est Si Bon! / 6. A Swingin’ Affair / 7. All I Do Is Dream Of You / 8. Come Dance With Me / 9. The Coffee Song / 10. Ornithology / 11. You Came A Long Way From St. Louis / 12. Something’s Gotta Give / 13. Smack Dab In The Middle

クレア・マーティン(vo)、レイ・ジェラート(sax, vo)、デヴィッド・ニュートン(p)、デイヴ・ウィトフォード(b)、セバスチャン・デ・クロム(ds, perc)

国内仕様盤
Linn Records/OAKD 524/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

輸入盤
Linn Records/AKD 524/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

■通算7度にわたるブリティッシュ・ジャズ・アウォードの受賞や大英帝国勲章(OBE)の受勲など輝かしい実績を誇り、「The First Lady of British Jazz(英国ジャズのファースト・レディ)」と称される英国最高のシンガー、クレア・マーティン。新たな録音では、イギリスのスウィング・ジャズの大御所、サクソフォーン奏者&シンガーの、レイ・ジェラートと共演!

■クレア・マーティンは、1995年録音のレイ・ジェラート・ジャイアンツのアルバム(BKD 034)にもゲスト参加しており、今回は2015年に行われた大規模なUKツアー後にそのまま録音されたもの。(2016年にも同じメンバーによるUKツアーは続きます!)選曲は、ビリー・ホリデイが歌った"Now Baby Or Never"を含む、豪華なアメリカン・ソング・ブック。レイ・ジェラートの華麗なるオリジナル、"A Swingin' Affair"もオススメ・トラックです。クレア・マーティンのノーブルな歌声とレイ・ジェラートのご機嫌なサックスが絶妙にマッチする、魅惑のヴォーカル&サクソフォーン・スウィングの世界にようこそ!

録音:2015年11月2日−4日、マスター・コード・スタジオ(ロンドン)


☆YouTubeにて、ライヴ版の「A Swingin' Affair」がご視聴いただけます!

 
 
 

STUNT最新コンピレーションCD付き特別仕様盤!完全数量限定 !アーロン・パークスのトリオ登場!

アーロン・パークス、トマス・フォネスベク、カーステン・バッゲ/グルーヴメンツ   アーロン・パークス、トマス・フォネスベク、カーステン・バッゲ/グルーヴメンツ
Aaron Parks, Thomas Fonnesbak, Karsten Bagge / Groovements

1. Winter Waltz 
2. Alcubierre’s Law 
3. Bolivia 
4. I’m On Fire 
5. Elutheria 
6. Tit Er Jeg Glad 
7. A Rabbit’s Tale 
8. Forever This Moment 
9. Shapes ‘n’ Colors 
10. You And The Night And The Music 

アーロン・パークス(p)、トマス・フォネスベク(b)、カーステン・バッゲ(ds)

■ニューヨーク・ジャズ・シーンの新世代ピアニストとして注目を浴びるアーロン・パークスが、Stunt Recordsに再び登場! 2009年に発売され大ヒットしたアンデルス・クリステンセン(アナス・クリステンセン)・トリオ(STUCD 09102)以来のStunt録音。2014年夏、「アーティスト・イン・レジデンス」としてデンマークに長期滞在したアーロン・パークスと、ラーシュ・ヤンソン・トリオのメンバーとしても活躍するベーシスト、トマス・フォネスベク、トーマス・クラウセンやボブ・ロックウェルらとの共演で知られるドラマー、カーステン・バッゲといったデンマークのミュージシャンが出会いスタジオ録音されたアルバム。

■メンバーそれぞれのオリジナル&共作に加え、シダー・ウォルトンの名ナンバー「Bolivia」から、カール・ニールセンの「Tit Er Jeg Glad(楽しいときが多くて)」(クラシック)、アーサー・シュワルツの「You And The Night And The Music」(ミュージカル)、ブルース・スプリングスティーンの「I’m On Fire」(ロック)、といった様々なジャンルからのアレンジも披露。北欧の地で繊細に紡がれる美しきピアノの旋律、柔らかなウッドベースと研ぎ澄まされたドラムスによる心地よきピアノ・トリオの真髄が込められている。

録音:2014年8月12日、Audiophon Vanlose(コペンハーゲン)


Stunt Records/STUM 25151〔コンピレーション盤付き特別仕様〕/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

華麗なる正統派ピアノ・トリオ! マルコ・マルコーニ・トリオ登場!

マルコ・マルコーニ・トリオ/ノルディック   マルコ・マルコーニ・トリオ/ノルディック
Marco Marconi Trio / Nordik



Too High Don't Try トゥー・ハイ・ドント・トライ / Nordik ノルディック / I Mean You アイ・ミーン・ユー / UK Journey UKジャーニー / Blizzard ブリザード / Take Five テイク・ファイヴ / Photos in Regent's Park フォトズ・イン・リージェンツ・パーク / Sunside サンサイド / I Got It Bad アイ・ガット・イット・バッド / Pecan Girl ペカン・ガール / Better With You ベター・ウィズ・ユー / Maple Leaf Rag メイプル・リーフ・ラグ

マルコ・マルコーニ・トリオ〔マルコ・マルコーニ(p)、アンドレア・ディ・ビアーゼ(b)、
エンツォ・ツィリッリ(ds)〕


■イタリアのピアニスト、マルコ・マルコーニが33 Recordsから登場!2012年からイギリスへと活動の拠点を移したマルコ・マルコーニによる正統派ピアノ・トリオ。イタリアの銘器ファツィオーリ・ピアノによる華麗なタッチ、心地良いリズムに小洒落たメロディー。ユニークでエキサイティングなオリジナルを中心に、セロニアス・モンクの「アイ・ミーン・ユー」、ポール・デズモンドの「テイク・ファイヴ」、デューク・エリントンの「アイ・ガット・イット・バッド」などの名曲が華を添え、スコット・ジョプリンの「メイプル・リーフ・ラグ」で締めくくる充実のプログラムです。


33 Records/33JAZZ 253/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

ハリー・アレン STUNT第2弾!今度はジョビン・アルバム!

ハリー・アレン/サムシング・アバウト・ジョビン   ハリー・アレン/サムシング・アバウト・ジョビン
Harry Allen / Something about Jobim


1. Dindi ジンジ
2. Chovendo na Roseira バラに降る雨*
3. Captain Bacardi キャプテン・バカルディ
4. Sue Ann スー・アン
5. Theme for Jobim テーマ・フォー・ジョビン*
6. Mojave モハーヴェ
7. Falando de Amor 愛の語らい
8. Antigua アンティグア
9. Angela アンジェラ
10. Voce Vai Ver ヴォセ・ヴァイ・ヴェール*
11. Tema Jazz テーマ・ジャズ

ハリー・アレン(ts)、エリオ・アウヴィス(p)、ホドウフォ・ストロエテール(b)、トゥッチ・モレーノ(ds)、スペシャル・ゲスト:ジョイス(vo* & g)

■ヤン・ラングレン・カルテットと共演した「クワイエットリー・ゼア」でStunt Recordsデビューを果たし、2014年のトップ・セラー・アルバムとなったアメリカ重鎮テナーの一人、ハリー・アレン。
Stunt第2弾では、"ボサノヴァの女王" ジョイス・モレーノをスペシャル・ゲストに迎え、ジョイス・バンドのお馴染みメンバー、エリオ・アウヴィス(ピアノ)、ホドウフォ・ストロエテール(ベース)、トゥッチ・モレーノ(ドラムス)といったブラジル・アーティストと共演したジョビン・アルバムが登場!

■これまでも複数のボサノヴァ・アルバムを発表し人気を博してきたハリー・アレンと、近年は毎年のように来日公演を行い、日本にブラジル音楽の魅力を届けてきたジョイス。20世紀ブラジル音楽を代表するミュージシャン、アントニ・カルロス・ジョビンの名曲を中心に、ジェリー・マリガン&ジョイスによる「テーマー・フォー・ジョビン」など、ジョビンにまつわるナンバーを哀愁たっぷりなテナーと充実のリズム・セクションで贈ります。

録音:2015年7月6日−7日、システムズ・トゥー・スタジオ(ニューヨーク)


Stunt Records/STUCD 15122/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

ロンドンで活躍するシンガー、田口朝子!書き下ろし日本語解説付き特別仕様!

田口朝子/シークレット・アンフォールディング   田口朝子/シークレット・アンフォールディング
Asako Taguchi / Secrets Unfolding


So May It Secretly Begin (P. Metheny / K. Lettau) ソー・メイ・イット・シークレットリー・ビギン/Chan's Song (H. Hancock / S. Wonder) チャンズ・ソング/Luiza (T. Jobim) ルイーザ/Save Your Love For Me (B. Johnson) セイヴ・ユアー・ラヴ・フォー・ミー/If I Should Lose You (R. Rainger / L. Robin) イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー/So in Love (C. Porter) ソー・イン・ラヴ/Dindi (A. C. Jobim) ジンジ/ Almost Like Being In Love (Lerner & Loewe) オールモースト・ライク・ビーイング・イン・ラブ/ Everything Must Change (Q. Jones / B. Ighner) エヴリシング・マスト・チェンジ

田口朝子(ヴォーカル)、エド・ジョーンズ(テナー&ソプラノ・サクソフォン、フルート)、イフィ・トレンティノ(ギター、ヴォーカル、アレンジメント)、ロス・スタンレー(ピアノ)、ジョナサン・テイラー(ピアノ、アレンジメント)、ティム・ラプソーン(ピアノ)、リアン・ボズルー(ベース)、デイヴ・オブライエン(ベース)、キース・マイケル(ドラム、プロデュース)、ラリー・マシャル(パーカッション)、フィリップ・ストレンジ(キーボード、プロデュース)

■ロンドンと日本で活動するシンガー、田口朝子のファースト・アルバムが33 Recordsから登場!
 田口朝子は、幼少から琴、クラシック・ピアノ、合唱で音楽に親しみ、大学時代にバンドでウェストコースト・ロックやポップスを歌ってから何十年の長いブランクのあとジャズに出会い歌を再開。セルジオ・メンデスやアル・ジャロウのバンドに在籍したシンガー、ケビン・トレーに師事し、近年はロンドンと日本を行き来しながら、様々な活動を行っている。

■静謐で魅惑的で神秘的な美しさと、秘密を明かすチャレンジ(心の開放)などの意味が込められた「シークレット・アンフォールディング」。パット・メセニー、ハービー・ハンコック、アントニオ・カルロス・ジョビン、コール・ポーター、クインシー・ジョーンズらの名曲をタイトルに沿って選曲し、儚い愛から悲哀と情熱、神秘性、諸行無常など歌詞を大切に歌っている。
 チェンズ・ソングのサンバ・アレンジやソー・イン・ラヴのタンゴ・アレンジもクオリティ高く、インコグニートやUS3で多数来日しているサクソフォン奏者、エド・ジョーンズ(33 Recordsではキラー・シュリンプの中心メンバーとしてもお馴染み)の参加もポイント。

録音:リヴィングストーン・スタジオ(ロンドン)、フル・トーン・スタジオ(ロンドン)、ココプラザ(大阪)

33 Records/33JAZZ 239J/日本語解説付き&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中


☆YouTubeでプロモーション映像をご覧になれます!

 
 
 

エンリコ・ピエラヌンツィとティナ・メイの共演!スペシャル・ゲストはトニー・コー!

ティナ・メイ・ミーツ・エンリコ・ピエラヌンツィ&トニー・コー/ホーム・イズ・ホエア・ザ・ハート・イズ   ティナ・メイ・ミーツ・エンリコ・ピエラヌンツィ&トニー・コー/ホーム・イズ・ホエア・ザ・ハート・イズ
Tina May meets Enrico Pieranunzi & Tony Coe - 'Home Is Where The Heart Is'


1.  Don't Forget The Poet, Please  4:20 
2.  A Nameless Gate  4:53 
3.  The Night Bird  4:57 
4.  With Every Smile Of Yours  2:45 
5.  Within The Hush Of Night  4:43 
6.  I Took Your Hand In Mine  4:07 
7.  Day Dream  7:06 
8.  Home Is Where The Heart Is  5:32 
9.  This Is New  2:40 

ティナ・メイ(Vocals)
エンリコ・ピエラヌンツィ(piano)
トニー・コー(soprano saxophone /tracks3&7)

■粒よりな英国ジャズを発信し続けるイギリス33Recordsから英国を代表する実力派シンガー、ティナ・メイが登場!今回が14枚目となるアルバムは日本でもファンが多いイタリアの人気ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィとの共演!ピエラヌンツィの曲を聴いたのちティナが歌詞を付けた好企画、そしてスペシャル・ゲストにはイギリスの巨匠トニー・コーを迎えた大注目のアルバムだ。
その仕上がりは、香り高く艶やかでティナ独特の歌唱と煌めくパーフェクト・ヴォイスが、空気感たっぷりと味わえる。表現力豊かなロ Don't Forget The Poet, Please。可憐なピアノにティナの深い中音域ヴォイスが美しい ワA Nameless Gate。そして、クリエイティヴに吹き荒れるソプラノ・サックス、トニー・コーと抜群にからむンThe Night Birdなど、美しいピアノタッチに浸透するティナ・ヴォイス。華麗なる中にもシンプルに完成度の高いエンリコ・ピエラヌンツィと華やかなティナ・メイを是非堪能していただきたい。


33 Records/33JAZZ 250/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

ストリングスと見事にマッチ 魅惑の潤いヴォイス

リヴ・フォイン・フリース/ウィズ・ストリングス   リヴ・フォイン・フリース/ウィズ・ストリングス
Live Foyn Friis/With Strings

1. Time Goes Too Slow (3:00)/ 2. Sailing (4:10)
 3. Lady Light (4:07)/ 4. Dementor (3:58)/ 5. You Go There First (5:48)/ 6. Ahaahee (4:44)/ 7. Can You Live (4:09)/ 8. Mermaid Song (3:35)/ 9. My Anchor (4:06)

リヴ・フォイン・フリース(Vocals &effects)、アレックス・ヨンソン(Guitar & effects & choir)、イェンス・ミッケル(Double bass & choir)、アンドレアス・スカンビー(Dr)、ロイゼ・ゴーム(vn)、アマリー・ケルゴー(vn)、ミッケル・シュレイバー(vla)、マリア・エドルンド(vc)、他

ヤング・ジャズ作曲家オブ・ザ・イヤーとデンマークのニュー・ジャズ・スターの賞を獲得。フォイン・トリオやいくつかのバンドでも活躍するシンガーソングライターのリヴ・フォイン・フリース!今回はストリングスを率いての作品で登場!
妖艶で個性的なルックスと潤うウィットヴォイスがストリングスに見事にマッチ。透明感だけではない言葉のメッセージのフレーズ感が全体を引き立て全体のイメージを印象づける。
ストリングスもリヴ・フォイン・フリースの柔和な雰囲気を包み込むようにソフトに響く。

2013年5月25日、26日 ライヴ録音

Curling Legs/CLPCD 139
好評発売中
 
 
 

STUNT最新コンピレーションCD付き特別仕様完全数量限定!トーマス・クラウセン新録音!

トーマス・クラウセン/ブルー・レイン   トーマス・クラウセン/ブルー・レイン
Thomas Clausen / Blue Rain

Leaves リーヴス / Blue Rain ブルー・レイン / Punk Monk パンク・モンク / Prelude To A Kiss キスへのプレリュード / Prism プリズム / Things You Are シングス・ユー・アー / Spring Is A Promise Of Fall スプリング・イズ・ア・プロミス・オヴ・フォール

トーマス・クラウセン(p)、トーマス・フランク(ts)、イェスパー・ルンゴー(b)、ビリー・ハート(ds)、セシリア・ハイク(vo/7)

■「北欧のビル・エヴァンス」こと、トーマス・クラウセンをリーダーに、トーマス・フランク、イェスパー・ルンゴーら北欧のスター・プレイヤー、そしてアメリカの大御所ビリー・ハートで新たに結成されたクァルテット。この新グループで2014年秋にコペンハーゲン・ツアーを行い、その際にスタジオ録音されたアルバムが登場!

■近年はブラジル音楽やタンゴにも傾倒していたトーマス・クラウセンだが、「ブルー・レイン」では彼が愛したメロディック・ジャズに回帰。5曲のオリジナル曲に、デューク・エリントンの「Prelude To A Kiss」、ゲスト参加したデンマークのシンガー、セシリア・ハイクの「Spring Is A Promise Of Fall」が加わり、クラウセンの魅力を凝縮したレイジーでリリカルな素晴らしきアルバムが完成した。

録音:2014年9月22日−23日、ミルファクチュリー・スタジオ(コペンハーゲン)

☆ スタントの魅力満載! 最新コンピレーション・アルバム付き限定盤!
☆ コンピ盤は、全24P最新フルカラー・カタログ付き!

Stunt Records/STUM 21051〔コンピレーション盤付き特別仕様〕/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中


☆YouTubeでプロモーション動画をご覧になれます!
 
 
 

エリエル・ラソ feat.ボブ・ミンツァー! 超グルーヴィーなキューバン・ファンク!

エリエル・ラソ&ザ・キューバン・ファンク・マシーン   エリエル・ラソ&ザ・キューバン・ファンク・マシーン
Eliel Kazo & The Cuban Funk Machine

DEJA VU / TABUENO / A VER QUE SALE / SUNNY BEACH RUMBA / LATE NIGHT ZOMBIE / EL VERDADERO AMOR / NEW SONGO / RHAPSODY IN ABAKUA / PINA COLADA

エリエル・ラソ(perc, vo)、ボブ・ミンツァー(ts)、カルロル・ペレス(tb)、アンドレーアス・ポールソン(hammond, B3 organ)、ミケル・ノアスー(g)、ペア・ゲーゼ(g)、ヤサー・ピノ(b)、ラシエル・ヒメネス(ds)
スペシャル・ゲスト:マヘラ・エレッラ(fl)、ユリエスキ・ゴンサレス(tp)、ヨハン・ラモン(timbales, choir)、ミケール・ハイセ(fender rhodes)

■北欧で活躍するキューバのパーカッショニスト、エリエル・ラソ。アメリカのジャズ・フュージョン界の巨星、ボブ・ミンツァーをフィーチャーし、北欧のアーティストを中心とする「キューバン・ファンク・マシーン」とともに、70年代のファンク&キューバンをトリビュート!

Stunt Records/STUCD 14132/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆YouTubeでプロモーション動画をご覧になれます!

 
 
 

ハリー・アレン Stunt初登場!ヤン・ラングレンとのワンホーン・カルテット!

ハリー・アレン&ヤン・ラングレン・カルテット/クワイエットリー・ゼア   ハリー・アレン&ヤン・ラングレン・カルテット/クワイエットリー・ゼア
Harry Allen & Jan Lundgren Quartet / Quiely There

Sure As You Are Born / Emily / The Shining Sea / Quietly There / A Time For Love / Cinnamon And Clove / The Shadow Of Your Smile / Just A Child / Suicide Is Painless

ハリー・アレン(ts)、ヤン・ラングレン(p)、ハンス・バッケンロス(b)、クリスチャン・レス(ds)

■スコット・ハミルトンを始めとする、アメリカのミュージシャンと北欧のミュージシャンの共演が特徴の1つでもあるデンマークのStunt Records。今作では、スタン・ゲッツを敬愛するアメリカのテナー、ハリー・アレンが登場。共演は、スコット・ハミルトンに続き、ヨーロッパ・ジャズ界の貴公子、ヤン・ラングレンのトリオ!

■「いそしぎのテーマ」として知られるThe Shadow Of Your Smileやズート・シムズの名演でも知られるタイトル曲Quietly Thereなど、全曲がジョニー・マンデルの作品。スウィング・ジャズやバップ・テナーの流れを汲むハリー・アレンの温かい音色、静かにそして深いブローを、ヤン・ラングレンの軽やかで知的なピアノがおしゃれに彩る、極上のサクソフォン・ジャズです。

録音:2014年7月11日−12日、STCレコーディング・スタジオ(コペンハーゲン)

国内仕様盤
Stunt Records/OSTUCD 14142/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き

輸入盤
Stunt Records/STUCD 14142/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

国内仕様盤・輸入盤 同時発売!クレア・マーティン最新作は、チェロ・クァルテットとの共演!

クレア・マーティン&モンペリエ・チェロ四重奏団/タイム・アンド・プレイス   クレア・マーティン&モンペリエ・チェロ四重奏団/タイム・アンド・プレイス
Claire Martin & The Montpellier Cello Quartet / Time and Place

1. My Ship マイ・シップ/2. Catch Me If You Can キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/3. She’s Leaving Home シーズ・リーヴィング・ホーム/4. Early To Bed アーリー・トゥ・ベッド/5. Featherfall フェザーフォール/6. The Man Who Sold The World 世界を売った男/7. `Round Midnight ラウンド・ミッドナイト/8. Lost For Words ロスト・フォー・ワーズ/9. My Man’s Gone Now うちの人は逝ってしまった/10. Two Grey Rooms トゥー・グレイ・ルームズ/11. Goodbye For Now グッドバイ・フォー・ナウ

クレア・マーティン(vo)、モンペリエ・チェロ四重奏団、ジョー・スティルゴー(p、vo)、ガレース・ウィリアムズ(p)、ジェレミー・ブラウン(b)、ローレンス・コトル(b)、ベン・レイノルズ(ds)

国内仕様盤
Linn Records/PAKD 423(SACD Hybrid Multichannel)/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

輸入盤
Linn Records/AKD 423(SACD Hybrid Multichannel)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

■通算7度にわたるブリティッシュ・ジャズ・アウォードの受賞や大英帝国勲章(OBE)の受勲など輝かしい実績を誇り、「The First Lady of British Jazz(英国ジャズのファースト・レディ)」と称される英国最高のシンガー、クレア・マーティン。最新録音は、2012年からパートナーシップを結ぶモンペリエ・チェロ四重奏団との共演。

■4本のチェロによるリッチで暖かいサウンドを聴かせるモンペリエ・チェロ四重奏団は、クラシックからポップス、タンゴ、ジャズまで多彩なレパートリーを誇り、現代作曲家からの委嘱も数多く受けるイギリスのアンサンブル。

■クレア・マーティンとモンペリエ・チェロ四重奏団は2014年秋に大きなUKツアーを控えており、「タイム・アンド・プレイス」は、ツアーに合わせて発売されるアルバム。セロニアス・モンクの「ラウンド・ミッドナイト」のような定番ジャズ・スタンダードから、ビートルズの「シーズ・リーヴィング・ホーム」、デイヴィッド・ボウイの「世界を売った男」、そしてジョージ・ガーシュウィンの「ポーギーとベス」より「うちの人は逝ってしまった」など、ポップス、ロック、ミュージカルなどの名曲を、毎度ながら見事にジャズにして歌うクレア・マーティンの歌唱力は見事。

■スペシャル・ゲストとしてピアノ&ヴォーカルで参加するジョー・スティルゴーは、「オペラ座の怪人」の脚本で有名なリチャード・スティルゴーの息子。

録音:2013年12月6日−7日&2014年1月20日、ブリティッシュ・グローヴ・スタジオ(ロンドン)
 
 
 

デヴィッド・ゴードン・トリオ 最新作!!1000枚完全限定 プレス盤!

デヴィッド・ゴードン・トリオ/スピークス・ラテン   デヴィッド・ゴードン・トリオ/スピークス・ラテン
David Gordon Trio /Speaks Latin

01.Quizas, Quizas, Quizas キサス・キサス・キサス/02.La Chipola ラ・チポーラ/03.Angelita Huenuman アンヘリータ・ウエヌマン/04.Duerme Negrito おやすみネグリート/05.Sambova サンボヴァ/06.Waltz for Bebel ワルツ・フォー・ベベウ/07.Baiao Malandro マランドロのバイヨン/08.Chorinho ショリーニョ/09.Piel Canela ピエル・カネラ/10.La Punalada ラ・プニャラーダ/11.Bajo un sauce Lloron しだれれ柳の下で/12.Deixa デイシャ/13.Tonada de la luna Llena 満月のトナーダ/14.Tico Tico no Fuba チコ・チコ・ノー・フバー
デヴィッド・ゴードン(p)、ジョンティ・フィッシャー(b)、ポール・カヴァキューティ(ds)

日本盤(当社発売分、DGT 005)のみの特別限定仕様!!
1.日本語書き下ろし解説付き!
(小川 隆夫氏)

2.完全限定プレス盤!! 1000枚完全限定!!
(海外流通盤はCD-R仕様です。プレス盤は当社発売分のみ!!

■リリカルで美しいメロディとタッチ。溢れ出るイマジネーションと止めどない創造力。ファースト・アルバム「ダズン・ア・デイ」のヒット、セカンド・アルバム「アンディミニッシュド」の大ヒットにより、日本でも大ブレイクを果たした超強力トリオ、デヴィッド・ゴードン・トリオ。前作「セカンド・ランゲージ」の発売から6年、待望の第5作目が登場!

■ベースがオレ・ラスムッセンからジョンティ・フィッシャーへと変わり新体制となったデヴィッド・ゴードン・トリオの新たなるプロジェクトは、ラテン音楽をテーマとした「スピークス・ラテン」。同プロジェクトに基づくニュー・アルバムには、チコ・チコなどお馴染みのラテン・ナンバーを中心に、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、チリ、各国のリズムを吸収。サンバ、ボサノヴァ、タンゴ、ショーロ、etc...あらゆるラテン・ミュージックからインスピレースションを得たデヴィッド・ゴードンのセンスが光る!

録音:2012年4月2日−4日、ロックフィールド・スタジオ(モンマス)

☆YouTubeでプロモーション動画をご覧になれます!
http://www.youtube.com/embed/hTfxFeqZINI

Nimbus/DGT 005/日本語書下ろし解説付き&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
デヴィッド・ゴードン・トリオ/スピークス・ラテン  
 
 
 

デンマークの巨星アレックス・リールと、その弟子ステファン・パスボルグのツイン・ドラム!

アレックス・リール&ステファン・パスボルグ/ドラムフェイス   STUNT創立30周年記念コンピレーションCD付き 完全数量限定 !

アレックス・リール&ステファン・パスボルグ/ドラムフェイス
Alex Riel & Stefan Pasborg / Drumfaces

1.Bernie's Tune バーニーズ・チューン/2.Byen Vagner 街の目覚め/3.Big Noise from Winnetka ビッグ・ノイズ・フロム・ウィネトカ/4.Lux ラックス/5.Giant Steps ジャイアント・ステップス/6.Stalagmites スタラグマイト/7.Lille Empum リレ・エンプム/8.Drumfaces ドラムフェイス

アレックス・リール(ds)、ステファン・パスボルグ(ds)、カーステン・ダール(Rhodes)、イェッペ・トゥクセン(org)、ニクラス・クヌーセン(g)、ヴェンネル・ポフヨラ(tp)、ペッター・ウェトレ(sax)、トーマス・フォネスバック(b)、トーマス・ヴァング(e-b)

■「ジャズの殿堂」と呼ばれたデンマークの老舗ジャズハウス、「カフェ・モンマルトル」を支えた守護神の一人であり、ベン・ウェブスターやケニー・ドリュー、デクスター・ゴードンなどとの共演によって世界に名を知らしめたデンマークの巨星ドラマー、アレックス・リール。90年代〜20世紀初頭のStunt Records中期を支えたリール10数年ぶりとなるStunt Recordsでの録音は、彼の弟子でもありデンマークの若手ドラマーの代表格、ステファン・パスボルグ(パスボー)とのツインドラム!

■ジェリー・マリガンの代表作「Bernie's Tune」で幕を開け、コルトレーンの名作「Giant Steps」や、リールの99年盤「リーレイティン」にも収録されている「Lille Empum」、リールとパスボルグの共作「Drumfeaces」など、スタンダードとオリジナルをバランス良く配置。カーステン・ダールを始めとした豪華ソリスト陣も聞き物だが、最初と最後の2曲は、二人のドラムの掛け合いが存分に楽しめる。
齢70を超えた巨匠リールと、30代のパスボルグ。パスボルグが3歳のときにリールがスネア・ドラムをプレゼントしているという深い交流を持ち、多くの共演で培った関係は、師弟の壁を越えた最高のパートナーとして確立している。

■1983年に創立、CDの歴史とともにデンマーク・ジャズを支え続けてきた、「デンマーク・ジャズの雄」Stunt Records(スタント・レコーズ)は2013年で記念すべき創立30周年を迎えた。この「ドラムフェイス」初回限定盤には、Stunt Recordsの30年の歴史を収めたスペシャル・コンピレーションCD(非売品)を封入!
特典盤は完全数量限定です。お早めにお求めください!

Stunt Records/STUM 22131(コンピレーションCD付き特別限定盤)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

ドン・チェリー発掘第2弾!未発売音源初CD化&初LP化!

ドン・チェリー/ライヴ・イン・ストックホルム   ドン・チェリー/ライヴ・イン・ストックホルム
Don Cherry/Live in Stockholm

Caprice/CAP 21832(CD)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

Caprice/CAP 21836(2LP)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

1, ABF組曲 第1部 ABF Suite, Part 1
2, ABF組曲 第2部 ABF Suite, Part 2
■録音:1968年9月2日、ABFハウス(Zホール)、ストックホルム

3, アナザー・ドーム・セッション Another Dome Session
■録音:1971日7月3日頃、ストックホルム近代美術館、バッキー・ドーム

ドン・チェリー(pocket trumpet, flutes, percussion, piano, vocals)、マフィー・ファライ(trumpet, flutes, percussion)、ベルント・ルーセングレン&トミー・クーヴェルヒュルト(tenor saxophones, flutes, percussion)、トゥルビョーン・ヒュルトクランツ(bass)、レイフ・ヴェンネシュトレム(drums)、ロルフ・オルソン(bass)、オカイ・テミズ(drums)

■2012年の大ニュースとなったドン・チェリーの幻の名盤「オーガニック・ミュージック・ソサエティ」の初CD化&LP復刻に続き、同じスウェーデンのCaprice Recordsより、ドン・チェリーの秘蔵初出音源が登場!

■オーネット・コールマンやアルバート・アイラーらと共にフリー・ジャズ黎明期を支えてきたアメリカのトランペッター、ドン・チェリー。1965年から1985年までスウェーデンに滞在し、インドや西アフリカなど、世界の音楽を取り入れた、「オーガニック・ミュージック」、「スピリチュアル・ジャズ」などと呼ばれる独自の音楽を作っていった。

■1968年、ABF(労働者教育協会)のホール、そして1971年にストックホルム近代美術館(the Museum of Modern Art)のドームで録音されたライヴは、トルコのトランペッター、マフィー・ファライ(Maffy Falay)を加え、トルコの旋律、トルコのリズムを組み込んだエスニック・ジャズが特徴(もちろん、トルコ以外の要素も盛り沢山)。国境も音楽の壁も乗り越え、自由と驚きの詰まったドン・チェリーの音楽が、45年の封印を破りついに世に現れる。

 
 
 

クレア・マーティン最新作!アーヴィング・バーリン・ソングブック!

クレア・マーティン&リチャード・ロドニー・ベネット/セイ・イット・イズント・ソー   クレア・マーティン&リチャード・ロドニー・ベネット/
セイ・イット・イズント・ソー
Say it isn't so/Claire Martin & Richard Rodney Bennett

1. ステッピン・アウト/2. チェンジ・パートナーズ/3. ゲット・ジー・ビハインド・ミー・サタン/アイ・ガット・ロスト・イン・ヒズ・アームズ/4. ヒー・エイント・ガット・リズム/5. ラヴ・ユー・ディドント・ドゥ・ライト・バイ・ミー/6. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン/7. ロンリー・ハート/8. シェイキン・ザ・ブルース・アウェイ/ブルー・スカイ/9. ベター・ラック・ネクスト・タイム/10. セイ・イット・イズント・ソー/11. ホワットル・アイ・ドゥ?/12. ウェイティング・アット・ジ・エンド・オブ・ザ・ロード

クレア・マーティン(vo)、リチャード・ロドニー・ベネット(p, vo, arr)

輸入盤
Linn Records/AKD 454/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

国内仕様盤
Linn Records/OAKD 454/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

■2013年のブリティッシュ・ジャズ・アウォードでも「Best New Album賞」を受賞し(通算7度目の受賞!)、「The First Lady of British Jazz(ブリティッシュ・ジャズのファースト・レディ)」と称される英国最高のシンガー、クレア・マーティン。
生涯の友人として、20年以上にわたって共演を続けてきたリチャード・ロドニー・ベネットとの共作第3弾が登場!
2012年末に惜しまれながらも亡くなったサー・リチャード・ロドニー・ベネットは、映画音楽からクラシック、ジャズの作曲家、そしてジャズ・ピアニスト、シンガー・ソングライターとしても活躍したイギリスを代表する音楽家。

■サイ・コールマンの名曲を歌った前作「ウィッチクラフト(AKD 359)」に続き、今作はアメリカン・ポピュラー・ソングの始祖、アーヴィング・バーリンのソングブック! 「アメリカのシューベルト」「ブロードウェイ四天王のひとり」と称されたロシア生まれ、アメリカ育ちの天才バーリン。アメリカでは「第二の国家」と呼ばれる「ゴッド・ブレス・アメリカ」で、また日本を含む世界では「レコード史上もっとも売れた歌曲」とされる「ホワイト・クリスマス」で広く知られ、ポピュラー・ソングから、ミュージカル、映画音楽まで、3000を超す作品を残している。

■クレア・マーティンとロドニー・ベネットの「バーリン・プロジェクト」は、2011年に「キャバレー・ミュージックの殿堂」ニューヨークのアルゴンキン・ホテルという最高のステージで3週間にわたって行われた。そのショーの成功を契機に、録音されたこの、バーリン・ソングブック。全編ベネットによる巧みなアレンジが施され、「なにを歌ってもジャズになる」と言われるクレア・マーティンのテクニックによって、素晴らしきバーリン・ジャズの世界を垣間見ることができる。
生前のベネットも、このアルバムがリリースされることを大変喜んでいたという。イギリス最高のコンビで贈る、アメリカの偉大なる才能。必然的にR・R・ベネットへの追悼盤ともなるであろう。

録音:2011年8月22日、アバター・スタジオ(ニューヨーク)

ここがポイント♪
♪英国最高のシンガー、クレア・マーティン最新作!
♪イギリス音楽界の重鎮R・R・ベネットとのデュオ第3弾!
♪市川正二氏書き下ろし解説!
♪「アメリカのシューベルト」、「ブロードウェイ四天王のひとり」と称されたアーヴィング・バーリンの歌曲集!
 
 
 

"デンマーク・ジャズの雄" STUNTアナログ盤始動!第1弾はスコット・ハミルトン

スコット・ハミルトン/スウェディッシュ・バラード&モア   スコット・ハミルトン/スウェディッシュ・バラード&モア
Swedish Ballads... & More/Scott Hamilton

輸入CD盤
Stunt Records/STUM 22031〔コンピレーション盤付き特別仕様〕/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

1.Dear Old Stockholm ディア・オールド・ストックホルム / 2.Swing In F スウィング・イン・F / 3.You Can't Be In Love With A Dream ユー・キャント・ビー・イン・ラヴ・ウィズ・ア・ドリーム / 4.Trubbel トラブル / 5.Stockholm Sweetnin' ストックホルム・スウィートニン / 6.Min soldat マイ・ソルジャー / 7.Blues i oktaver オクターヴ・ブルース

☆ スタントの魅力満載! 最新コンピレーション・アルバム付き限定盤!
☆ コンピ盤は、全36P最新フルカラー・カタログ付き!


輸入LP盤
Stunt Records/STULP 13021(LP)
好評発売中

SIDE A
1.Dear Old Stockholm ディア・オールド・ストックホルム
2.You Can't Be In Love With A Dream ユー・キャント・ビー・イン・ラヴ・ウィズ・ア・ドリーム
3.Stockholm Sweetnin' ストックホルム・スウィートニン

SIDE B
1.Swing In F スウィング・イン・F
2.Trubbel トラブル
3.Min soldat マイ・ソルジャー

☆待望のアナログ盤が登場! ドイツ・プレスの180g重量盤LP!
☆定評のあるStuntのサウンド・クオリティは、LPでも抜群!


スコット・ハミルトン(ts)、ヤン・ラングレン(p)、イェスパー・ルンゴー(b)、クリスチャン・レス(ds)

◆アメリカの超重鎮、スコット・ハミルトンが再びStunt Recordsに登場! ハミルトンのスウェーデンに対する愛情と情熱は初訪問以来30年以上続いており、その間に多くの友人とファン、そしてスウェーデンの叙情を培っている。
◆豪華なリズム・セクションは、大ヒットとなったハミルトンのStunt1作目「ライヴ・アット・ネフェルティティ」に参加したヤン・ラングレン&クリスチャン・レス、2作目「スコット・ハミルトン・ミーツ・イェスパー・シロ」に参加したイェスパー・ルンゴーといった北欧の精鋭たち!
◆スタン・ゲッツによりジャズ・スタンダードとして世界に広まったスウェーデン民謡「ディア・オールド・ストックホルム」や、クインシー・ジョーンズ若き日の佳作「ストックホルム・スウィートニン」を始め、いずれも「スウェディッシュ・バラード」となる楽曲で構成。美しいメロディーと暖かな伴奏にスコット・ハミルトンの持ち味が増幅され、味わい深いバラードに、更なるコクが加わってゆく。

録音:2012年12月、STCスタジオ(コペンハーゲン)

 
 
 
エッダ・マグナソン   エッダ・マグナソン
EDDA MAGNASON

エッダ・マグナソン(vo,p,key)、トマス・エブレリウス(vln,vo)、マーティン・エリクソン(b)
ヨナス・アンドレ(key,e.b,vo)、ニルス・ベルク(b.cl)、エメリ・アンドレ(vo)

■ジャケットから受けるエレガントな印象が、自信に満ち溢れた風格も感じさせるスウェーデンの若き女性シンガー・ソング・ライター、エッダ・マグナソンのデビュー・アルバム。北欧の空気を感じさせる清楚でクリアな歌声、ポップス的な曲でみせるキュートな歌声、哀愁漂うバラードをしっとりと歌い上げる歌唱力や超高速で展開するスキャット歌唱など、多彩な声質と圧倒的な歌唱力からはこれがデビュー作とは思えない質の高さをを実感できる。

Caprice/CAP 21812/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 

ジャンルの枠を越えたゴージャスでスペシャルなクロス・オーヴァー・アルバム登場 ! !

カティア・ラベック/シャープ・オブ・マイ・ハート   カティア・ラベック
KATIA LABEQUE

シェイプ・オブ・マイ・ハート
SHAPE OF MY HEART

録音:1995年、2009年
カティア・ラベック(p)
feat:スティング(vo)、チック・コリア(p)、ハービー・ハンコック(p)
ゴンサロ・ルバルカバ(p)、ダヴィッド・シャルマン(vo,g)


■アルバム・タイトルにもなっているスティングの「シェイプ・オブ・マイ・ハート」で絡み合うヴォーカルとピアノ。チック・コリアとのデュオが紡ぐあまりにも儚く美しいビル・エヴァンスの「ウィ・ウィル・ミート・アゲイン」。そしてハービー・ハンコックとのデュオで贈るジャズのスタンダード・ナンバー「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」や、ルバルカバとカティア、そしてラテンのリズムとジャズのインプロヴィゼーションがドラマチックに出会った「ベサメ・ムーチョ」など、収録12トラックはどれも甲乙つけがたい眼から鱗の演奏ばかり。

■収録曲は他にも、英国のロック・バンド“レディオヘッド”の作品「イグジット・ミュージック」や、ビートルズの作品「ビコーズ」、カティアのピアノ・ソロではショパンや、エリック・サティの作品も収録するなど多彩。メロディアスな曲の中から垣間見られる内に秘めた熱い情熱と独創的な表現力が聴き手の想像力を掻き立てる。ジャンルの枠を越えたゴージャスでスペシャルなクロス・オーヴァー・アルバムの登場です!

KML SONIC INVADERS/KML 2119/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
トップページトピックスクラシックワールド&ポップスジャズ
アーティスト特集商品案内レーベル情報会社概要お問い合わせ