CLASSIC

 

アン・アキコ・マイヤース&江口玲!現代のリーディング・コンポーザーたちとコラボ!

鏡の中の鏡   鏡の中の鏡
1. グラス:メタモルフォーシスU(1988)§/2. ペルト:フラトレス(1977)、3. 鏡の中の鏡(1978)/4. ラヴェル:ツィガーヌ(1924/オリジナル・リュテアル版)/5. コリリアーノ:ナタリーのための子守歌(2010)§/6. ヤクブ・チュピンスキ:エド・ララバイ(2018)(ヴァイオリン/エレクトロニクス)§、7. 海の底のウンブリア号(2009)(ヴァイオリン/エレクトロニクス)§/8. ローリゼン:おお, 大いなる神秘(1994)§ /(§=世界初録音orこのバージョンによる世界初録音

アン・アキコ・マイヤース(ヴァイオリン)、江口玲(ピアノ/1, 2, 3, 5)、エリザベス・プリジェン(キーボード/4)、ヤクブ・チュピンスキ(リュテアル・リプロダクション/4)、クリスチャン・ヤルヴィ(指揮/8)、フィルハーモニア管弦楽団(8)
Mirror in Mirror / Akiko Meyers(vn), Akira Eguchi(p), Kristjan Jarvi, Philharmonia
Orchestra

■ドイツ系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたアン・アキコ・マイヤースは、11歳でロサンジェルス・フィルと共演し以降世界中のトップ・オーケストラと共演。これまで35枚のアルバムをレコーディングし、複数のアルバムが米ビルボードのクラシカル・チャートで第1位に輝き、2014年にはビルボードのもっとも売れているクラシック器楽奏者にも選ばれています。ラウタヴァーラの新作とシマノフスキのヴァイオリン協奏曲を収録した「ファンタジア(AV 2385)」でAvieから久しぶりのリリースを行い新たな伝説を更新したアン・アキコ・マイヤース。続くAvieリリース「鏡の中の鏡」は、フィリップ・グラス、アルヴォ・ペルト、ジョン・コリリアーノ、ヤクブ・チュピンスキ、モートン・ローリゼンといった現代のリーディング・コンポーザーたちとのコラボレーション。グラスのメタモルフォーシスUはマイヤースの委嘱による新アレンジ。コリリアーノの「ナタリーのための子守歌」は、マイヤースの最初の娘の誕生を記念して書かれた作品。ポーランドの作曲家ヤクブ・チュピンスキの2作品は、アコースティック楽器とエレクトロニクスを融合させたもので、エド・ララバイ(江戸の子守歌)は日本の伝統的な旋律が使われています。ローリゼンの代表作「おお, 大いなる神秘」は作曲者自身によって編曲されたヴァイオリンと管弦楽のためのバージョン。また、前作「ファンタジア」にも収録していたラヴェルの「ツィガーヌ」は、今作ではチュピンスキによるエレクトロニクスによって、オリジナルのピアノ・リュテアル(リュートやチェンバロ、ツィンバロン、ハープなどのような音が出せるピアノ)のサウンドを再現しています。もちろん、前作でも共演したクリスチャン・ヤルヴィ、これまでも来日公演やレコーディング等で共演してきた江口玲といった豪華共演陣もポイントです。

録音:2018年5月3日、ニューヨーク(1, 2, 3, 5)/2016年5月31日、ニューヨーク(4, 6, 7)/2016年5月9日、ロンドン(8)

Avie/AV 2386/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてご試聴いただけます!
 
 
 

ドナルド・フレイザー第2弾!様々な作品のオーケストラ・アレンジ集!

ソングス・フォー・ストリングス   ソングス・フォー・ストリングス
エルガー:ザ・クイーンズ・ホール†/ダウランド:時間は静止して*/パーセル:グラウンド ハ短調*/ロッティ:十字架につけられ給いて*/ポルポラ:フーガ ト長調*/ヴィヴァルディ:ラルゴ(2本のチェロのための協奏曲 RV.531より)*/デイヴィッド・フレイザー(Piper to the Laird Lovat):ラヴァト卿の嘆き*/リスト:暗い雲*/スクリャービン:カノン*/ラヴェル:ヴァルス(ボロディン風に)*/エルガー:プリーディング†、子は眠っている†、メアリー女王のリュート・ソング†/ドナルド・フレイザー:弦楽のためのエピローグ(クリスマス・シンフォニーより アーメン)*/マラン・マレ:ソネリー

ドナルド・フレイザー(指揮)、イギリス交響楽団*、イギリス室内管弦楽団†
Songs for Strings / Donald Fraser(cond), English Symphony Orchestra, English Chamber Orchestra


■ドナルド・フレイザーは、イギリス出身、王立音楽カレッジで作曲と指揮を学び、2年生で5つすべての作曲賞を受賞。19歳から映画とテレビの作曲を開始。テレビ、映画、劇場等の作曲&プロデューサーとしてキャリアを積み、30以上のドキュメンタリー、いくつかの長編映画とテレビ・シリーズ、120以上のコマーシャル、ラジオ・ドラマやコンサートホールのためのスコアを作曲。現在はアメリカに移住し活動しています。

■2016年にAvieから発売された「エルガー:ピアノ五重奏曲(管弦楽版)&歌曲集 《海の絵》(合唱と管弦楽版)」(AV 2362)のアレンジは、イギリスのクラシカル・チャートでトップ10に掲載されるなど話題を呼びました。続く、ドナルド・フレイザーのAvie第2弾では、ダウランドやパーセルから、ヴィヴァルディ、エルガー、リスト、ラヴェル、スクリャービンなどの様々な歌曲、器楽曲を管弦楽版へとアレンジ。英国アカデミー賞受賞作曲家のドナルド・フレイザーが華麗なオーケストレーションを施した珠玉の小品集です。オーケストラ・アレンジ・ファン要チェック!

録音:2018年4月5日、アビー・ロード・スタジオ2*/2013年7月31日、アビー・ロード・スタジオ1†/2018年5月27日、バーン・スタジオ(アメリカ)

Avie/AV 2391/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆Youtubeにてご試聴いただけます!

 
 
 

イッサーリス来日記念盤!エラール1851伴奏のショパン&シューベルト!

ショパン:チェロ・ソナタ&シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ   ショパン:チェロ・ソナタ&シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ
ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 Op.3/オーギュスト・フランショム:夜想曲ハ短調 Op.15-1/ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 Op.65、あるべきものなく Op.74-13(イッサーリス編曲)/シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ イ短調 D821、夜と夢 D827(イッサーリス編曲)

スティーヴン・イッサーリス(チェロ)、デーネシュ・ヴァールヨン(ピアノ/エラール1851)
Chopin: Cello Sonata & Schubert: Arpeggione Sonata / Isserlis(vc), Varjon(Erard piano)

■イギリスが誇る世界的名チェリスト、スティーヴン・イッサーリス。ショパンの「チェロ・ソナタ」、そしてシューベルトの「アルペッジョーネ・ソナタ」という至高の名曲アルバムが、2018年11月の来日公演を記念して国内仕様盤で登場! 伴奏は、「シューマンのチェロ作品集(CDA 67661)」の名盤で共演したハンガリーの名手、デーネシュ・ヴァールヨンが弾く、1851年製のエラール・ピアノ。ボーナス・トラックとして、イッサーリスが編曲したショパンとシューベルトの歌曲からのアレンジメントが収録されているところも嬉しいポイント。英国王立音楽アカデミーより貸与されたストラデヴァリウス1726 "Marquis de Corberon"を華麗に操るイッサーリスの馥郁たるショパン&シューベルトにご期待あれ!

録音:2017年12月3日−5日、コンサート・ホール、ワイアストン・エステイト(モンマス)

日本語解説書付き国内仕様盤
Hyperion/PCDA 68227/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:スティーヴン・イッサーリス(日本語訳:生塩 昭彦)
好評発売中

輸入盤
Hyperion/CDA 68227/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

スティーヴン・イッサーリス 2018年来日公演スケジュール
11月2日(金) 神奈川区民文化センター かなっくホール
11月3日(土)、4日(日) 長久手市文化の家
11月6日(火) 王子ホール
11月9日(金)、10日(土)、11日(日) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
 
 
 

リシャール=アムラン来日記念盤!OSMコンマスとのベートーヴェン始動!

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集Vol.1   ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集Vol.1
ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 Op.30-1/ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30-2/ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3

アンドルー・ワン(ヴァイオリン/1744年製ミケランジェロ・ベルゴンツィ)、シャルル・リシャール=アムラン(ピアノ)
Beethoven: Violin Sonatas Vol.1 / Andrew Wan(vn), Charles Richard-Hamelin(p)

■2015年第17回ショパン国際ピアノ・コンクールで第2位とソナタ賞(クリスチャン・ツィメルマン賞)に輝き、ワールドクラスのピアニストとして、一躍のその名と存在感を高めたカナダの若き名ピアニスト、シャルル・リシャール=アムラン。2016年以来、毎年来日公演も行っており、各公演で絶大な反響を呼んできました。2018年には1月と5月にも来日し、3度目となる9月には待望のコンチェルト・ツアーも行われます。ショパンの「後期ピアノ作品集」(PAN 29127/AN29127)、ケベック・ライヴ・アルバム(PAN 29129/AN 29129)に続く、アナレクタ(Analekta)からのサード・アルバムは、モントリオール交響楽団(OSM)のコンサートマスターを務める名手、アンドルー・ワンと共演したベートーヴェンが登場!

■アンドルー・ワンは、ジュリアード音楽院を卒業し、現在はマギル大学のシューリック音楽スクールでヴァイオリンの助教授を務めるとともに、OSMチェンバー・ソロイスツの芸術監督、プリンス・エドワード・カウンティ室内楽音楽祭の芸術監督も務めています。カナダの名門オーケストラ、モントリオール交響楽団では2008年よりコンサートマスターに任命され、世界的な指揮者、独奏者たちと共演してきました。Analektaレーベルからは、ケント・ナガノ指揮のモントリオール交響楽団との共演による、サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲全集(AN 28770)のライヴ・レコーディングをリリースしています。アンドルー・ワンとシャルル・リシャール=アムラン、今をときめくカナダの超強力デュオが、楽聖ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音を始動。第1弾では、静かな側面を示しているソナタ第6番、激しい苦悩を露わにしたソナタ第7番、そしてユーモアと魅力に溢れたソナタ第8番といった、ベートーヴェンの様々な側面を映し出した作品30の3曲で、楽聖の豊かな個性を描きます。


録音:2018年2月28日&3月1日−2日、サン=トーギュスタン教会(ケベック、カナダ)

日本語解説書付き国内仕様盤
Analekta/PAN 28794/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:フローランス・ブラッサール(日本語訳:生塩昭彦)
好評発売中

輸入盤
Analekta/AN 28794/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

シャルル・リシャール=アムラン 2018年9月来日公演情報!
2018年9月1日(土)  福岡 北九州芸術劇場(九州交響楽団/田中裕子指揮)
2018年9月2日(日)  福岡 アクロス福岡シンフォニーホール(九州交響楽団/田中裕子指揮)
2018年9月6日(木)  東京 サントリーホール(東京都交響楽団/アントニ・ヴィト指揮)
2018年9月9日(日)  神奈川 ハーモニーホール座間(N響の仲間たち −弦楽五重奏− )
2018年9月14日(金)  大阪 ザ・シンフォニーホール(大阪交響楽団/佐藤俊太郎)
 
 
 

猿渡光子のEt'cetera第2弾 ウィルヘルム・ベルガー世界初録音!

ウィルヘルム・ベルガー:ピアノ独奏作品集   ☆レコード芸術2018年9月号新譜月評「特選盤」!

ウィルヘルム・ベルガー:ピアノ独奏作品集
ピアノ・ソナタ Op.76/独自のテーマによるピアノのための変奏とフーガ Op.91 (全曲世界初録音)

猿渡光子(ピアノ)
Wilhelm Berger: Piano Solo Pieces / Mitsuko Saruwatari(p)


■スヴェーリンク音楽院で名匠ヴィレム・ブロンズに師事し、現在はオランダをベースに、ソロ、室内楽(ウリエル・アンサブルのメンバー、他)のピアニストとして活動する猿渡光子。レコード芸術で「特選盤」に選ばれた「シューマン(PKTC 1539)」に続くEt'cetera第2弾は、ドイツ後期ロマン派のコンポーザー=ピアニスト、ウィルヘルム・ベルガー(1861−1911)のピアノ作品集。

■ウィルヘルム・ベルガーはマイニンゲン宮廷楽団の常任指揮者を務め、管弦楽曲、ピアノ曲、そして声楽曲など100曲以上の作品を生み出し、それらがほとんどすべて出版されました。また、ベルガーのピアノ作品は高い技術が要求されることから、ベルガー自身が素晴らしいピアノ・テクニックの持ち主であったことを証明しています。対位法を完璧に使いこなし、バッハ、ベートーヴェン、シューマン、ブラームスという伝統の流れをそのまま受け継ぐベルガーのエレガントな「ピアノ・ソナタ」と創造性溢れる「変奏曲」を、猿渡光子の優れた解釈で贈ります。

録音:2017年7月11日−13日、デ・ドゥーレン(ロッテルダム、オランダ)

Et'cetera/KTC 1599/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにてご試聴いただけます!

 
 
 

ブラームスのピアノ協奏曲第2番!要注目のオーケストラ・ヴァージョンが登場!

ブラームス(ケネス・ウッズ編曲):ピアノ四重奏曲第2番イ長調 Op.26(オーケストラ版)   ブラームス(ケネス・ウッズ編曲):ピアノ四重奏曲第2番イ長調 Op.26(オーケストラ版)

ケネス・ウッズ(指揮)、イギリス交響楽団
Brahms: Piano Quartet No.2/Kenneth Woods(cond), English Symphony Orchestra


■ハンス・ガルの「交響曲全集」や、エルガーの「ピアノ五重奏曲」のオーケストラ版など、珍しいレパートリーに精力的に取り組み続けているイギリスの実力派指揮者ケネス・ウッズが、ブラームスの「ピアノ四重奏曲第2番」を"オーケストラ版"に編曲し、自身のタクトでレコーディングを行いました!

■2008年にイタリアのイスキア島で行われたチェンバー・ミュージック・フェスティヴァルで講師を務めた際、同地の明るい青い海、エポメオ山の雲の無い空からインスピレーションを得たケネス・ウッズ。「ピアノ四重奏曲第2番」のオーケストレーションが完成するまで、シェーンベルク編曲の「ピアノ四重奏曲第1番」のスコアや演奏を手に取らないと決めたケネス・ウッズによる編曲は、第1楽章冒頭のホルン四重奏が「交響曲第2番」を連想させるなど、ブラームス自身の作風、サウンドを彷彿とさせる仕上りとなっています。ブラームス・ファン、アレンジ作品ファン要注目のプロジェクトです!

録音:2017年11月19日、ワイアストン・コンサート・ホール(モンマス、イギリス)

Nimbus/NI 6364JP(日本限定仕様/完全限定生産/工場プレスCD)/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆ イギリスの実力派指揮者、ケネス・ウッズがブラームスの「ピアノ四重奏曲第2番」をオーケストラ・ヴァージョンにアレンジ!
☆ 自らの指揮による世界初録音が実現!
☆ 工場プレスCDの【NI 6364JP】は日本限定企画、完全限定生産となります!
 
 
 

鬼才イヴァン・フィッシャー&BFOメンデルスゾーン「夏の夜の夢」!

フェリックス・メンデルスゾーン:劇付随音楽 《真夏の夜の夢》 Op.61   ☆レコード芸術2018年8月号新譜月評「特選盤」!
☆朝日新聞夕刊「for your Collection」掲載!
他、各誌好レビュー続々掲載!


フェリックス・メンデルスゾーン:劇付随音楽 《夏の夜の夢》 Op.61*
ファニー・メンデルスゾーン:五月の夜 Op.9-6†、遠い過去 Op.9-2†、ゴンドラの歌 Op.1-6†

イヴァン・フィッシャー(指揮)、ブダペスト祝祭管弦楽団、アンナ・ルツィア・リヒター(ソプラノ/第一の妖精)*†、バルバラ・コゼリ(アルト/第二の妖精)*、プロ・ムジカ女声合唱団ニレジハーザ*
Mendelssohn: Midsummer Night's Dream / I.Fischer(dir), Budapest Festival Orchestra


■ハンガリーの鬼才イヴァン・フィッシャーと、ハンガリーの奇跡のオーケストラ、ブダペスト祝祭管弦楽団(BFO)。その独特の解釈と圧倒的なパフォーマンス、そしてフル・オーケストラの超優秀録音で高い評価を集め、2017年のレコード・アカデミー賞で見事、「特別部門 録音」賞に輝いたChannel Classicsとイヴァン・フィッシャーの録音プロジェクト。最新録音では、西洋音楽史の中でもっとも人気のある管弦楽作品のひとつであるメンデルスゾーンの傑作、シェイクスピアの戯曲を題材とした劇付随音楽「夏の夜の夢」が登場!

■ソリストと合唱は2015年の公演と同じ、ドイツのアンナ・ルツィア・リヒター、スロヴェニアのバルバラ・コゼリ、そしてハンガリーが誇るカンテムス・ファミリーの合唱団、「プロ・ムジカ女声合唱団」が参加。また当時の公演と同じように、フェリックスの姉、ファニー・メンデルスゾーン(ファニー・ヘンゼル)の歌曲を併せて収録している点もポイントです。

日本語解説書付き国内仕様盤
Channel Classics/RCCSSA 37418(SACD Hybrid Multichannel)/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:イヴァン・フィッシャー、クレメンス・ロメイン(日本語訳:SOREL)
好評発売中

輸入盤
Channel Classics/CCSSA 37418(SACD Hybrid Multichannel)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆2018年7月23日(月)朝日新聞夕刊「for your Collection」 掲載!
https://www.asahi.com/articles/DA3S13453966.html?iref=pc_ss_date
☆レコード芸術2018年8月号新譜月評「特選盤」! (p.117)
☆Stereo2018年8月号「今月の特選盤」! (p.158)
☆音楽の友2018年8月号Disc Selection「今月の注目盤」! (p.14)
☆ぶらあぼ2018年8月号「New Disc Selection」掲載! (p.154)
☆CDジャーナル2018年8月号「New Discs」掲載!(p.110)
☆レコード芸術2018年7月号「先取り!最新盤REVIEW」掲載!(p.88)
 
 
 

朝川万里新録音!作曲者絶賛のエリオット・カーター!

ザ・フロー・オヴ・ミュージック 〜 カーター&バビット:ピアノ作品集   ☆レコード芸術2018年8月号新譜月評「特選盤」!
☆当社取り扱い分限定、日本語解説付き!


ザ・フロー・オヴ・ミュージック 〜 カーター&バビット:ピアノ作品集
カーター:マトリビュート(2007)、90+(1994)、2つのダイバージョンT, U(1999)、ナイト・ファンタジー(1980)、ピアノについての2つの視点 〜 断続(2005)&カテナリー(2006)/バビット:ポスト・パーティション(1966)、オーバータイム(1987/世界初録音)

朝川万里(ピアノ)
The Flow of Music - Piano Works of Carter & Babbitt / Mari Asakawa(p)

■現代音楽を中心に日欧米で活躍するピアニスト、朝川万里の新録音が、アメリカのCentaur Recordsより登場!朝川万里はジュリアード音楽院とエール音楽大学院で学び、イタリアでミケランジェリの高弟であるブルーノ・メッツェーナに師事。現在は現代音楽の世界を追求し、特にアメリカを代表する作曲家エリオット・カーター(1908−2012)の作品の演奏や研究に取り組んでいます。

■今回リリースされる「The Flow of Music」には、エリオット・カーターと、カーターの友人でありライバルでもあったミルトン・バビット(1916−2011)の作品を収録。2012年にニューヨークのカーネギー・ホールで行われたカーターのリサイタルでは、来場していたエリオット・カーター本人からも絶賛されたという朝川万里。作品を深く理解した朝川万里の両手によって、高度な技術や複雑なリズム感が求められる難曲から、豊かなフレーズの流れが引き出されます。
※録音:2017年9月8日−12日、パトリッチ・サウンド・スタジオ


Centaur Records/CRC 3646S/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆YouTubeにて、レコーディング・セッションがご覧いただけます!
 
 
 

ファビオ・ビオンディが弾くパガニーニ!?ヴァイオリンとギターのためのソナタ集!

パガニーニ:ヴァイオリンとギターのためのソナタ集   パガニーニ:ヴァイオリンとギターのためのソナタ集 ――
ソナタ第6番イ長調(チェントーネ・ディ・ソナーテより)/ソナタ第12番ニ長調(チェントーネ・ディ・ソナーテより)/協奏的ソナタ イ長調/ソナタ第14番ト長調(チェントーネ・ディ・ソナーテより)/ソナタ第2番ニ長調(チェントーネ・ディ・ソナーテより)/ソナタ第7番ヘ長調(チェントーネ・ディ・ソナーテより)/ソナタ第4番イ短調(6つのソナタ Op.3より)

ファビオ・ビオンディ(ヴァイオリン/フェルディナンド・ガリアーノ1767年製)
ジャンジャコモ・ピナルディ(ロマンティック・ギター/モーシャン・フレール1825年製)
Paganini: Sonatas for violin and guitar / Biondi(vn), Pinardi(g)

■グロッサ(Glossa)に録音の場を移し、カルダーラ、ベッリーニ、ヘンデルなどの貴重なオペラ、オラトリオを現代に蘇らせ、同時にテレマンやルクレールなど素晴らしきヴァイオリン作品のレコーディングでも圧倒的評価を獲得してきたイタリア古楽界の巨匠ファビオ・ビオンディ。記念すべきグロッサ10枚目の録音となるのは、なんとニコロ・パガニーニ(1782−1840)の音楽! 19世紀のヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニストとして名を馳せ、ヴァイオリン作品の他に、多くのギター作品も書いたパガニーニ。2楽章からなる「チェントーネ・ディ・ソナタ」からの作品を中心に、ヴァイオリンとギターが軽快に対話する人気曲「ソナタ・コンチェルタータ」など、1804年から1828年頃までに書かれたヴァイオリンとギターのための作品を収録。1825年頃に作られたオリジナルのロマンティック・ギターを弾くのは、長年エウローパ・ガランテのメンバーを務める撥弦楽器のスペシャリスト、ジャンジャコモ・ピナルディ。巨匠ファビオ・ビオンディが弾く、技巧的で愉悦に満ちたパガニーニ。ヴァイオリン・ファンもギター・ファンも大注目の新譜です!

録音:2017年6月27日−29日、バレンシア(スペイン)

日本語解説書付き国内仕様盤
Glossa/PGCD 923410/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:矢澤孝樹&ピエール・エリー・マムー(日本語訳:TEXTRAVAUX)
好評発売中

輸入盤
Glossa/GCD 923410/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

 
 
 

マリアン・コンソート結成10周年記念盤!不朽の名作、アレグリのミゼレーレ!

悲しみの足跡の中に 〜 ジャクソン、パレストリーナ、アレグリ、マクミラン   ☆レコード芸術2018年9月号新譜月評「特選盤」!
☆ぶらあぼ2018年9月号New Release Selection掲載!

☆音楽の友2018年9月号Disc Selection「今月の注目盤」!

悲しみの足跡の中に 〜 ジャクソン、パレストリーナ、アレグリ、マクミラン ――

ジャクソン:スターバト・マーテル(悲しみの聖母)/パレストリーナ:バビロン川のほとりに、スターバト・マーテル(悲しみの聖母)/アレグリ:ミゼレーレ/パレストリーナ:アヴェ・マリア/マクミラン:ミゼレーレ

マリアン・コンソート〔シャーロット・アシュリー(ソプラノ)、グウェンドリン・マーティン(ソプラノ)、レイチェル・アンブローズ・エヴァンス(ソプラノ)、セシリア・オズモンド(ソプラノ)、ヘレン・チャールストン(アルト)、ハナ・クック(アルト)、ガイ・カッティング(テノール)、アシュリー・ターネル(テノール)、マイケル・クラドック(バス)、エドモンド・サディントン(バス)〕
ロリー・マクリーリー(指揮)
In Sorrow's Footsteps/The Marian Consort, Rory McCleery(dir)

■スコットランドが育んだ新時代のア・カペラ・グループ、マリアン・コンソートの「結成10周年」を記念したアニヴァーサリー・リリースは、ルネサンス時代と現代の「悲しみの音楽」を集めた美しきプログラム。音楽史上に燦然と輝く不朽の名作であるアレグリの「ミゼレーレ」やパレストリーナの傑作に、現代イギリスが生んだ教会音楽の傑作マクミランの「ミゼレーレ」、そして委嘱作品であるジャクソンの「スターバト・マーテル」を組み合わせたこの「悲しみの足跡の中に」が、時空を超えてルネサンス時代と現代を繋ぎます。2017年のタリス・スコラーズ日本ツアーに参加した逸材シャーロット・アシュリーやガイ・カッティングが名を連ねるなど、メンバーの充実振りも非常に楽しみなところ。マリアン・コンソートの代表作となるであろう名唱にどうぞご期待下さい!

■エジンバラ・セント・メアリー大聖堂の少年聖歌隊員としてキャリアをスタートさせた若きカウンターテナー、ロリー・マクリーリーによって、2007年にオックスフォード大学で結成されたマリアン・コンソートは、「聖母マリア」の名を冠し、イギリスの声楽、古楽界に彗星の如く現れた若きヴォーカル・アンサンブル。音楽学者でもあるリーダー、ロリー・マクリーリーの研究、時代考証に基づき、15世紀〜17世紀を中心に、現代音楽を含む全ての時代の教会音楽に取り組み続けています。


録音:2018年1月8日−10日、マートン・カレッジ・チャペル(オックスフォード、イギリス)

日本語解説書付き国内仕様盤
Delphian/DCD 34215/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:アンドルー・メロー(日本語訳:生塩昭彦)
好評発売中

輸入盤
Delphian/DCD 34215/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

 
 
 

ネーメ・ヤルヴィ、シャンドスでの軌跡。完全限定生産!25枚組BOXが堂々の登場!

ネーメ・ヤルヴィ 〜 ア・ライフタイム・オン・シャンドス   ネーメ・ヤルヴィ 〜 ア・ライフタイム・オン・シャンドス
(収録曲目詳細はコチラ)

ネーメ・ヤルヴィ(指揮)、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ロンドン交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、シカゴ交響楽団、デトロイト交響楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団、ヨーテボリ交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、エストニア国立交響楽団
Neeme Jarvi - A Lifetime On Chandos / V.A.

■80年代初めから現在までの長きに渡り、シャンドス(Chandos)へ膨大な数のレコーディングを行ってきたエストニアの音楽一族ヤルヴィ家の長老にして世界的名匠ネーメ・ヤルヴィ。
その偉大なる功績を称えて製作されたシャンドスの特別なボックス・セット「ネーメ・ヤルヴィ 〜 ア・ライフタイム・オン・シャンドス」には、初期の代表作であるプロコフィエフやショスタコーヴィチ、ドヴォルザーク、90年代のデトロイト響やシカゴ響との共演、2000年代に入ってからの北欧レパートリーやフレンチ・レパートリーなどから厳選された名演25タイトル(25CD)を収録!
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団やスイス・ロマンド管弦楽団を筆頭とした世界的オーケストラとの共演による「ヤルヴィ節」全開の名演の数々が、エストニアの名指揮者がシャンドスと共に築き上げてきた歴史と功績の大きさを改めて伝えてくれることでしょう。ご期待下さい!

Chandos/CHAN 20088S (25CD) /日本語解説書 (翻訳:TEXTRAVAUX)&日本語オビ付き
近日発売予定

☆当社発売分限定「ブックレットの日本語翻訳」付き!(ブックレットにはジェームズ・ジョリー〔英グラモフォン誌編集長〕、パーヴォ・ヤルヴィ、ラルフ・カズンズ〔シャンドス社長〕などによるライナーノーツが掲載されます)
☆ボックス内の各ディスクのスリーヴケースには、オリジナルのジャケット・デザインを使用(予定)!
 
 
 

エンリコ・ガッティとアレッサンドリーニ!バッハの異稿&希少作品集!

クロスドレッシング・バッハ 〜 J.S.バッハ:異稿&希少作品集   着せ替えバッハ 〜 ヨハン・セバスティアン・バッハ:異稿&希少作品集
ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ ニ長調 BWV.1028(原曲:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ ト短調 BWV.1013(原曲:無伴奏フルートのための)/チェンバロ・ソナタ ニ短調 BWV.964(無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ BWV.1003からの編曲)/ヴァイオリンとチェンバロのためのトリオ ニ短調 BWV.583(原曲:オルガンのための)/ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第3番ト短調 BWV.1029(原曲:ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのための)/ヴァイオリンとチェンバロのためのフーガ ト短調 BWV.1026

エンリコ・ガッティ(バロック・ヴァイオリン/コルネリウス・クレインマン1670年頃製作)、リナルド・アレッサンドリーニ(チェンバロ/ロベルト・リビ2008年製作、ミヒャエル・ミートケ1700年頃製作モデルのレプリカ)
Cross-Dressing Bach/Enrico Gatti(vn), Rinald Alessandrini(cemb)

■イタリアが世界に誇る古楽界の至宝であり、バロック・ヴァイオリンの神様とも称されるエンリコ・ガッティが、同じくイタリアの古楽界を代表する世界的奏者、リナルド・アレッサンドリーニとの超豪華コンビでグロッサ(Glossa)に久々の登場!しかもプログラムは「J.S.バッハ」という話題必至の特大リリース!

■ソリスト、室内楽奏者としてはもちろんのこと、アンサンブル・アウローラ、コンチェルト・イタリアーノという世界的な古楽アンサンブルを率いて、数多くの名演を送り出してきたガッティとアレッサンドリーニ。単純にヴァイオリンやチェンバロのための有名作品を並べるのではなく、「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ」や「無伴奏フルートのためのパルティータ」の『ヴァイオリン版』や、「BWV.1003」からチェンバロ独奏版へと編曲された『BWV.964』などの「異稿版」や「希少作品」にフォーカスしたこの作品集は、百戦錬磨の同コンビならではの唯一無二のバッハ・アルバムに仕上がっています。グロッサを舞台として実現したガッティ、アレッサンドリーニ、そしてバッハの音楽の共演にご期待下さい!
録音:2017年6月、ロンジャーノ(チェゼーナ、イタリア)

日本語解説書付き国内仕様盤
Glossa/PGCD 921210/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:矢澤孝樹&フランチェスコ・ツィメイ(日本語訳:生塩昭彦)
好評発売中

輸入盤
Grossa/GCD 921210/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中


 
 
 

アンジェラ・ヒューイット新録音!ベートーヴェンの「テンペスト」!

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 《テンペスト》   ☆レコード芸術7月号新譜月評「特選盤」!

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 《テンペスト》 ――
ピアノ・ソナタ第17番ニ短調Op.31-2 《テンペスト》/ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調 Op.27-1/ピアノ・ソナタ第25番ト長調 Op.79/ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 Op.109

アンジェラ・ヒューイット(ピアノ/ファツィオリ)
Beethoven: Piano Sonatas Op.27-1, 31-2, 79, 109 / Angela Hewitt(p)

■「バッハ・オデッセイ」と題された壮大なコンサート・シリーズが世界的な注目を浴びる鍵盤の女神アンジェラ・ヒューイット。「バッハのピアノ作品集」、「モーツァルトのピアノ協奏曲集」と並び、ヒューイットの録音プロジェクトの柱となっている「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ集」。最新巻ではピアノ・ソナタ第17番「テンペスト」や、後期3大ピアノ・ソナタの一つ「ピアノ・ソナタ第30番」を含む4曲を収録。
女神ヒューイットが、ファツィオリ・ピアノの美しく気高い音色で贈る至上のベートーヴェンです。
録音:2016年11月28日−12月1日、ベルリン・イエス・キリスト教会(ドイツ)

日本語解説書付き国内仕様盤
Hyperion/PCDA 68199/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:アンジェラ・ヒューイット(日本語訳:SOREL)
好評発売中

輸入盤
Hyperion/CDA 68199/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

 
 
 

アンジェラ・ヒューイット来日記念盤!ファツィオリによる「平均律」国内仕様盤登場!

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻&第2巻 BWV.846-893   ☆レコード芸術7月号新譜月評「特選盤」!

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻&第2巻 BWV.846-893

アンジェラ・ヒューイット(ピアノ/ファツィオリ)
Bach:The Well-Tempered Clavier / Angela Hewitt(p)

☆現代最高のバッハ弾き、アンジェラ・ヒューイット。
☆ファツィオリ・ピアノを使用した、2度目の「平均律クラヴィーア曲集」全曲録音盤!
☆解説は、バッハ研究と演奏の権威であるジョン・バットによるもの!

■5月&9月のアンジェラ・ヒューイット来日公演を記念して、ヒューイットの歴史的名盤の1つ、J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」全曲盤(4枚組)を、日本語解説付きの国内仕様盤として発売いたします。
約4年間にわたりバッハの全独奏鍵盤作品を演奏するという壮大なプロジェクト、「バッハ・オデッセイ」により世界で注目を浴びるアンジェラ・ヒューイットの「聖典」にご注目ください。
録音:2008年9月、ベルリン・イエス・キリスト教会(ドイツ)

日本語解説書付き国内仕様盤
Hyperion/PCDA67741/4(4CD)/日本語解説書付き国内仕様盤/解説:アンジェラ・ヒューイット&ジョン・バット(日本語訳:SOREL)
好評発売中

輸入盤
Hyperion/CDA 67741/4(4CD)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆アンジェラ・ヒューイット 2018年ピアノ・リサイタル
「バッハ・オデッセイ」 
会場 紀尾井ホール

■2018年5月22日(火) J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻
■2018年5月24日(木) J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲
■2018年9月28日(金) J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻
 
 
 

天女レイチェル・ポッジャー! 50歳記念盤! ヴィヴァルディの「四季」!

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 《四季》   レイチェル・ポッジャー 念願の来日!
現代最高のバロック・ヴァイオリニストが調布国際音楽祭に初登場!

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集 《四季》
ヴァイオリン協奏曲ニ長調 《ムガール大帝》 RV.208/ヴァイオリン協奏曲ホ長調 《安らぎ》 RV.270
ヴァイオリン協奏曲ホ長調 《恋人》 RV.271

レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)、
ブレコン・バロック、〔ヨハネス・プラムゾーラー(ヴァイオリン)、ザビーネ・ストッファー(ヴァイオリン)、ジェーン・ロジャーズ(ヴィオラ)、アリソン・マギリヴリー(チェロ)、ヤン・スペンサー(ヴィオローネ)、ダニエレ・カミニティ(テオルボ)、マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(ハープシコード、チェンバー・オルガン)〕
Vivaldi: Le Quattro Stagioni / Podger(vn), Brecon Baroque

☆バロック・ヴァイオリンの天女レイチェル・ポッジャー生誕50周年記念リリース!
☆ヴィヴァルディ第4弾、ついに待望の「四季」のレコーディングが登場!


■1997年から2002年にかけてイングリッシュ・コンサートのリーダーを務め、2006年には自身が主宰するブレコン・バロック・フェスティヴァルの芸術監督に就任。オランダのChannel Classicsレーベルより数々の伝説的名盤を生み出し、2015年には英国王立音楽アカデミー(RAM)のバッハ賞を受賞したバロック・ヴァイオリンの天女レイチェル・ポッジャー。

■ポッジャーの記念すべき生誕50周年記念リリース第1弾は、J.S.バッハと並んで重要作品としてきた赤毛の司祭、アントニオ・ヴィヴァルディの音楽。「ラ・ストラヴァガンツァ」、「ラ・チェトラ」、「調和の霊感」とヴァイオリン協奏曲集の名盤を連ねてきたディスコグラフィーに、「四季」の録音が加わります!まだ学生だった頃のポッジャーが、ナイジェル・ケネディの名録音を聞いて以来、演奏と録音を夢見てきたというヴィヴァルディの傑作。自身のアンサンブルを伴って、2017年についに録音が実現、2017年の10月28日には、ブレコン・バロック・フェスティヴァル2017でも演奏されています。2018年古楽シーン最大級のリリースとなるレイチェル・ポッジャーの「四季」、お見逃しなく!
※録音:2017年10月9日−12日、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル教会(ハムステッド、ロンドン)


日本語解説書付き国内仕様盤
Channel Classics/RCCSSA 40318(SACD Hybrid Multichannel)/
日本語解説書付き国内仕様盤/解説:マーク・ショウ/日本語訳:SOREL
好評発売中

輸入盤
Channel Classics/CCSSA 40318(SACD Hybrid Multichannel)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 

 

☆YouTubeにてご試聴できます!



 
 
 

フランスの逸材ジュリアン・ブロカル! BBCミュージック・マガジン・アウォード2018「新人賞」受賞!

ショパン:24の前奏曲 Op.28   ☆BBCミュージック・マガジン・アウォード2018「新人賞」受賞!

ショパン:24の前奏曲 Op.28/ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.35

ジュリアン・ブロカル(ピアノ/YAMAHA CFX)
Chopin: Preludes/Julien Brocal(p)

■マリア・ジョアン・ピリスに見出されたフランスの逸材、1987年、フランスのアルル出身のピアニスト、ジュリアン・ブロカルのデビュー盤となるショパン・プログラム!
マルセイユ地方音楽院とパリ・エコールノルマル音楽院で研鑽を積んだ後、パリのシテ・ドゥ・ラ・ミュジックで行われたマスタークラスで、ピリスにその才能を認められ、飛躍の第1歩を踏み出したジュリアン・ブロカル。
ブロカルの煌めく音色、デュナーミクの広さ、絶妙のタッチやフレージング、ルバートが紡ぐショパンの「24の前奏曲」と「ピアノ・ソナタ第2番」は、説得力抜群の秀演です。

Rubicon/RCD 1001/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中


☆RubiconのYoutubeチャンネルにて、当タイトルのメイキング映像をご覧いただけます!


☆RubiconのSoundcloudページにて演奏の1部をご試聴いただけます!
https://soundcloud.com/rubiconclassics/sets/les-etats-dame-julien-brocal
 
 
 

バッハ・トゥ・ザ・フューチャーVol.2! 衝撃の無伴奏プロジェクト第2弾!

バッハ・トゥ・ザ・フューチャー Vol.2   ☆BBCミュージック・マガジン・アウォード2018「器楽部門賞」受賞!

バッハ・トゥ・ザ・フューチャー Vol.2 ―― エイドリアン・サットン:アルペッジアーレ・ヴァリエーションズ/イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調 Op.27-3 《バラード》/サリー・ビーミッシュ:イントラーダとフーガ/J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調 BWV1005/マクスウェル・デイヴィス:無伴奏ヴァイオリンのためのソナティナ Op.334/ストラヴィンスキー:無伴奏ヴァイオリンのためのエレジー/シベリウス:幸せな音楽家 JS70

フェネラ・ハンフリーズ(ヴァイオリン)
Bach 2 The Future Vol.2 / Fenella Humphreys(vn)

■ドイツ・カンマーアカデミーのコンサートマスターとしても活躍する女流ヴァイオリニスト、フェネラ・ハンフリーズの無伴奏プロジェクト「バッハ・トゥ・ザ・フューチャー(Bach2The Future)」第2弾が登場!
「バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」から現在へと続く「無伴奏作品」の系譜を紡いでいくというユニークで独創的なプロジェクト。第2弾では、引き続きバッハとイザイの無伴奏ソナタ、ストラヴィンスキーとシベリウスの無伴奏作品、そして新たな3人のイギリスの作曲家による委嘱新作の組み合わせ。
新時代の女流ヴァイオリニストが華麗な技巧で贈る、注目の無伴奏アルバムです!

Champs Hill Records/CHRCD 118
好評発売中
 
 
 

究極のミニマリズム――。加藤訓子LINN第4作目はマリンバ版バッハ無伴奏!

J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集   ☆第10回CDショップ大賞2018 「クラシック賞」受賞!

J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集 ―― 平均律クラヴィーア曲集第一巻 前奏曲ハ長調 BWV846/無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007/無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調 BWV1009/無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調 BWV1011(無伴奏リュート組曲第3番 BWV995)/リュートのための前奏曲ハ短調 BWV999/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調 BWV1001/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調 BWV1003/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調 BWV1005

加藤訓子(マリンバ)
J.S. Bach: Solo Works for Marimba / Kuniko Kato(marimba)

☆書下し日本語解説付き! 超優秀録音盤!
☆SACD Hybrid Multichannelヴァージョン(2SACD)は日本向け完全限定生産盤!

■「クニコ・プレイズ・ライヒ(kuniko plays reich)」、「カントゥス(Cantus)」、「IX 〜 クセナキス(Xenakis: IX)」と世界的な大ヒットが続いた、日本を代表するパーカッショニスト、加藤訓子。スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、ついにJ.S.バッハの音楽が登場!
■バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で、「無伴奏チェロ組曲」の第1番、第3番、第5番と「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」の全3曲、「平均律クラヴィーア曲集第1巻」から第1番の前奏曲、リュートのための前奏曲を選択し、マリンバ独奏のために編曲。加藤訓子が「究極のミニマリズム」と称するバッハの音楽は、「ライヒ」、「ペルト」、「クセナキス」を上回る大きな衝撃を与えてくれることでしょう!
録音:2015年9月1日−11日&2016年3月14日−24日、ヤンニ教会(タルトゥ、エストニア)

※弊社が供給する「CKD 586S」はSACD Hybrid Multichannelヴァージョン(2SACD)の日本向け完全限定生産盤です。
※海外流通および並行輸入盤をお買い求めになられた場合、ノーマルCD盤(2CD)となります。【CKD 586S】を指定してお買い求め下さい。

Linn/CKD 586S(2SACD Hybrid Multichannel)/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆第10回CDショップ大賞「クラシック賞」受賞!
☆レコード芸術8月号新譜月評掲載!「準特選盤」(p.142)&「優秀録音」(p.172)!
☆レコード芸術8月号「クロスポイント〜音楽とオーディオの交差点」掲載!(p.220)
☆音楽現代8月号 音現新譜評「推薦」!(p.110)
☆朝日新聞(夕刊) 2017年6月19日(月)文化面「for your Collection」で紹介!
☆CDジャーナル2017年7月号 「New Discs 今月の推薦盤」掲載!(p.87)
☆レコード芸術2017年7月号「先取り!最新盤レヴュー」掲載!(p.89)
☆日本経済新聞(夕刊)2017年6月13日(火)文化面 「ディスクレビュー」掲載!
☆Mostly Classic 2017年8月号 「CD&DVDジャンル別に新譜をCheck!」掲載!(p.151)
☆Audio Accessory 2017夏号 「山之内 正のクラシック四季報」掲載!(p.250)
☆STEREO 6月号「ステレオディスクコレクション」 山之内正氏の「今月の優秀録音盤」掲載!(p.147)
 
 
 

ロビン・ティチアーティ新録音! スコットランド室内管とのブラームス全集!

ブラームス:交響曲全集   ブラームス:交響曲全集 ―― 交響曲第1番ハ短調 Op.68/交響曲第2番ニ長調 Op.73/交響曲第3番ヘ長調 Op.90/交響曲第4番ホ短調 Op.98

ロビン・ティチアーティ(指揮)、スコットランド室内管弦楽団
Robin Brahms: The Symphonies / Ticciati(cond),  Scottish Chamber Orchestra

■ロンドン生まれ、イタリア系イギリス人の若き天才指揮者ロビン・ティチアーティ。2009/2010シーズンから26歳でスコットランド室内管弦楽団の首席指揮者に就任し、2014年にグラインドボーン音楽祭の音楽監督、そして2017/2018シーズンからは名門ベルリン・ドイツ交響楽団(DSO)の音楽監督という大役も兼ねるティチアーティの新たな交響曲録音は、ブラームスの交響曲全集が登場!
■2017/2018が最後のシーズンとなるティチアーティとスコットランド室内管。これまで、幻想交響曲を含むベルリオーズの一連の録音やシューマンの交響曲全集、ハイドンの交響曲集といった名録音をいくつも生み出してきたコンビによる渾身のブラームス。2015/2016シーズンのメイン・プログラムとしても演奏され、緻密に制御されたフレーズやバランスから織りなす独特の透明感と色彩感は高い評価を得ています。

Linn/CKD 601(2CD)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

 
 
 

サカリ・オラモ&BBC交響楽団の新録音! フロラン・シュミットの交響曲第2番!

フロラン・シュミット:交響曲第2番   フローラン・シュミット:交響曲第2番 Op.137/《アントニーとクレオパトラ》 Op.69より 組曲第1番、第2番

サカリ・オラモ(指揮)、BBC交響楽団
Schumitt: Symphony No.2/Sakari Oramo(cond), BBC Symphony Orchestra

☆サカリ・オラモ&BBC交響楽団の来日記念盤が登場!

■ロンドンのバービカン・センターでのシベリウス・サイクルが大きな話題を呼んでいるフィンランドの名匠サカリ・オラモとBBC交響楽団。2013年の首席指揮者就任以降、知られざる近現代作品の発掘、演奏に積極的に取り組み、着実に関係を深めてきたオラモとBBC響が、近代フランスの大作曲家、フロラン・シュミット(1870−1958)の「交響曲第2番」をレコーディング!

■「詩篇第47番」や「サロメの悲劇」、「ディオニソスの祭り」に代表されるように、卓越した作曲技法とオーケストレーション、色彩豊かで絢爛な和声が特徴的な傑作を続々と生みだしたフロラン・シュミット。「交響曲第2番」は、1957年12月に完成したシュミット87歳の時の重厚かつロマンティックな作品。他界する2ヶ月前の1958年6月にストラスブールで、シャルル・ミュンシュの指揮で初演が行われ、大喝采を浴びた最晩年の代表作として知られています。オラモはBBC交響楽団を指揮し、フロラン・シュミットの「アントニーとクレオパトラ」のイギリス初演を手がけた実績があるだけに、まさに満を持して取り組んだこの「交響曲第2番」への期待が高まります!

日本語解説書付き国内仕様盤
Chandos/RCHSA 5200(SACD Hybrid Multichannel)/
日本語解説書付き国内仕様盤/解説書日本語翻訳:生塩昭彦
好評発売中

輸入盤
Chandos/CHSA 5200(SACD Hybrid Multichannel)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中

☆2018年3月よりサカリ・オラモとBBC交響楽団のコンビでの初来日がスタート!
3月1日(木) 福岡/アクロス福岡シンフォニーホール
3月2日(金) 広島/上野学園ホール
3月4日(日) 仙台/仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月6日(火) 金沢/石川県立音楽堂コンサートホール 
3月7日(水) 大阪/フェスティバルホール
3月8日(木) 川崎/ミューザ川崎シンフォニーホール
3月10日(土) 名古屋/日本特殊陶業市民会館フォレストホール
3月11日(日) 東京/サントリーホール

 
 
 

アムラン&アンスネス 衝撃の共演! 2台ピアノ版「春の祭典」!

ストラヴィンスキー:春の祭典 〜 2台ピアノのための音楽   ☆日経電子版「クラシックディスク・今月の3点」にて紹介されました!
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27090520Z10C18A2000000?channel=DF260120166511

☆レコード芸術3月号新譜月評「特選盤」!
他、朝日新聞をはじめ、好レビュー続々登場!


ストラヴィンスキー:春の祭典 〜 2台ピアノのための音楽
春の祭典(作曲者自身の編曲による2台ピアノ版)/2台のピアノのための協奏曲/マドリード(スリマ・ストラヴィンスキー編曲)/タンゴ(ヴィクトル・バビン編曲)/サーカス・ポルカ(ヴィクトル・バビン編曲)

マルク=アンドレ・アムラン(ピアノ)、レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアノ)
Stravinsky: The Rite of Spring / Hamelin(p), Andsnes(p)

■モートン・フェルドマンの録音(PCDA 68048)で新しい世界を魅せつけてくれた超人マルク=アンドレ・アムラン。新たな録音は、北欧を代表するノルウェーの名ピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネスとの2台ピアノ、それもストラヴィンスキーの「春の祭典」という弩級のアルバムが登場!2017年にはヨーロッパ各地とアメリカの主要都市でコンサートを行ってきた、アムランとアンスネスの奇跡のピアノ・デュオ。二人のヴィルトゥオーゾが刺激的に描く難曲「春の祭典」を始め、「2台ピアノのための協奏曲」といくつかの編曲作品を収録したストラヴィンスキーの「2台ピアノのための作品集」にご期待ください!

録音:2017年4月6日−8日、テルデックス・スタジオ(ベルリン)

日本語解説書付き国内仕様盤
Hyperion/PCDA 68189/日本語解説書付き国内仕様盤/解説:スティーヴン・ウォルシュ(日本語訳:SOREL)
好評発売中

輸入盤
Hyperion/CDA 68189/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中


 
 
 

ネーメ・ヤルヴィ80歳記念!爆演として名高いマーラーの交響曲集が日本向け限定企画で復活!

マーラー 交響曲集   マーラー:交響曲集
CD1: 交響曲第1番ニ長調《巨人》/花の章
CD2: 交響曲第3番ニ短調(第1楽章〜第3楽章)
CD3: 交響曲第3番ニ短調(第4楽章〜第6楽章)/亡き子をしのぶ歌
CD4: 交響曲第4番ト長調/さすらう若人の歌
CD5: 交響曲第5番嬰ハ短調
CD6: 交響曲第6番イ短調《悲劇的》/交響的前奏曲

ネーメ・ヤルヴィ(指揮)、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団合唱団(CD2-3)、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団少年合唱団(CD2-3)、リンダ・フィニー(メゾ・ソプラノ/CD2-4)
Mahler: Symphonies/Neeme Jarvi(cond), RSNO

☆1000セット完全限定生産!再生産はありません!
☆木幡一誠氏による書き下ろしライナーノート付き!
☆新規デザインによるスリムボックス仕様!
☆ボックス内の各ディスクのスリーヴケースには、オリジナルのジャケット・デザインを使用!

■2017年6月7日に80歳を迎えたヤルヴィ一族の長であり、エストニアの巨匠ネーメ・ヤルヴィ。1989年から1993年にかけて録音が行われ、ヤルヴィ節全開の爆演として親しまれながらも、廃盤の状態が続き入手が極めて困難となっていたロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団とのマーラーの交響曲集が、日本向け完全限定生産のボックスセット仕様で復活!ヤルヴィ&RSNOのコンビによるマーラーの交響曲5作品はいずれも80〜90年代の同コンビを代表する圧巻の快演(怪演?)ですが、中でも特に、超高速テンポで一心不乱に突き進み、初出時には余白に「交響的前奏曲」を加えて1枚組のCDとして発売され、ファンの度肝を抜いた「交響曲第6番《悲劇的》」(演奏時間は約72分32秒)の復活は大いに歓迎されることでしょう!生誕80周年記念リリースの大本命!ネーメ・ヤルヴィ&RSNOのマーラーBOXが堂々の登場です!

Chandos/CHAN 20041S(6CD/日本向け完全限定生産)/
日本語解説書付き(日本語解説:木幡一誠)/日本語曲目表記オビ付き

好評発売中
 
 
 

アルゲリッチのショスタコーヴィチ! 2006年ワルシャワ・ライヴ国内仕様盤!

ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番/交響曲第9番   ☆レコード芸術2018年2月号特選盤!

ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番ハ短調 Op.35/交響曲第9番変ホ長調 Op.70

マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)、ヤクブ・ヴァシュチェニウク(トランペット)、アレクサンドル・ラビノヴィチ=バラコフスキー(指揮)、シンフォニア・ヴァルソヴィア
Shostakovich: Piano Concerto No.1/Martha Argerich(p), Jakub Waszczeniuk(Tp), Alexandre Rabinovitch-Barakovsky(cond), Sinfonia Varsovia


■2006年の「ショパンと彼のヨーロッパ(Chopin and his Europa)」国際音楽祭で女王アルゲリッチが弾いたショスタコーヴィチの「ピアノ協奏曲第1番」のライヴ・レコーディング!

■同年6月のルガノ・フェスティヴァルでの演奏から約2ヶ月後、ポーランド、ワルシャワでのショスタコーヴィチでアルゲリッチは、シンフォニア・ヴァルソヴィア、そしてピアノ・デュオとして数々の名演を世に送り出したラビノヴィチ=バラコフスキーと共演。アルゲリッチとシンフォニア・ヴァルソヴィアの首席トランペット奏者ヴァシュチェニウクの超絶的なテクニックが丁々発止を演じ、ワルシャワの聴衆を熱狂と興奮の渦に巻き込んだショスタコーヴィチです!また、近年、指揮者としても注目を集めているラビノヴィチ=バラコフスキーが、メニューインによって創設されたシンフォニア・ヴァルソヴィアを指揮したショスタコーヴィチの「交響曲第9番」のライヴにも要注目です!

録音(ライヴ):2006年8月19日(Op.35)&28日(Op.70)、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサート・ホール(ポーランド)

日本語解説書付き国内仕様盤
NIFC/PNIFCCD 053/日本語解説書付き国内仕様盤/解説:増田良介
好評発売中

輸入盤
NIFC/NIFCCD 053/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

J.S.バッハの"合唱版"ゴルトベルク変奏曲!16声の混声合唱と小編成ピリオド・アンサンブル版!

パダム・シングス・バッハ   パダム・シングス・バッハ
J.S.バッハ(グスタボ・トルヒーリョ編曲):室内合唱とバロック・アンサンブルのための《ゴルトベルク変奏曲》

パダム、コレギウム・デルフト、マリア・ファン・ニューケルケン(指揮)
Padam Sings! Bach Goldberg Variations/PA'dam, Maria van Nieukerken(cond)


■J.S.バッハが作曲した不朽の名作「ゴルトベルク変奏曲 BWV.988」。これまで弦楽三重奏や弦楽合奏、オルガンやギター、ハープ、管楽器など、様々な楽器のために編曲されてきた「ゴルトベルク変奏曲」に、なんと仰天の「室内合唱&ピリオド・アンサンブル」ヴァージョンが登場!
■「ゴルトベルク変奏曲」を16声の混声合唱と小編成の古楽器アンサンブル(弦楽四重奏、リコーダー、オーボエ、オーボエ・ダモーレ、バスーン)での演奏のために編曲したグスタボ・トルヒーリョ(1972−)はスペイン出身の音楽家。テネリフェ島のサンタ・クルス・デ・テネリフェ音楽院でクラリネットを学んだ後にオランダへと渡り、スヴェーリンク音楽院とロッテルダム音楽院で作曲を専攻。現在はアムステルダム音楽院とロッテルダム音楽院の作曲科で教鞭を執っています。1998年に創設されたオランダの室内合唱団パダム(PA'dam)が立ち上げたプロジェクトであり、その代名詞でもある合唱版「ゴルトベルク変奏曲」が、大きな反響を巻き起こすことでしょう!

録音:2015年10月、ワールセ教会(アムステルダム、オランダ)

Cobra Records/COBRA 0050/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

精鋭集団ラ・コンパーニャ・マドリガーレ! モンテヴェルディ生誕450周年記念!

モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り   ☆レコード・アカデミー賞 音楽史部門賞受賞!

モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り(1610)

ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ、カンティカ・シンフォニア、ラ・ピファレスカ、ジュゼッペ・マレット(指揮)
Monteverdi: Vespro della Beata Vergine / La Compagnia del Madrigale

■マレンツィオの「5声のマドリガーレ集第1巻」(GCD 922802)が2014年の英グラモフォン賞古楽部門賞に選出されるなど、当代最高のラテン系ヴォーカル・アンサンブルとしての地位を確固たるものとした "ラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレ"。コンチェルト・イタリアーノやラ・ヴェネクシアーナのメイン・メンバーとして活躍したジュゼッペ・マレットを始め、ロッサーナ・ベルティーニ、フランチェスカ・カッシナーリ、ダニエレ・カルノヴィチなど、古楽界の名歌手たちによって構成された精鋭アンサンブルによる、クラウディオ・モンテヴェルディの生誕450周年記念リリースが登場!
■教会音楽史上の最高傑作の1つであるモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」は、音楽史、教会音楽の大きな転換期の中で誕生し、今もなお多くの謎が残る作品。ジュゼッペ・マレットが長い演奏経験を活かし、使用楽器、ピッチやテンポの選択など細部までこだわり作り上げた新たな録音は、ジュゼッペ・マレット率いるヴォーカル・アンサンブル "カンティカ・シンフォニア"と、ラ・ヴェネクシアーナやカンティカ・シンフォニアのレギュラー・メンバーらからなる古楽系管打楽器アンサンブル "ラ・ピファレスカ"が参加。
Glossa(グロッサ)が満を持して送り出す「聖母マリアの夕べの祈り」。モンテヴェルディ・アニヴァーサリー・イヤーを盛大に彩る最大級のアルバムです!
録音:2016年9月&10月、サン・マウリツィオ教会(ピネローロ、イタリア)

日本語解説書付き国内仕様盤
Glossa/OGCD 922807(2CD)/日本語解説書付き国内仕様盤/解説:マルコ・ビッザリーニ
好評発売中

輸入盤
Glossa/GCD 922807(2CD)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

イヴァン・フィッシャー&BFO 国内仕様盤! マーラーの交響曲第3番!

マーラー:交響曲第3番ニ短調   レコード・アカデミー賞 特別部門録音賞受賞!

マーラー:交響曲第3番ニ短調

イヴァン・フィッシャー(指揮)、ブダペスト祝祭管弦楽団、ゲルヒルト・ロンベルガー(アルト)、デーネシュ・サボー(合唱指揮)、カンテムス少年少女合唱団、ピーター・ダイクストラ(芸術監督)、バイエルン放送合唱団
Mahler: Symphony No.3 / I.Fischer(dir), Budapest Festival Orchestra, Romberger(a)

■ハンガリーの鬼才イヴァン・フィッシャーと、ハンガリーの奇跡のオーケストラ、ブダペスト祝祭管弦楽団(BFO)。2005年にリリースされた「交響曲第6番」以来、慎重に録音を進めてきたフィッシャー&BFOによるグスタフ・マーラーの交響曲集。最新巻では、アルト独唱と児童合唱、女声合唱を含むマーラー最長のシンフォニー、「交響曲第3番」がいよいよ登場!
■アルト独唱は、ドゥダメル&ベルリン・フィルやハイティンク&バイエルン放送響など、近年のマーラー交響曲第3番録音でも活躍を続けるドイツの歌手、ゲルヒルト・ロンベルガー(2014年の来日公演では、ノット&東響とマーラーの交響曲第8番で共演)。合唱は、ハンガリーの名合唱指揮者、デーネシュ・サボー率いるカンテムス少年少女合唱団、そしてピーター・ダイクストラ率いる名門バイエルン放送合唱団といった強力な布陣。圧倒的なオーケストラとイヴァン・フィッシャーの独特の解釈、そして超高音質録音で世界から絶賛されるマーラーの交響曲集、待望の第7弾にご注目あれ!
録音:2016年9月、ブダペスト芸術宮殿

日本語解説書付き国内仕様盤
Channel Classics/OCCSSA 38817(2SACD Hybrid Multichannel)/
日本語解説書付き国内仕様盤/解説:イヴァン・フィッシャー、クレメンス・ロメイン
好評発売中

輸入盤
Channel Classics/CCSSA 38817(2SACD Hybrid Multichannel)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

才能あふれる若きアーティストたちのための"クリエイティヴ・ホーム"

ルビコン・クラシックス   クラシック音楽界で幾多の話題作をプロデュースし、現在はONYX(オニックス)のエグゼクティヴ・プロデューサーとして活躍するマシュー・コスグローヴ氏が設立したイギリスのレーベル、「Rubicon(ルビコン)」の取扱いを開始します。
第一線で活躍する世界的アーティストたちの演奏を続々と世に送り出す「ONYX」に対し、「Rubicon」は次代を担う才能あふれる若きアーティストたちのための"クリエイティヴ・ホーム"として誕生しました。「Rubicon」から羽ばたく俊英たちの演奏、録音にどうぞご期待下さい。


 
 
 

カナダの天才ジェームズ・エーネス マンゼ&RLPOとの「ベトコン」!

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲   ☆日経電子版「クラシックディスク・今月の3点」にて紹介されました!
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23746020R21C17A1000000?channel=DF260120166511
☆レコード芸術12月号新譜月評「特選盤」!
☆エーネスが、7月23日 NHK「クラシック音楽館」で演奏!

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61、
ロマンス第1番ト長調 Op.40、ロマンス第2番ヘ長調 Op.50/シューベルト:ロンド イ長調 D.438

ジェームズ・エーネス(ヴァイオリン)、アンドルー・マンゼ(指揮)、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
Beethoven Violin Concerto / Ehnes(vn), Manze(cond), RLPO

■「地球上に存在する完璧なヴァイオリニストの1人」(英デイリー・テレグラフ紙)など圧倒的評価を受けているカナダのヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニスト、ジェームズ・エーネス。
■2017年3月に発売され高く評価されたベートーヴェンの「クロイツェル・ソナタ(ONYX 4170)」に続くエーネスのベートーヴェン・アルバムは、古典派〜ロマン派を中心に幅広いコンチェルト・レパートリーを持つエーネスにとって、意外にも初の録音となるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。アンドルー・マンゼとロイヤル・リヴァプール・フィルという完璧な布陣を敷いて、ヴァイオリニストにとって最高の挑戦となるベートーヴェンの傑作コンチェルトを贈ります。

日本語解説付き国内仕様盤
Onyx/PONYX 4167/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:鈴木 淳史
好評発売中


輸入盤
Onyx/ONYX 4167/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 

天女レイチェル・ポッジャー新録音。麗しき18世紀のヴァイオリン・ソナタ集!

グランディッシマ・グラヴィタ 〜 18世紀のヴァイオリン・ソナタ集   ☆レコード芸術12月号新譜月評「特選盤」!

グランディッシマ・グラヴィタ 〜 18世紀のヴァイオリン・ソナタ集
 ―― ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 Op.2-2/タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ イ短調 Op.2-5/ヴェラチーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調 Op.2-5/ピゼンデル:ヴァイオリン・ソナタ ハ短調/ヴェラチーニ:ヴァイオリン・ソナタ第12番ニ短調 Op.2-12(アカデミック・ソナタ)/ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタ ハ短調 《ピゼンデル氏のために》 より アダージョ 変ホ長調


レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)、ブレコン・バロック〔アリソン・マギリヴリー(チェロ)、ダニエレ・カミニティ(リュート、ギター)、マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(チェンバロ)〕
Grandissima Gravita / Podger(vn), Brecon Baroque


■1997年から2002年にかけてイングリッシュ・コンサートのリーダーを務め、2006年には自身が主宰するブレコン・バロック・フェスティヴァルの芸術監督に就任。オランダのChannel Classicsレーベルより数々の伝説的名盤を生み出し、2015年に英国王立音楽アカデミー(RAM)のバッハ賞を受賞(歴代10番目、女性としては初受賞)したバロック・ヴァイオリンの天女レイチェル・ポッジャー。
■アルカンジェロ・コレッリの偉大な作品(とりわけOp.5のヴァイオリン・ソナタ集)に敬意を表し、そこからイマジネーションを探求していった18世紀の4人のヴァイオリニスト=コンポーザーたちによる「ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ」。それぞれがライバルや師弟など、互いに関係のあったヴィヴァルディ、タルティーニ、ヴェラチーニ、ピゼンデルのヴァイオリン・ソナタを、ポッジャーの麗しく艷やかなヴァイオリンで描きます。

「これら4人の作曲家たちの関係は、よくある喜劇を観るようである! ヴァイオリン・ヴィルトゥオーゾのフランチェスコ・マリア・ヴェラチーニとヨハン・ゲオルク・ピゼンデルは、大論争を行ったあげく、ヴェラチーニがかっとなって二階のバルコニーから身を投げてしまった。(中略)ヴェラチーニは、その驚異的になめらかなボウイングのテクニックによってジュゼッペ・タルティーニを驚嘆させたが、するとタルティーニは、家に閉じこもって練習に明け暮れたのだった。」
(レイチェル・ポッジャー/日本語訳:SOREL)


日本語解説付き国内仕様盤
Channel Classics/RCCSSA 39217(SACD Hybrid Multichannel)/日本語解説&日本語曲目表記オビ付き/解説:マーク・ショウ
好評発売中

輸入盤
Channel Classics/CCSSA 39217(SACD Hybrid Multichannel)/日本語曲目表記オビ付き
好評発売中
 
 
 
 
トップページトピックスクラシックワールド&ポップスジャズ
アーティスト特集商品案内レーベル情報会社概要お問い合わせ